陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2021/10 07 THU
ロボット教室便り

10月・11月のスケジュール&製作ロボット紹介

From:池田慎哉

 

◆授業スケジュール(10月~11月)

・R1(10:40~)  10/9(土)、23(土)、11/13(土)、27(土)

・R2(14:40~)  10/9(土)、23(土)、11/13(土)、27(土)

・R3(10:40~)  10/2(土)、16(土)、11/6(土)、20(土)

・R4(16:20~)  10/7(木)、21(木)、11/4(木)、18(木)

・R5(16:20~)  10/5(火)、19(火)、11/2(火)、16(火)

※月内であれば振替授業が可能です。

希望授業日の前日までにお電話またはメールにてご連絡ください。

 

 

◆10月製作ロボット紹介

 

▼ベーシック…行進!「ぐるぐる進む君」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭の上でおもりをぐるぐる回し、

重心を移動させることで歩くロボットです。

ロボットにとっては難しい二足歩行を、

足の動きに合わせてタイミングよく重心を動かすことで

可能にしています。

 

▼ミドル…シャクトリムシロボット「ロボワーム」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャクトリムシのように進むロボットです。

リンク機構によって、あしの前後運動を作りだし、

ラチェットによってロボットを前進させます。

タイヤをモーターで回さなくてもかなりのスピードで進みます。

 

▼アドバンス…演奏ロボ「ドレミボット」(前半)

 

 

 

 

 

 

 

木琴を演奏するロボットです。

ロボットが木琴のド・レ・ミのどの位置にいるかを

光センサーを利用して感知し、

2つのモーターを使って横移動と腕を振っての演奏をします。

音センサーを使って合奏にもチャレンジ!

(池田)

2021/10 05 TUE
お知らせ

陽光通信10月号アップしました。

2021/09 21 TUE
ココロに効く本棚

人生のサバイバル力

From:池田慎哉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤 優/著(講談社1,320円)

 

~内容紹介(出版社HPより)~

何のために勉強するのか?歴史から何を学ぶか?

これからの時代をどう生きるか?

君たちに必要なのは、人生で壁に出会ったとき、

それを打ち破るためのいろんな知識=「総合知」を身につけることだ。

佐藤優が次世代に手渡す、ハードな世界を生き延びる知恵!

------------------------

こちらのコーナーで紹介する本は、

小中学生向けのものを中心に選んでいます。

今回は対象年齢が少し上で

「17歳の特別教室シリーズ」の一冊として出版されています。

しかし少し背伸びすれば中学生でも読める内容です。

中学受験や高校受験の国語の出題文レベルより

読みやすく書かれています。

「なんのために勉強するのか」「歴史から何を学ぶのか」といった

骨太な内容が並びます。

けれども子ども相手の教訓めいた話ではなく、

今の時代に知っておくべきことがギュっと詰まっています。

全編を通して知的好奇心を刺激してくれる内容です。

 

「10代のうちにただ勉強するだけでなく、

自分の将来についても考え始めてほしい」

そう願っている親御さんも少なくはないと思いますが、

親があれこれ口を出しても反発する年頃ですよね。

そんな場合は直接的ではなく間接的にメッセージを伝えられる本は

効果的です。

まずはご自身で読んでみて面白かった内容を伝えてから

渡す方法も良いでしょう。

親世代とはまったく違う今の状況を知ることもでき、

子どもの目線で考えるきっかけにもなりそうです。

変化の大きな時代だからこそ、

こういった視野を広げる一冊は価値があります。

(池田)

2021/09 19 SUN
入試情報【高校】

私立高校入試制度の概要

From:岸智也

 

神奈川県では公立第一志望であっても

抑えとして私立を受験するケースがほとんどです。

そして私立の入試形式はさまざまで、

非常にわかりにくくなっています。

今回は私立高校の入試制度の概要をまとめていきます。

 

◆併願優遇入試……公立第一志望。

他の私立を第一志望にできる場合もあり。

公立第一志望の受験生の多くは併願優遇入試を活用しています。

すべての私立高校に併願優遇入試があるわけではありません。

出願自体に一定の内申基準があります。

入試当日に学力検査のほか、小論文や面接を課す学校もあります。

私立校との併願優遇を認めている学校であれば、

第一志望の私立をオープン入試で受ける場合などにも

併願優遇入試を活用できます。

 

◆単願推薦入試……私立第一志望。

「合格であればその学校へ進学すること」を約束する入試制度です。

出願自体に一定の内申基準があるほかに、

学力検査や面接などを課す学校もあります。

おもに上位校には学力検査の成績が所定の基準を下回った場合に

不合格となる場合があり、油断は禁物です。

そういった高校を受験する際は、

あらかじめ私立校との併願優遇が可能な学校を選んでおきます。

 

◆書類選考入試……私立第一志望。

(併願型であれば他の公立・私立が第一志望)

学力検査や面接を課さず、内申や部活動実績、

検定等を書いた書類だけで合否を選抜します。

上位の生徒から合格が決まるため、

「この内申を取れば合格」という明確な基準がないことが多いです。

当日の試験がないため、

新型コロナウイルス感染防止に配慮する形で

2021年度入試から実施校が増えています。

 

◆オープン入試……私立第一志望。

内申と関係なく学力検査の点数のみで合否を決定します。

併願優遇入試や単願推薦入試に内申が届かなかった場合には

これを活用します。

早慶G-MARCH附属高校などの上位校においては

オープン入試が主体となっている学校も多くあります。

 

9月から本格的な学校説明会シーズンが始まります。

新型コロナウイルスの影響で

中3生およびその保護者に対象を絞ったイベントも多くありますが、

中1・中2でも参加できるイベントもあります。

単願推薦入試以外では、

公立含め多くの生徒が複数校を受験することになりますので、

「行きたい!」と思える学校に多く出会えるように

積極的に情報を集めていきましょう。

(岸)

2021/09 18 SAT
入試情報【私立中学】

聖ドミニコ学園中学校

From:山崎敬二郎

 

昭和37年創立。

高校募集を行わない

完全中高一貫のカトリック系のミッションスクールです。

一昨年より従来のアカデミックコースに加え

インターナショナルコースを設置するなど学校改革が進行中です。

週5日制。1クラス20名程度のクラス設定ですので、

目の行き届く指導が期待できます。

 

▼聖ドミニコ学園中学校を知るための「3つのキーワード」

◆【2コース制】…

従来型のアカデミックコースは、

課題解決型(PBL)授業を通じて思考力・発信力を伸ばします。

インターナショナルコースは、PBLに加え、英語、数学、理科の授業は

全14時間、英語で行われます。

英語ネイティブスピーカー教諭と日本人教諭の

チームティーチングを行うことで、

英語力の強化にも注力しています。

高校卒業時には半数以上の生徒が英検2級以上を取得しています。

 

◆【ドミニコ学】…学園独自の探求プログラムです。

学年ごとに設定された探求内容について、

情報収集・分析・発表の仕方を身に付けていきます。

教師はあくまでアドバイザーで、主役は生徒たち。

思考を整理するための様々なワークシートを用いながら、

生徒自らが様々な方法で試行錯誤し、実行し、互いに共有し、

表現するというサイクルを繰り返すことで、

人生に役立つスキルを習得させます。

 

◆【フランス語教育】…

中学では第2外国語が週2時間行われます。

高校からは選択制になりますが、

フランス語を第1外国語として学習し、

大学入試においてフランス語で受験することも可能です。

また、高校ではフランスへの交換留学も希望制で行われています。

もちろん英語圏への留学も可能です。

 

今年度の大学合格実績は国公立1名、早慶上理8名、GMARCH12名など。

 

卒業生数が50名程度ですので、この実績は驚くべき結果です。

(山﨑)

 

▼学校情報

◇℡:03-3700-0017

◇生徒数:177人(中学合計)

◇偏差値:四谷大塚・・・不明 首都圏模試・・・42~43

◇卒業後の進路:大学93%、短大・専門学校2%、その他5%

▼入試情報(今年度)

◇入試日:2/1午前・午後、2/2、2/3午後、2/11

▼説明会・公開行事等

◇学校説明会:10/30(土)、11/18(木)、12/12(日)、1/9(日)、11/27(土)

◇公開授業:11/18(木)

◇土曜学校案内・個別面談:随時予約

◇文化祭:9/18(土)、19(日)

 

※記事の内容は掲載時のものです。

2021/09 17 FRI
中学受験ブログ

首都圏模試

From:池田慎哉
 
先ほど、9月の模試結果が公表されました。
 
 
ウェブサイト上のみ結果が分かります。
 
 
さて、飛鳥生の状況です。
 
 
6年生クラス全員の平均偏差値をお伝えします。
 
 
国語54.1 算数58.3 理科50.5 社会53.5
 
 
算数と国語が想像以上に良かったです。
 
 
算数が苦手ということで転塾してきた生徒が数名、
 
 
通塾開始時期が遅かった生徒が数名などと、
 
 
算数の勉強時間が足りていない生徒が多い学年です。
 
 
この半年間でやっと勉強時間が増えた生徒ばかり。
 
 
 
算数で苦労する生徒が例年以上に多いのですが、
 
 
クラス平均で偏差値58.3は立派です。
 
 
算数で偏差値60以上の生徒が15人中8人います。
 
 
参考までに5年生では16人中4人。
 
 
算数が苦手な子が多い6年生の方が際立って良い結果。
 
 
これは、飛鳥の6年生からの算数の伸びを示しています。
 
 
偏差値での話ですから、
 
 
勉強の積み重ねで順調に学力が伸びたという話ではありません。
 
 
他の受験生よりも相対的に飛鳥生の伸びが良いということ。
 
 
1万人以上の模試でのデータですから、
 
 
誤差の範囲ではないでしょう。
 
 
今の5年生も同じように来年は伸びるものと信じています。
 
 
 
飛鳥生は6年生で、
 
 
算数と国語がグンと伸びるケースが多いのです。
 
 
もちろん3年生から適切な範囲で負荷をかけます。
 
 
やる気を損なわない程度に、
 
 
めいっぱい勉強させています。
 
 
それでも目に見えた成果が出るのが6年生という子がほとんど。
 
 
カリキュラム通りに進める5年生までは、
 
 
他の受験生と似たような伸びになります。
 
 
当然そうなるでしょう。
 
 
しかし、6年生を見据えて種まきはしています。
 
 
3年生から5年生まで他の塾さんとカリキュラムだけは同じでしょうが、
 
 
勉強への取り組み方や意欲、学習習慣やテストとの向き合い方など、
 
 
中学受験の土台作りをしながら勉強を進めていくのが飛鳥の勉強法。
 
 
ちなみに、土台とは漢字や計算のことではなく、
 
 
 
学習習慣、継続的な努力、諦めずに頑張る精神などのことです。
 
 
 
 
数年かかって、ようやく花が開こうとしています。
 
 
3年生から6年生にかけて、
 
 
どれだけ学力を伸ばせるか。
 
 
 
算数の基本問題ですら解けなかった子たちでも、
 
 
しっかり算数の力を伸ばしています。
 
 
個々の分析は、時間をかけて確認してまいります。
 
 
今回のテスト結果で気になった点や、
 
 
今後の勉強面での不安などございましたら、
 
 
池田までご相談下さい。(池田)
 
 
追記
 
5年生は全体的に予想通りの結果でした。
 
参考までに飛鳥5年生の算数のクラス平均は52.4でした。
 
さぁ、ここから頑張っていきましょう!
 
2021/09 16 THU
スタッフ四方山話

山崎先生ヒストリー⑥ バスオール

From:山崎敬二郎

 

山﨑の生い立ちストーリー第6弾。

5歳の秋、横浜からかつて住んでいた大阪に舞い戻りました。

今度の新居は父の勤める造船会社の社宅の1階です。

ある日、遊びから帰ってきた山﨑少年は家の前に

高さ2mほどの大きな箱を見つけます。

中をのぞき込むと「バスオール」という日本初のユニットバスでした。

当時はお風呂がついていない家が多く、

夜になると家族で銭湯に通ったものです。

わが家に届いた「バスオール」は半畳の浴槽の上に屋根がついていて、

カーテンを閉めてお風呂に入るというもの。

けれど家の中にスペースはなく

「バスオール」が置かれたのは家の外。

カーテンが閉まるとはいえ、

すぐ横を人が歩いている場所でのんきにお風呂につかっていたなんて。

それでも違和感をもたない時代だったんですね。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

2021/09 14 TUE
スタッフ四方山話

息子との登山

From:池田慎哉

 

緊急事態宣言の発令前に茨城県の筑波山へ行きました。

「西の富士、東の筑波」と称され日本百名山にも選ばれています。

小学生になった長男と2人だけの登山。

少年へと成長していく年頃になり

通過儀礼のような気持ちでの日帰り旅でした。

登山自体は楽しく、

都会では見られないほど大きなトカゲやチョウも観察できました。

 

近年の筑波山はいくつもの奇岩が

パワースポットとして有名になっており、

歴史に触れながらの奇岩巡りも楽しめます。

ロープウェイやケーブルカーなどで家族連れでもオッケー。

関東平野が一望できる山頂からの眺めは素晴らしいです。

少しずつ逞しくなってきた長男との夏の思い出になりました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/09 12 SUN
スタッフ四方山話

運動習慣@リングフィットアドベンチャー

From:吉村実夢

 

「リングフィット アドベンチャー」を購入しました。

昔から運動があまり得意ではなく、

運動部に入ったこともないため運動習慣もまったくなく、

かといって食べる量を減らすのは難しい…

ということで、ゲームなら楽しくトレーニングできそうだな~と

少し前から狙っていました。

ただ人気なようで在庫切ればかり。

 

半ばあきらめていましたが

買い物ついでに入ったデパートのおもちゃ屋さんで発見!

ここを逃したら次はないと思い即決。

さっそく家に帰って30分ほどやってみると汗だくに。

次の日はしっかり筋肉痛でした(笑)。

続けられるか心配でしたが、

やってみたら楽しかったので毎日欠かさずに頑張ってみます!

(吉村)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/09 10 FRI
岸のはなまるレポート

ヘリオス3ST 夏期講習をおえて

From:吉村実夢

 

今回は中3STについてお届けします。

8/25(水)で夏期講習が終了しました。

講習中の中3生はお昼から18時すぎまで授業を行い、

夜もマイデスク形式で先生がついて教室を開放。

めいっぱい塾で勉強できる環境をととのえていました。

「授業を終えたらいったん帰宅。

ご飯を食べてすぐ教室にもどってくる」を毎日繰り返すことで

塾をフル活用していた子も。

長時間勉強することが習慣になり、

やった分だけ自分の力になっていくのを実感しているようで

とても生き生きと取り組んでいたのが印象に残っています。

 

私が担当している社会は平常よりも授業時間が長く

授業日の間隔もつまっていたため、

入試頻出分野の復習と新単元の学習を並行して進めながらも

知識を定着させることにフォーカスできました。

 

総じて苦手なところや復習したいところを

どんどんつぶしていきながら新しい単元も進めていく。

そんな1か月半でした。

毎日とても暑かったし、疲れて眠かった時もあったと思います。

そんなときでも毎日塾に来て勉強したことは、

これから先も必ず自分の力になってくれます。

その気持ちを忘れないで残り半年を走りきりましょう!

(吉村)

3 4 5 6 7