陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2021/11 07 SUN
ロボット教室便り

11月・12月のスケジュール&製作ロボット紹介

From:池田慎哉

 

◆授業スケジュール(11月~12月)

・R1(10:40~) 11/13(土)、27(土)、12/11(土)、18(土)

・R2(14:40~) 11/13(土)、27(土)、12/11(土)、18(土)

・R3(10:40~) 11/6(土)、20(土)、12/4(土)、18(土)

・R4(16:20~) 11/4(木)、18(木)、12/2(木)、16(木)

・R5(16:20~) 11/2(火)、16(火)、12/7(火)、21(火)

※月内であれば振替授業が可能です。

希望授業日の前日までにお電話またはメールにてご連絡ください。

 

 

◆11月製作ロボット紹介

 

▼ベーシック…コマ回しロボット「ベイスピナー」

 

 

 

 

 

 

 

コマを高速回転させるロボットです。

コマを速く回すために、ギアの組み合わせに工夫があります。

的を倒すゲームなどを通じて、

楽しみながらコマの重さや大きさのバランスについても学びます。

 

▼ミドル…ロープを渡れ!「ヤジロボベエ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本製作はロープウェイ、

応用実践ではサーカスの綱渡りロボを製作し、

物体の重心について学びます。

落ちそうで落ちないロボットが綱を渡る姿に、

毎回教室が大いに盛り上がるロボットです。

 

▼アドバンス…演奏ロボ「ドレミボット」(後半)

 

 

 

 

 

 

 

木琴を演奏するロボットです。

11月は音センサーを使うことで

複数のロボットで演奏したり外観を改造したりするなど、

よりオリジナリティのあるロボットを目指します。

プログラムを工夫すればいろいろな曲を演奏できます。

(池田)

2021/10 22 FRI
ココロに効く本棚

夢のねだん

From:池田慎哉

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社ライブ /著(KANZEN 1,540円)

 

~内容紹介(出版社HPより)~

夢を叶えるためにかかる"値段"をリアルに解説。

今どきの憧れの職業からユニークな「夢」まで、

叶えるためにかかる「値段」と「方法」を伝授。

「そんな夢まで叶えられるの!?」

ユニークなアイデアと叶える方法を徹底取材!

------------------------

最近は将来の夢どころか

「今、好きなこと」でさえ答えられない子も増えています。

物や情報が溢れている時代だからこそ、

本当に好きな物や事が見つけにくいのでしょう。

ただスポーツでもお絵描きでも

自分の好きなことをしている充実感は良いものです。

勉強のエネルギーに変えることもできます。

ゲームやアイドルの応援のために勉強を頑張る子も。

意外とすごいパワーになるので侮れません(笑)。

 

しかし興味を持っただけで、

実際には何もしないまま終わることも多いはず。

興味を興味で終わらせずに

一歩進むきっかけにしてくれそうなのが本書です。

さまざまな「コレやりたい!」がいくらで、

そしてどうやって実現できるのかが紹介されています。

 

イルカに乗る7000円、本物の電車の車両300万円、

自分のLINEスタンプ0円、遊園地の貸し切り77万円、

南極ツアー105万円、ユーチューバー16万円など。

この本からは

「やってみようと思えば何でもできる」

というメッセージを受け取ってもらえたらと思います。

興味がひかれることがあったら、

まずは自分で調べてみるなど行動してみましょう。

子ども達が持っている熱中するパワーを上手く導いてあげたいです。

(池田)

2021/10 20 WED
入試情報【高校】

受験校決定までのスケジュール

From:岸智也

 

10月からは後期が始まり、

いよいよ受験の雰囲気が強くなってまいりました。

同時にご家族におかれては

志望校の選定にお悩みのことと思います。

今回は受験校決定までのスケジュールの概要をお伝え致します。

 

▼10月

英検や漢検、

そして11月上旬の後期中間テストにむけての勉強がありつつ。

さらにこの時期には高校の説明会が数多く開催されます。

進路関連イベントへの参加と同時に

取り組むべき勉強を数多く抱え込みやすく、

そのバランスをどう取っていくか悩ましい時期になります。

自力で判断するのが難しいと感じたら遠慮なくご相談ください。

 

▼11月~12月

11月も高校の説明会は頻繁に開催されます。

下旬に後期成績が発表されると、

いよいよ私立の推薦出願可能校が決まり、

私立校の出願を明確にするための中学校での面談が

11月末から12月上旬にかけて実施されます。

したがって、この面談までにオープン入試以外の

私立受験校を確定させることになります。

一方、公立の出願校については

この時期に決まっていなくても問題ありません。

 

▼1月~2月上旬

推薦入試は1月15日ごろに出願、

20日ごろに入試本番を行う学校が多いです。

続いて私立一般入試(併願優遇or書類選考入試orオープン入試)の

出願があります。

こちらの入試は2月10日ごろに本番があります。

入試日程が重ならなければ

複数の私立高校を受験することもできます。

一方、公立高校の出願期間は1月25日~2月1日になります。

公立出願のあと、志願倍率が発表されます。

その後の志願変更期間内に受験校を変更することができます。

 

私立高校の推薦基準も発表されてきました。

公立高校も10月末に予定されている志望校調査で、

本番の倍率のおおまかな傾向が見て取れます。

これらの最新情報は通信や面談などで随時お知らせしていきます。

(岸)

2021/10 19 TUE
入試情報【私立中学】

青稜中学校

From:山崎敬二郎

 

「社会に貢献できる人間の育成」を建学の精神、

「主体的に生きる“個”の確立」を教育目標に掲げ

昭和13年に青蘭商業女学校として開校。

平成7年に共学化し、校名を青稜に変更。

週6日制7時間授業。平成25年に新校舎が完成しました。

 

青稜中学校を知るための4つのキーワード

◇【授業】・・・

午前7時30分開始の英会話(希望制・週1回)から始まります。

朝読書、SHR、7時間授業の後、

9割の生徒が参加する部活動は午後6時まで行われます。

週7回の英語の授業では

40人学級を20人ずつのグレード別に分けて

中1からハードに鍛えています。

数学も週5~6時間を確保してティームティーチングを実施。

理解度に合わせて習熟度別に指導を行っています。

 

【研修授業】・・・八ヶ岳にある研修施設青蘭寮で

様々な体験を積むプログラムが用意されています。

春秋は山歩き、農業体験、環境学習、

冬はスキー教室、夏には合宿学習や語学研修を実施。

ボランティア活動も積極的に行われています。

 

【Sラボ】・・・20時まで利用可能な自習室です。

勉強する習慣を早い時期から身につけることを目標としています。

その日に学んだことをその日のうちに振り返り、

学校内で学びを完結させるための仕組みです。

専任講師が学習計画の立案から進度チェックまでをサポート。

ラボにはチューターが5~10名常駐し、

自主的に勉強する環境を整えてくれています。

月80時間利用する生徒もいるそうです。

 

【自己管理手帳】・・・

日々の生活や学習予定を管理できるほか、

学習計画シートや振り返りシートを使って

学習状況の把握・改善に役立てることができます。

自分で考え、その行動を記録していくことで、

生徒の自己管理力を高めます。

 

今年度の大学合格実績は、国公立大に53名、早慶上理大に79名、GMARCHに278名でした。

最難関大学の指定校枠も数多く保有しています。

部活動も盛んに行われていますが

生活の中心は勉強になるので、

最難関大学への進学を目指す子にはぴったりの学校です。

元住吉からは乗り換えもスムーズで

通いやすいのも魅力の一つになります。

(山﨑)

 

▼学校情報

◇℡:03-3782-1502

◇生徒数:577人(中学合計)

◇偏差値:四谷大塚・・・49~57 首都圏模試・・・64~69

◇卒業後の進路:大学82%、短大・専門学校2%、進学準備16%

▼入試情報

◇入試日:2月1日午前・午後、2月2日午前・午後(全4回)※複数回優遇

▼説明会等

◇英語体験授業: 10月16日(土) ◇学校見学:月~土曜日(予約制)

※記事の内容は掲載時のものです。

2021/10 15 FRI
スタッフ四方山話

防犯対策

From:菅野伸一

 

現在、衛生対策とあわせて進めているのが防犯対策です。

防犯カメラの設置や駐輪場のシャッター稼働などに続いて、

外階段に自動施錠扉を取り付けました。

今後は2階から上に階段で上がるためには、

暗証番号入力による解錠が必要になります。

 

あわせて10月半ばにはエレベーターの稼働を

2階~5階に限定する工事も行います。

万が一不審者が侵入したとしても

2階からエレベーターに乗ることになりますので、

2階にいるスタッフが対処可能になります。

子ども達の安全を最優先に考えて

教室への動線を絞ることに致しました。

 

1階からエレベーターが使えなくなる等の

ご不便をおかけいたしますが

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

詳細は工事が完了次第、ご案内を差し上げます。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/10 13 WED
スタッフ四方山話

陶芸の益子町(ましこまち)

From:池田慎哉

 

陶芸で有名な栃木県益子町(ましこまち)に行ってきました。

益子は行基や源頼朝などとも関わりのある歴史ある地域。

時間があれば名所も訪れたかったのですが、

今回は陶芸を楽しみました。

 

電動ろくろだったので台を足で回す必要もなく、

コツさえ掴めば簡単だと思っていましたが、

実際やってみるとイビツな形になり何度も作りなおし。

花瓶はオラフになり、皿はヘルメットのよう。

焦るほどにおもしろい形になっていきます。

隣で器用につくる長男は先生から褒められて満足げな表情。

次男は大好きなコーンスープ用のこだわりのマグカップを

熱心に仕上げています。

一家で9個も作りました。焼き上がりが楽しみです。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/10 11 MON
スタッフ四方山話

『SUPER理科事典』

From:岸智也

 

子ども達が最も元気な理科の授業。

発問に対する意見や仮説を述べたり、

自分のもつ知識を披露したり…

特に子どもの興味をひくのは「教科書に載っていないこと」です。

そういった知識をより多く持つために購入したのが

『SUPER理科事典』という700ページ超の資料集です。

 

豊富な写真や表、そして圧倒的な文章量で

「図鑑」であり「教科書」でもある一冊。

お値段は6,800円+税とお高いですが、

読ませる文章が多く一気に引き込まれます。

「リトマス紙はリトマスゴケっていう

南半球に多く生息しているコケの成分を乾燥させてつくるんだよ」

と早く言いたいです。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/10 10 SUN
岸のはなまるレポート

ヘリオス1ST 丁寧な勉強をしよう

From:岸智也

 

今月は中1STクラスについてお届けします。

2度の定期テストを終え、

中学校のテストの実情と本気で取り組むことの必要性が

身をもってわかったはずです。

そこで先日、塾に通う意味について

小学校との勉強の違いに触れながら話す機会を設けました。

 

塾に来て勉強をする大きな目的のひとつは

もちろん「点数アップ」です。

勉強すること自体が目的になってしまっては

覚えきることや解き直すことまで徹底されません。

点数アップを意識できる生徒は勉強一つひとつがとても丁寧です。

 

そこで中1の数学は自分で丸をつけ

解説を読んで解き直すことを指示しています。

今後の勉強を見すえて

自分ひとりで学習する練習と位置付けていますが、

ここで何よりも大切なのが丁寧な勉強を目指すことの意義を

理解することです。

もちろん一人で解決できないときには質問もできます。

入学直後、最初のテスト後、そして今の顔つきをくらべると

どんどん良くなっていますし、

単語テストなどの小さなことから徹底する姿勢も

身についてきています。

今の頑張りが入試までつながるように

気持ちを切らさずに頑張りましょう。

(岸)

 

2021/10 09 SAT
岸のはなまるレポート

ヘリオス4L 次回のコンクール、漢検に向けて

From:吉村実夢

 

今月は小4Lについてお届けします。

9月下旬にコンクールを実施しました。

2週間前から練習プリントを配布し、

宿題や授業で取り組んで本番に備えました。

理科・社会は今回から各50問ずつ練習し、

本番はその中から各25問ずつを出題する形式としました。

全問出題にくらべて紛らわしい問題を

しっかりと読んで見分けるステップが追加されたので、

今まで以上に練習に力が入っていたようです。

次回のコンクールは11月。

今回思うような結果を出せなかった子は、

次こそがんばりましょうね。

 

理科・社会の授業では質問も多いです。

疑問に思ったことはすぐに質問して知ろうとする姿勢は

とても大切なことです。

これからも「何でだろう?」と思ったことは、

すぐに調べたり聞いたりして解決し、

知識を増やしていきましょうね。

 

最後に漢字検定について。

まだ受けたことがないけれど興味がある子、

どの級から始めたら良いか分からない子は気軽に相談してくださいね。

勉強法なども迷ったらどうぞ。

陽光学院で受けられる漢字検定は年間3回。

次回は2月13日(日)実施です。

(吉村)

2021/10 08 FRI
ロボット教室便り

9月のロボット教室

From:池田慎哉

 

9月のベーシックは「ジャイアントホッパー」を製作。

生き物の身体の作りや生態をデザインに活かすのは面白いものです。

今回はバッタの跳躍。

ロボット製作を通じて理科への関心を高めてくれると嬉しいです。

 

ミドルは「ダンゴム」。

団子虫をイメージしたロボットで複数の足を動かして

ちょこちょこ進む様子は、本物そっくり。

2日目の授業でクルンと丸まった姿は団子虫そのもの。

動画でお見せしたいほどのリアルな動きです。

 

アドバンスは「バグモジョラ」の後半を製作。

他のロボットのようにタイヤの回転や反発力を利用して

前に進むのではなく、

複雑な脚の動きで進みます。

これまでに学んだ様々な知識を活かして、

オリジナリティあふれるロボットも創造してみてくださいね。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「強靭な後ろ足!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「ギアが連動し動きがリアルに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース:「動きがリアルです」

2 3 4 5 6