陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2020/02 10 MON
岸のはなまるレポート

ヘリオス3SS 入試経験を人生の財産に

From:岸智也

 

今月は3SSクラスについてお届けします。

とうとう高校入試の日を迎えます。

陽光歴が一番長い生徒は小5から5年近く頑張ってきました。

振り返ってみると、

彼が入塾のときには漢字の読み書きが課題でした。

それが少しずつできるようになってくると

また別の課題が見えてきて、

また別の課題が出てきて…。

 

大変そうに聞こえますが、

しかし次々に課題が見つかってくるのは

自分が歩み進んでいるからこそです。

事実、彼が課題に立ち向かう時の表情は真剣そのもので、

それ以外では笑顔であるときが多かったんです。

この5年間で得たものは志望校の合否だけに留まらず、

今後の人生の財産になっていくでしょう。

 

「受験を通して成長してほしい」

陽光の先生たち全員の願いです。

今年の中3生は19名。

彼らの成長に間近で関わることができたことに感謝しています。

何だかんだいっても、やはり入試は大変です。

辛い時期もあります。

でも貴重な経験であることに間違いはありません。

入試当日、胸を張って頑張ってくださいね。

(岸)

2020/02 09 SUN
岸のはなまるレポート

ヘリオス4L 勉強の周りにある大切なこと

From:岸智也

 

今月は4Lクラスについてお届けします。

昨年の4月、なかなか宿題に手をつけられなかった子がいました。

が、今では授業前に自分から持ってくるようになりました。

「『宿題やったら?』の声かけが1回で済むようになった」という

お母様からの声にもあるように、

「宿題はやって当たりまえ」という認識が確立されたように感じます。

 

さて、4月からは5年生です。

ヘリオス小学部では学校の先取りの授業を心がけ、

教科学習を通して知識や技能の習得を目指しています。

それだけではなく、中学の勉強を見据え、

勉強そのものの質を高めることも大切にしています。

 

たとえば中学生になってテスト前に問題集に取り組んだり、

知識事項を暗記したりするときには、

正しいやり方で勉強することが望まれます。

そこで小学生のうちに勉強のやり方も指導しています。

今月のテーマは「正しい丸付けの方法」です。

一つひとつ身につけることで

彼らの世界がちょっとずつ変わっていく。

勉強はもちろん、

その周りにある大切なことも伝えていきます。

(岸)

2020/02 08 SAT
ロボット教室便り

1月のロボット教室

From:池田慎哉

 

2月のベーシックは「親子マーチ」を製作。

モーターの力では親子が離れたり近付いたりするだけですが、

ラチェット機能を取り付けることでタイヤは前回転のみに。

尺取虫のように進む様子に子ども達も感心していました。

 

ミドルは「テケテケドリ」。

ロボットと動力部がシャフトで連結されています。

太陽から伸びたシャフトが

地球の自転と公転を制御しているイメージです。

電池など重いものを切り分けることで

軽やかな歩き方を実現しています。           

 

アドバンスは「アルクンダーZ」の後半。

もはや工業製品の出来栄えです。

歩行をプログラミングによって制御。

見ていてプログラミングの楽しさが伝わってくる作品でした。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「お友達のロボと連結」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「4体合作でお散歩中」 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース「大人もうなる完成度」

2020/02 07 FRI
中学受験ブログ

中学受験 合格校

合格校 飛鳥16名(男子3名女子13名)

 

神奈川大学附属4名

世田谷学園1名

品川女子学院2名

田園調布学園2名

恵泉女学園1名

青稜3名

日大日吉GL1名

日大日吉NS2名

神奈川学園3名

横浜女学院2名

関東学院3名

晃華学園1名

八雲学園1名

カリタス3名

文教3名

玉川聖学院2名

聖徳大学付属1名

大妻嵐山1名

 

最終日の日大日吉1名と、

 

最終日の神奈川大学附属2名が合格していました。

 

最後の最後まで諦めずによく頑張りました。

 

3人は最終日の合格校に進学です。

 

おめでとうございます!(池田)

2020/02 07 FRI
ロボット教室便り

2月・3月のスケジュール&製作ロボット紹介

◆ロボット教室:授業スケジュール(2月~3月)

・R1(10:40~) 2/8(土)、22(土)、3/14(土)、21(土)

・R2(14:40~) 2/8(土)、22(土)、3/14(土)、21(土)

・R3(16:20~) 2/13(木)、27(木)、3/12(木)、19(木)

・R4(10:40~) 2/1(土)、15(土)、3/7(土)、21(土)

・R5(16:20~) 2/6(木)、20(木)、3/5(木)、19(木)

・R6(16:20~) 2/4(火)、18(火)、3/3(火)、17(火)

・R7(16:20~) 2/4(火)、25(火)、3/10(火)、24(火)

※祝日や春休みの関係で授業日が変更になっております。

※振替授業…同月内でご都合のいい日程をご選択ください。

◆2月製作ロボット紹介

 

▼ベーシック…コースター製造機「クルクルクリエイター」

 

 

 

 

 

 

ギアとロッドの組み合わせにより、

紙にさまざまな模様が書けます。

「リンク機構」が生み出す複雑な動きを

楽しみながら体感できるロボットです。

紙に模様を描いた後は色ペンなどでコースターに仕上げます。

 

▼ミドル…ロボットパーク「クルクルメリーゴーランド」

 

 

 

 

 

 

ギアやパーツの組み合わせによって、

さまざまな仕掛けがどのように動くのかを学びます。

さらにプログラミングにより

メロディーを鳴らしながら回転するロボットに改造。

自分だけのロボットパーク作りを楽しみます。

 

▼アドバンス…つかんで運ぶ「ピッキングロボ」(前半)

 

 

 

 

 

 

台に取り付けられた光センサーが物を感知し

「つかむ」「運ぶ」「離す」

という一連の動作を実行するロボットです。

物をつかみ続けるための工夫や離す位置の調整により、

確実に物を運ぶことができます。

(池田)

2020/02 03 MON
中学受験ブログ

2日目の合格校

From:池田慎哉   

 

2日目の結果です。(初日との合計は追記に記載)

 

神奈川大学附属2名

品川女子学院1名

横浜女学院2名

日大日吉GL1名

文教中学1名

恵泉女学園1名

 

初日に不合格だった学校に再チャレンジした生徒がいます。

 

品川女子学院2回目で見事に合格!

 

諦めずに頑張りました。

 

Yさん、おめでとう!

 

1度×がついた学校に行くのは、

 

勇気も必要です。

 

初日は、おそらく国語で力が発揮できなかった様子。

 

時間配分、解く順番など前夜に電話で確認。

 

声も落ち着いていて、

 

初日の午後入試も〇でした。

 

過去問で合格点を何度も取れている学校です。

 

とは言え、偏差値は自分の持ち偏差値より5も上の学校。

 

緊張しない訳はありません。

 

まずは自分の力を出しきること。

 

それだけを最後に伝えました。

 

結果は無事に合格!

 

頑張ってきたことが、こうして形になりました。

 

学習習慣、知識、思考力、勉強への気持ち、

 

諦めない気持ちまで学べた3年間でしたね。

 

そして今日、難関校へのチャレンジ受験もしています。

 

偏差値に捉われず、自分の意志で選んだ学校です。

 

午後の学校なので、今まさに試験中。

 

3年間の最後の試験、

 

めいっぱいやってほしいです。

 

たくさんのことを学べた中学受験になりました。

 

3姉妹の受験を経験したお母様へは、

 

まずはお疲れ様でしたという言葉しか浮かびません。

 

 

そして山あり谷ありどころか、

 

モチベーションの低下や受験算数の難しさに、

 

中学受験を挫折しかかったお姉さん達。

 

(塾を休んで旅行に行ったらすぐに回復しましたね笑)

 

優柔不断なのか学校選びでとても苦労した三女は、

 

最後は自分の意志で決められる子に成長。

 

それも嬉しかったことの1つでした。

 

中学受験を超えて子育てとしても、

 

貴重な体験をされたと思います。

 

三姉妹の受験を私達も一緒に支えましたが、

 

お母様の目線でのたくさんの感想をお聞きしたいと思います。

 

ぜひ飛鳥の保護者様へフィードバックしてもらい、

 

今後の参考にさせて頂きます。

 

2月16日の新年度説明会でお伝えしますね。(池田)

 

合格校 飛鳥16名(男子3名女子13名)

神奈川大学附属2名

品川女子学院2名

恵泉女学園1名

横浜女学院2名

日大日吉GL1名

神奈川学園3名

世田谷学園1名

田園調布学園2名

八雲学園1名

カリタス2名

青稜3名

文教3名

晃華学園1名

玉川聖学院2名

関東学院1名

2020/02 02 SUN
中学受験ブログ

初日の結果

From:池田慎哉   

 

 

大学入試改革の影響を受けた入試問題の変化。

 

国際化時代に合わせての入試科目や制度の変化。

 

この数年は中学受験をめぐる状況が、

 

大きく動いています。

 

なかでも附属校人気は衰え知らず。

 

関東学院、日大日吉は高倍率、

 

法政二中も高止まりと言った状況です。

 

 

今年の飛鳥生も同じように上記三校が人気です。

 

どっちに転んでもおかしくないという位の学力の生徒は、

 

やはり簡単に合格はさせてくれませんでした。

 

再チャレンジです。

 

過去問で充分に合格点を超えていた生徒でも、

 

厳しい結果がありました。

 

合格最低点を何度も超えていて、

 

最後の一カ月で一度も不合格がないのに×になった子も。

 

人気校、高倍率の学校というのは、

 

偏差値には表れない厳しさがあります。

 

例年より高倍率になれば、

 

過去問すら信用たるデータにはなりません。

 

だからこそ何が起きても良いように、

 

不合格という結果への心構えや準備が、

 

役立つこともあるでしょう。

 

 

そこまで考えながら指導しています。

 

最善の力を出し尽くすためにです。

 

昨日、×だった生徒も今日は元気な顔に戻っていました。      

 

 

ある子は電話で泣きながら、

 

×という結果を伝えてくれた子もいます。

 

電話連絡はしなくても良いよと伝えているのですが。

 

現実を受け止めているからこそ、

 

悔しくてもきちんと伝えてくれたんですね。

 

大丈夫。

 

芯の強い子ですから、

 

最後まで力を出せるはずです。

 

初日に第一志望に合格がついた子たちもいます。

 

4年間頑張ってきた成果をきちんと出せましたね。

 

抑えの抑えどころか、

 

初日午前と午後の結果次第で、

 

5パターン6パターンと、

 

2日目以降の受験日程を準備して頂いた親御さんも。

 

 

お姉さんも飛鳥の卒塾生ですから、

 

受験の怖さをご存知です。

 

倍率の変化、本人の気持ち、本人の体調と、

 

不可抗力で状況が変わる可能性が少なくありません。

 

力を出し切ること自体が難しくて当然。

 

まだまだ12歳ですから。

 

万全の受験日程を用意してあげるだけで、

 

気持ちは違うのです。

 

チャレンジ受験をしたいなら、

 

力を出し切るのが前提です。

 

 

チャレンジ受験って、

 

文字通り自分の力より上の学校に挑む訳ですよね。

 

落ちて当然の受験をするなら、

 

合格には自分のベストが必要でしょう。

 

だからこそ、

 

安心感を持たせることに意味があるんです。

 

 

昨日、初日の午前と午後が×だった生徒がいたのですが、

 

今日、別の中学を受験。

 

第三志望的な位置づけでしたが先ほど見事に合格。

 

偏差値的には抑えというほど安全圏でもありませんが、

 

過去問は合格点を取れていました。

 

自信もあったのでしょう。

 

塾で伝えると飛び跳ねて喜んでいました。

 

本当にジャンプするんです。

 

最高の笑顔でね。

 

合格を目指して4年間頑張ってきたんです。

 

一度×が付いた後の合格という嬉しさ、

 

ホッとした気持ちは想像以上でしょう。

 

すぐにご家庭に電話をして話していると、

 

お母様も涙声になっていました。

 

親子で話し合い少しばかり背伸びして頑張ることにした初日。

 

覚悟はしていても、

 

大きなショックだったのでしょう。

 

でも、これで気持ち良く明日、

 

本人の第一志望にチャレンジできます。

 

今日の合格が何より力を引き出してくれるでしょう。

 

これ以上の勇気が湧き出ることはありません。

 

明日の入試、

 

いつもどおりの力を出せば、

 

合格の可能性はあります。

 

最後まで諦めずに頑張ってほしいです。

 

彼女に限らず、

 

初日の第一志望や第二志望の合格で、

 

気持ち良くチャレンジ校に挑む子がたくさんいます。

 

もちろん後半戦は、

 

どの学校も合格者数が極端に少ないため、

 

厳しい受験になるのは覚悟の上。

 

悔いのないように頑張ってきてほしいです。

 

12歳の挑戦、

 

もう少し続きます。(池田)

 

 

初日合格校 飛鳥16名(男子3名女子13名)

 

神奈川学園3名

世田谷学園1名

田園調布学園2名

八雲学園1名

カリタス2名

青稜3名

文教2名

晃華学園1名

玉川聖学院2名

関東学院1名

品川女子学院1名

2020/02 01 SAT
中学受験ブログ

入試に向けて

From:池田慎哉   

 

いよいよ入試当日。

 

ニュースにもなっていますが、

 

今日から神奈川県と東京都の中学受験がスタート。

 

 

飛鳥16名、どのような入試になるでしょうか。

 

自分の持てる力を出し切ってほしいと思います。

 

人生で初めての大舞台です。

 

この日のために4年間頑張ってきました。

 

合否を考えると緊張して当然。

 

ですが緊張すればするほどミスも増えるもの。

 

ケアレスミスで5点10点と簡単に消えていきます。

 

その1問で、何十番と順位が入れ替わるわけです。

 

自分の力を出し切れなければ、

 

抑えの学校でさえ合格点を取ることは簡単ではありません。

 

まずは今までの勉強を信じて、

 

いつも通りに受けること。

 

あとは合否を恐れないこと。

 

結果は受け止めるしかありません。

 

合否は自分の勉強の成果です。

 

不運もあるでしょう、体調もあるでしょう。

 

でも、それも含めて中学受験です。

 

後悔があっても、

 

結果を受け止めて前に進むことしかできません。

 

絶対に合格してこいとは言わないようにしています。

 

むしろ、結果を受け止めて最後まで諦めるなと教えています。

 

不合格に落ち込むのは一晩だけ。

 

泣くなら泣いて発散。

 

一晩寝たら気持ちを切り替える子だけが、

 

チャンスが残っています。

 

12歳の子供ですから、メンタル面の影響は大きいものです。

 

ショックを引きずったままでは、

 

明日以降の試験も本領発揮するのは難しいでしょう。

 

 

だからこそ、気持ちの切り替えが重要です。

 

ほんのわずかでも可能性があるなら、

 

少しでも受けてみようという気持ちがあるなら、

 

最後まで全力で向き合いましょう。

 

中途半端な気持ちで挑んではもっと後悔してしまいます。

 

明日以降も力を出し尽くすためにも、

 

今日の結果を受け止める。

 

ご家族は、その手助けになる一声をかけてあげて下さい。

 

 

「どんな結果であれ恥ずかしく思うな」

 

「毎日、自分の力を出し切ってくればいい」

 

そう声をかけて昨夜、子ども達を送り出しました。

 

でも本当は、

 

「今までよく頑張った」とも言ってあげたかったんです。

 

12歳の子供があれだけ勉強したことや、

 

自分で決めた目標に向かって努力し続けたことが、

 

どれだけ素晴らしいことか。

 

そんな思いを毎年強く抱くのですが、

 

私が感傷的になっても仕方がありません。

 

最後の結果が出るまでは、

 

こちらも強い気持ちで向き合いましょう。

 

毎日、塾で山﨑先生と二人で待っています。

 

存分に力を発揮してきて下さい。

 

がんばれ!(池田)

2020/01 30 THU
高校受験ブログ

今週はヘリオス小学部コンクールです。

From:岸智也

 

今週はヘリオス小学部がコンクール本番です。

一生懸命練習をして覚えた成果を

存分に発揮してください。

 

ところで、

神奈川公立高校入試の倍率速報が出ています。

2月6日に志願変更があるため、

最終的な志願者倍率というわけではないにせよ、

現在の倍率速報でも

今年の入試の傾向がはっきりと見て取れます。

 

近隣&陽光生の志願校を見ると、

倍率が高くついているのはやはり新城。

29日時点で倍率1.86です。

 

新城→1.86

市立高津→1.62

多摩→1.54

このあたりが激戦区となっています。

 

このほかにも

市立橘→1.34

川崎北→1.25

ここもけっして油断のできない入試となりそうです。

 

倍率速報は

全県模試のWebサイトでも確認いただけます。

http://sokuho.shingaku-kobo.com/area/

(岸)

2020/01 23 THU
高校受験ブログ

今日は中1コンクール!

From:岸智也

 

今日は中1の英数国のコンクールでした。

今年度4回目となるコンクールなので、

これまで3回分の経験をふまえて、

授業内ではコンクールの練習を実施しませんでした。

 

塾内の掲示「勉強法」のなかにも

”いつか自分で勉強しなければいけないときがくる”

という言葉があります。

 

暗記はそもそも、自分でやるものですが、

自分でやれることを増やしていくことも大切。

もちろん、その方法・注意点・時期・ペースなどは

前もって先生からレクチャーがあった上で、です。

 

さて、話は中1にもどすと

解答用紙をざっと見た印象としては、

私の思っている以上にていねいに勉強してきたようです。

いままで空欄ばかりで40点前後だった生徒も、

60点をうかがうところまで。

しかし空欄は明らかに減っていて、

lとrなどのスペリングミスという

惜しい間違いが多数という結果でした。

単語の読みはしっかりたたきこんできた証拠ですね。

 

単語テストができなかったら

定期テスト対策ははじまりません。

今回のコンクールは

次へのいいスタートになった、

そんな感じがしています。

(岸)

2 3 4 5 6