陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2020/01 14 TUE
スタッフ四方山話

シリウスもはっきり

From:奥淳

 

年末年始は天気も良く暖かい日が続きましたね。

1月1日の夜は実家のそばにある公園の山に登り、

甥っ子姪っ子たちと天体観測をしてきました。

事前に日本気象協会で調べておいた星空指数は100と

絶好の観測日和だったようで、

オリオン座や冬の大三角形も

はっきりと観測することができました。

 

スマホを夜空にかざすと星の名前や星座を教えてくれる

「星座表」というアプリがとても優秀で、

子ども達も興味津々でスマホをのぞき込んでいました。

星空を観測&撮影するためのポイントは街灯などの明かりがなく、

とにかく暗いこと。

近場でも良いスポットがあれば行ってみたいと思います。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 12 SUN
スタッフ四方山話

子どもたちとショー鑑賞

From:池田慎哉

 

12月に長女が誕生して、

にぎやかな年末年始を過ごしました。

性別が女の子だと分かってから

最初に思い浮かんだのがアナ雪を一緒に見ること。

保育園で楽しそうに歌っている子たちの印象が強かったからです。

 

息子2人が大好きなのはしまじろう。

こちらはすでにコンサートに行ってきました。

歌あり踊りありのお芝居仕立て。

歌の場面は振り付きで一緒に歌ってOKです。

これがまた楽しいんですよね。

照れ屋な長男に代わって私が張り切って歌いました。

そのうちアンパンマンショーや

ライダーショーにも行くことになりそうです。

長女がもう少し成長して外出できるようになるまでは

DVDで楽しみます。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 11 SAT
塾長コラム

小さな喜びと大きな成長

From:菅野伸一

 

冬期講習の中学生は夜9時に授業が終了。

 

ここからチェックテストという名の「おかえり問題」 がスタートだ。

 

正解するまで何度でも解き直し、すべて丸がついた子から家に帰ることができる。

 

授業で聞いただけではできるようにならない。

 

自分の手で解いて解いて解きまくらないとね。

 

そのために先生総動員でトコトン付き合う日々が続いている。

 

 

僕が「おかえり問題」 を担当しているのは中3SS。

 

冬期のテーマは連立方程式の文章題だ。

 

難易度高めの問題なので、まずは式を立てるのに一苦労。

 

さらには小数と分数が入り混じった計算にも一苦労。

 

解けない自分が悔しくて半ベソかいている子もいる。

 

 

だからこそ、すべてに丸がついた時の達成感といったら!

 

「さよ~なら~!」

 

脳みそはクタクタでも、すがすがしい笑顔で帰っていく。

 

見送る僕も気分が良くなる、とってもいい笑顔だ。

 

 

小さなことを喜べる子は大きく伸びる。

 

「連立方程式の文章題をすべて正解した」なんて、 

合格や成績アップからみたら小さなことだ。

 

でも「できて当たり前」 と思うより、

「できた!」 「やった!」 とココロの中でガッツポーズするほうがずっといい。

 

小さな喜びの一つひとつが、勉強を前に進めるエネルギーになっていくから。

 

そう考えると「おかえり問題」 はよくできていて、

知識やスキルが身につくのはもちろん、

解けた喜びを感じやすい構造になっている。

 

 

ということで、4月からはふだんの授業でも導入することにしたよ。

 

中学生の「え~!」 という顔が目に浮かぶ。笑

 

けれど本当は分かっているよね。

 

「おかえり問題」 が自分の力を伸ばしてくれるってことが。

 

小さな喜びを積み重ねて、大きな成長につなげていこう。

(菅野)

2020/01 10 FRI
岸のはなまるレポート

ヘリオス3T 心の動き

From:岸智也

 

今月は3Tクラスについてお届けします。

冬期講習は食事を持参したうえでみっちり勉強。

志望校に合わせて公立なら5教科、

私立なら理社を英数にした3教科の時間割で

暗記テスト、入試予想問題演習、

分野別計算問題、私立高過去問…

やるべきことをやりこんでいきました。

今後もそれぞれの志望校にフォーカスした対策を進めていきます。

 

私は毎年、教える側として受験生に指導していますが、

この時期になるといまだに緊張してしまいます。

どんな子だって自分の志望校には本気になりますし、

目つきが凛々しくなる。

だから少しでもできるようになると無邪気に喜ぶし、

できないと不安になる。

本気で頑張っているからこそ

心が大きく動くのがこちらに伝わってくるんですよね。

長文読解の調子がいいね、

と言われて「たまたまです」とうれしそうに答えたSさん。

理科の苦手分野の応用問題に不安そうに「やります」とKくん。

どちらも充実した講習になったことでしょう。

 

残り1か月。

頑張りが最高の結果につながるように、

一人ひとりに寄り添っていきます。

(岸)

2020/01 09 THU
岸のはなまるレポート

ヘリオス5L 丸読みの時間

From:岸智也

 

今月は5Lクラスについてお届けします。

冬期講習の国語は

「文章問題の考え方&解き方」に比重をおきました。

国語の文章問題が得意な子の多くは

「授業中の丸読みに注意がはたらく子」です。

 

音読にミスがあれば自分で気づき、

間違えたところから読み直せる子。

自分の番がまわってきたさいに

「いまどこ?」とは絶対にならない子。

つまり他の生徒の番でも集中して聞ける子。

こういう子はどんどん伸びていきます。

 

最初は丸読みが上手でなくても、

繰り返せば上達していきます。

ふだんの授業から丸読みを欠かしていませんから、

みんな丸読みは上手です。

そして丸読みが上手になると、

国語の問題文にある条件にも目が届くようになります。

文章問題で正解する=マルが付く

というはっきりとした成果につなげるためにも

大切な丸読みの時間。

これからもこだわっていきます。(岸)

 

※「読めるかどうか」を客観的に測れるので

丸読みはご家庭でもおすすめです。

いっしょに文章を目で追いながら

チェックしてみてくださいね。

2020/01 08 WED
中学受験ブログ

新年度 授業日について

From:池田慎哉   

 

3年生クラスは木曜

4年生クラスは火曜、木曜

5年生は月曜、水曜、金曜、土曜

6年生は月曜、水曜、金曜、土曜

 

平日の開始時間は4時半です。

 

主な変更点は3年生クラスの授業日と、

 

5年生クラスでお弁当なしの時間割になります。

 

詳しい授業実施要項は来週中に、

 

内部生のご家庭に郵送させて頂きます。

 

 

当ブログをご覧になっている外部の保護者様より、

 

たくさんのお問合せを頂きました。

 

ありがとうございます。

 

新4年生(現3年生)クラスの入塾が続いているのですが、

 

定員もしくは定員に近い人数でスタートできそうです。

 

2月6日(木)が初回授業になります。

 

現在の中学受験は新出単元の学習の関係で、

 

3年生の2月が1つの目安になります。

 

これ以降ですと未習分野が積み重なっていきます。

 

もし習い事の関係等でスタートが遅れる場合は、

 

どちらの塾さんであれ、

 

開始時期と対応のご相談された方が良いでしょう。

 

現状では3年生の2月のスタートは遅い方になります。

 

半数以上は3年生で通塾しているようです。

 

 

飛鳥クラスでも新4年生のスタートは少数派。

 

今回入塾された保護者様も心配されていましたが、

 

学習範囲については、これから全ての単元を勉強するので、

 

大丈夫です。

 

基礎的な計算力や授業での聞く力などは、

 

これから焦らずにやっていきましょう。

 

 

あとは勉強の集中力や学習習慣がポイント。

 

3年生から始めた生徒とは違いがあるかもしれません。

 

 

3年生クラスの生徒たちが、

 

ずいぶん成長したところを見ると、

 

この1年間は学力だけでなく、

 

まず勉強に対する気持ちの部分で、

 

大きなメリットがありました。

 

もちろん新4年生から始める子についても、

 

責任を持って指導していきます。

 

勉強の土台の部分ですから、

 

この集中力や勉強に対する気持ちが、

 

学力の伸びに大きく関わってきます。

 

まずは目の前の課題をしっかりこなすことから。

 

勉強の良いサイクルを作っていきましょう。

 

飛鳥の6年生の勉強量を支えているのは、

 

間違いなく勉強に対する前向きな気持ちです。

 

 

新学年、飛鳥生も新たな入塾生も、

 

気持ち良く勉強をしましょうね。

 

自分で宿題をする。

 

質問をたくさんする。

 

目標に向けて頑張る。

 

どの学年にも共通の約束です。

 

さぁ、2020年も陽光学院で、

 

いっぱい勉強できる子になりましょう!(池田)

 

追記

この一カ月間は1年生や2年生の保護者様からも、

 

たくさんお問合せを頂きました。

 

中学受験をするかしないか検討中や、

 

今すぐ始めるつもりはないという保護者様からの

 

ご相談も可能です。

 

当塾への勧誘や中学受験へのお誘いも一切致しません。

 

お子様の進路を選択するための情報を、

 

お伝えする場だと考えています。

 

バイアスのかかっていない生の情報を参考にして、

 

どのような進路がお子様に適しているかご検討下さい。

 

ちなみに、

 

塾生のご兄弟でも全く勧誘するつもりはありません。

 

習い事やお子様の性格、勉強に対する気持ちなど、

 

一人ひとりに適したアプローチがあると思います。

 

あくまでも、

 

ご判断はご家庭でされる方が良いでしょう。

 

そのように考えているので、

 

ご兄弟でも勧誘はしていません。

 

もちろん、ご相談は歓迎です。

 

池田までお電話下さい。

 

それぞれのご家庭、お子様にとって、

 

良い選択ができることを願っています。

2020/01 08 WED
ロボット教室便り

1月のロボット教室

From:池田慎哉

 

2月のベーシックは「親子マーチ」を製作。

モーターの力では親子が離れたり近付いたりするだけですが、

ラチェット機能を取り付けることでタイヤは前回転のみに。

尺取虫のように進む様子に子ども達も感心していました。

 

ミドルは「テケテケドリ」。

ロボットと動力部がシャフトで連結されています。

太陽から伸びたシャフトが

地球の自転と公転を制御しているイメージです。

電池など重いものを切り分けることで

軽やかな歩き方を実現しています。           

 

アドバンスは「アルクンダーZ」の後半。

もはや工業製品の出来栄えです。

歩行をプログラミングによって制御。

見ていてプログラミングの楽しさが伝わってくる作品でした。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「お友達のロボと連結」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「4体合作でお散歩中」 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース「大人もうなる完成度」

2020/01 08 WED
ロボット教室便り

12月のロボット教室

From:池田慎哉

 

12月のベーシックは「ロボモンキー」を製作。

簡単そうに見えてロープを渡るという動作が難しいんです。

綱渡りは手に体重がかかった状態で

不安定なロープを渡りますから。

成功した時はとても喜んでいました。

 

ミドルは「チクタクロック」。

ギアを一定の回転速度にする脱進機をブロックで作ります。

映像やテキストでも学ぶことはできますが、

手で組み立てながら仕組みを理解することには

独自の価値があります。

 

アドバンスは「アルクンダーZ」。

プログラミングによって複雑さが増していきます。

テキストを終えたら自分でプログラミングです。

発展的に学びを深めていきましょう。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「がんばれ!と応援中」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「仕組みを考えて製作」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース「動きをプログラミング」

2020/01 07 TUE
ロボット教室便り

1月・2月のスケジュール&製作ロボット紹介

From:池田慎哉

 

・R1(10:40~) 1/11(土)、25(土)、2/8(土)、22(土)

・R2(14:40~)  1/11(土)、25(土)、2/8(土)、22(土)

・R3(16:20~)  1/9(木)、23(木)、2/13(木)、27(木)

・R4(10:40~)  1/11(土)、18(土)、2/1(土)、15(土)

・R5(16:20~)  1/9(木)、16(木)、2/6(木)、20(木)

・R6(16:20~)  1/7(火)、21(火)、2/4(火)、18(火)

※祝日や冬休みの関係で授業日が変更になっております。

※振替授業…同月内でご都合のいい日程をご選択ください。

◆1月製作ロボット紹介

 

▼ベーシック…連結ロボット「親子マーチ」

 

 

 

 

 

 

二体の親子ロボットの距離が伸びたり縮んだりしながら

前に進むロボットです。

クランクの動きやラチェットの動きについて学びます。

タイヤを一方向にのみ回転できるように改造します。

 

▼ミドル…ダチョウロボット「テケテケドリ」

 

 

 

 

 

 

首を振りながら、二足歩行する愛嬌のある鳥型ロボットです。

電池ボックスなどの重量のあるパーツを中央に配置し、

シャフトはロボット本体に動力を与えると同時に

バランスを補助する役割も果たします。

 

▼アドバンス…二足歩行ロボ「アルクンダーZ」」(後半)

 

 

 

 

 

 

 

 

二足歩行ロボットの後半です。

ロボットが人のように足を上げて前に進むようにするには

どうすればいいか、

また改造したロボットをどのように動かせばよいのか、

人の動きと照らし合わせながら考えます。

(池田)

2020/01 01 WED
中学受験ブログ

目標に向かって

From:池田慎哉   

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

今年も宜しくお願いします。

 

子ども達には、

 

目標に向かって頑張る1年間にしてほしいですね。

 

受験生だけではなく、低学年の子も一緒です。

 

陽光学院では自学自習を大切にしています。

 

中学受験であれ高校受験であれ、

 

伸びる子の共通点は自ら勉強することです。

 

しかし、

 

その習慣がついていない子がたくさんいます。

 

陽光学院では、

 

授業や模試、小テスト、宿題などの取り組みを通じて、

 

学習習慣をつけることを考えています。

 

宿題1つとっても、

 

手がつきやすく、スモールステップで進む内容に。

 

 

飛鳥の6年生をみると分かりますが、

 

子ども達の学習意欲を引き出すことを重視したおかげで、

 

勉強の質も量も向上していきます。

 

これは小2でも中1でも一緒。

 

まずは、勉強を頑張りたいと思う気持ちを大事にします。

 

強制された勉強はどこかで壁にぶつかります。

 

自我の芽生えの前に、

 

自発的な学習習慣をつけておくことがプラスです。

 

 

既に勉強嫌いになってしまっている生徒は、

 

どう勉強の気持ちを盛り上げるかが大事。

 

勉強が少ないのを心配するあまり、

 

ご家庭で勉強を強制しても効果は低いでしょう。

 

陽光では、

 

一人ひとりの性格も踏まえて、

 

前向きな勉強をサポートしていきます。

 

時間はかかっても、

 

学力を伸ばすための働きかけが必要ですから。

 

 

さて、陽光の受験生たち。

 

まずは、1月より中学受験がスタートです。

 

ヘリオス中3生より一足早く直前期。

 

 

今日も朝9時から入試演習。

 

自分の意志で志望校を決め、

 

自分の意志で元旦から勉強に励む子ども達の気持ちの強さが、

 

入試本番でも力を発揮するはずです。

 

緊張を乗り越えるだけの努力を積み重ねます。

 

努力も勉強に対する姿勢も満点です。

 

 

努力の限界がどんどん引き上がっています。

 

成長していますね。

 

4年生でも宿題もやりきれなかった生徒が、

 

お正月休みに、

 

連日10時間も勉強を続けられる子になりました。

 

気持ちも前向きに取り組んでいますから、

 

学力が伸びて当然です。

 

しかし厳しい受験を選んだ子の合格可能性がわずかなのは、

 

変わりません。

 

現実を受け止めながらも、

 

諦めずに最後まで勉強し続けます。

 

応援して下さい。

 

 

さて、

 

2019年は大きく社会が変わろうとしていた1年でした。

 

東京五輪もある2020年は一段と変化のある年でしょう。

 

こんなにワクワクする年始は初めてですね。

 

陽光学院も、

 

さらに生徒一人ひとりの学力を伸ばせるように。

 

新たな取り組みも実行していきます。

 

 

目標に向かって、私たちも頑張ります。

 

新年も宜しくお願いします。 (池田)

1 2 3 4 5