陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2020/02 02 SUN
中学受験ブログ

初日の結果

From:池田慎哉   

 

 

大学入試改革の影響を受けた入試問題の変化。

 

国際化時代に合わせての入試科目や制度の変化。

 

この数年は中学受験をめぐる状況が、

 

大きく動いています。

 

なかでも附属校人気は衰え知らず。

 

関東学院、日大日吉は高倍率、

 

法政二中も高止まりと言った状況です。

 

 

今年の飛鳥生も同じように上記三校が人気です。

 

どっちに転んでもおかしくないという位の学力の生徒は、

 

やはり簡単に合格はさせてくれませんでした。

 

再チャレンジです。

 

過去問で充分に合格点を超えていた生徒でも、

 

厳しい結果がありました。

 

合格最低点を何度も超えていて、

 

最後の一カ月で一度も不合格がないのに×になった子も。

 

人気校、高倍率の学校というのは、

 

偏差値には表れない厳しさがあります。

 

例年より高倍率になれば、

 

過去問すら信用たるデータにはなりません。

 

だからこそ何が起きても良いように、

 

不合格という結果への心構えや準備が、

 

役立つこともあるでしょう。

 

 

そこまで考えながら指導しています。

 

最善の力を出し尽くすためにです。

 

昨日、×だった生徒も今日は元気な顔に戻っていました。      

 

 

ある子は電話で泣きながら、

 

×という結果を伝えてくれた子もいます。

 

電話連絡はしなくても良いよと伝えているのですが。

 

現実を受け止めているからこそ、

 

悔しくてもきちんと伝えてくれたんですね。

 

大丈夫。

 

芯の強い子ですから、

 

最後まで力を出せるはずです。

 

初日に第一志望に合格がついた子たちもいます。

 

4年間頑張ってきた成果をきちんと出せましたね。

 

抑えの抑えどころか、

 

初日午前と午後の結果次第で、

 

5パターン6パターンと、

 

2日目以降の受験日程を準備して頂いた親御さんも。

 

 

お姉さんも飛鳥の卒塾生ですから、

 

受験の怖さをご存知です。

 

倍率の変化、本人の気持ち、本人の体調と、

 

不可抗力で状況が変わる可能性が少なくありません。

 

力を出し切ること自体が難しくて当然。

 

まだまだ12歳ですから。

 

万全の受験日程を用意してあげるだけで、

 

気持ちは違うのです。

 

チャレンジ受験をしたいなら、

 

力を出し切るのが前提です。

 

 

チャレンジ受験って、

 

文字通り自分の力より上の学校に挑む訳ですよね。

 

落ちて当然の受験をするなら、

 

合格には自分のベストが必要でしょう。

 

だからこそ、

 

安心感を持たせることに意味があるんです。

 

 

昨日、初日の午前と午後が×だった生徒がいたのですが、

 

今日、別の中学を受験。

 

第三志望的な位置づけでしたが先ほど見事に合格。

 

偏差値的には抑えというほど安全圏でもありませんが、

 

過去問は合格点を取れていました。

 

自信もあったのでしょう。

 

塾で伝えると飛び跳ねて喜んでいました。

 

本当にジャンプするんです。

 

最高の笑顔でね。

 

合格を目指して4年間頑張ってきたんです。

 

一度×が付いた後の合格という嬉しさ、

 

ホッとした気持ちは想像以上でしょう。

 

すぐにご家庭に電話をして話していると、

 

お母様も涙声になっていました。

 

親子で話し合い少しばかり背伸びして頑張ることにした初日。

 

覚悟はしていても、

 

大きなショックだったのでしょう。

 

でも、これで気持ち良く明日、

 

本人の第一志望にチャレンジできます。

 

今日の合格が何より力を引き出してくれるでしょう。

 

これ以上の勇気が湧き出ることはありません。

 

明日の入試、

 

いつもどおりの力を出せば、

 

合格の可能性はあります。

 

最後まで諦めずに頑張ってほしいです。

 

彼女に限らず、

 

初日の第一志望や第二志望の合格で、

 

気持ち良くチャレンジ校に挑む子がたくさんいます。

 

もちろん後半戦は、

 

どの学校も合格者数が極端に少ないため、

 

厳しい受験になるのは覚悟の上。

 

悔いのないように頑張ってきてほしいです。

 

12歳の挑戦、

 

もう少し続きます。(池田)

 

 

初日合格校 飛鳥16名(男子3名女子13名)

 

神奈川学園3名

世田谷学園1名

田園調布学園2名

八雲学園1名

カリタス2名

青稜3名

文教2名

晃華学園1名

玉川聖学院2名

関東学院1名

品川女子学院1名

2020/02 01 SAT
中学受験ブログ

入試に向けて

From:池田慎哉   

 

いよいよ入試当日。

 

ニュースにもなっていますが、

 

今日から神奈川県と東京都の中学受験がスタート。

 

 

飛鳥16名、どのような入試になるでしょうか。

 

自分の持てる力を出し切ってほしいと思います。

 

人生で初めての大舞台です。

 

この日のために4年間頑張ってきました。

 

合否を考えると緊張して当然。

 

ですが緊張すればするほどミスも増えるもの。

 

ケアレスミスで5点10点と簡単に消えていきます。

 

その1問で、何十番と順位が入れ替わるわけです。

 

自分の力を出し切れなければ、

 

抑えの学校でさえ合格点を取ることは簡単ではありません。

 

まずは今までの勉強を信じて、

 

いつも通りに受けること。

 

あとは合否を恐れないこと。

 

結果は受け止めるしかありません。

 

合否は自分の勉強の成果です。

 

不運もあるでしょう、体調もあるでしょう。

 

でも、それも含めて中学受験です。

 

後悔があっても、

 

結果を受け止めて前に進むことしかできません。

 

絶対に合格してこいとは言わないようにしています。

 

むしろ、結果を受け止めて最後まで諦めるなと教えています。

 

不合格に落ち込むのは一晩だけ。

 

泣くなら泣いて発散。

 

一晩寝たら気持ちを切り替える子だけが、

 

チャンスが残っています。

 

12歳の子供ですから、メンタル面の影響は大きいものです。

 

ショックを引きずったままでは、

 

明日以降の試験も本領発揮するのは難しいでしょう。

 

 

だからこそ、気持ちの切り替えが重要です。

 

ほんのわずかでも可能性があるなら、

 

少しでも受けてみようという気持ちがあるなら、

 

最後まで全力で向き合いましょう。

 

中途半端な気持ちで挑んではもっと後悔してしまいます。

 

明日以降も力を出し尽くすためにも、

 

今日の結果を受け止める。

 

ご家族は、その手助けになる一声をかけてあげて下さい。

 

 

「どんな結果であれ恥ずかしく思うな」

 

「毎日、自分の力を出し切ってくればいい」

 

そう声をかけて昨夜、子ども達を送り出しました。

 

でも本当は、

 

「今までよく頑張った」とも言ってあげたかったんです。

 

12歳の子供があれだけ勉強したことや、

 

自分で決めた目標に向かって努力し続けたことが、

 

どれだけ素晴らしいことか。

 

そんな思いを毎年強く抱くのですが、

 

私が感傷的になっても仕方がありません。

 

最後の結果が出るまでは、

 

こちらも強い気持ちで向き合いましょう。

 

毎日、塾で山﨑先生と二人で待っています。

 

存分に力を発揮してきて下さい。

 

がんばれ!(池田)

2020/01 30 THU
高校受験ブログ

今週はヘリオス小学部コンクールです。

From:岸智也

 

今週はヘリオス小学部がコンクール本番です。

一生懸命練習をして覚えた成果を

存分に発揮してください。

 

ところで、

神奈川公立高校入試の倍率速報が出ています。

2月6日に志願変更があるため、

最終的な志願者倍率というわけではないにせよ、

現在の倍率速報でも

今年の入試の傾向がはっきりと見て取れます。

 

近隣&陽光生の志願校を見ると、

倍率が高くついているのはやはり新城。

29日時点で倍率1.86です。

 

新城→1.86

市立高津→1.62

多摩→1.54

このあたりが激戦区となっています。

 

このほかにも

市立橘→1.34

川崎北→1.25

ここもけっして油断のできない入試となりそうです。

 

倍率速報は

全県模試のWebサイトでも確認いただけます。

http://sokuho.shingaku-kobo.com/area/

(岸)

2020/01 23 THU
高校受験ブログ

今日は中1コンクール!

From:岸智也

 

今日は中1の英数国のコンクールでした。

今年度4回目となるコンクールなので、

これまで3回分の経験をふまえて、

授業内ではコンクールの練習を実施しませんでした。

 

塾内の掲示「勉強法」のなかにも

”いつか自分で勉強しなければいけないときがくる”

という言葉があります。

 

暗記はそもそも、自分でやるものですが、

自分でやれることを増やしていくことも大切。

もちろん、その方法・注意点・時期・ペースなどは

前もって先生からレクチャーがあった上で、です。

 

さて、話は中1にもどすと

解答用紙をざっと見た印象としては、

私の思っている以上にていねいに勉強してきたようです。

いままで空欄ばかりで40点前後だった生徒も、

60点をうかがうところまで。

しかし空欄は明らかに減っていて、

lとrなどのスペリングミスという

惜しい間違いが多数という結果でした。

単語の読みはしっかりたたきこんできた証拠ですね。

 

単語テストができなかったら

定期テスト対策ははじまりません。

今回のコンクールは

次へのいいスタートになった、

そんな感じがしています。

(岸)

2020/01 20 MON
中学受験ブログ

5年生 首都圏模試

5年生の首都圏模試

From:池田慎哉   

 

テスト結果を返却しました。

 

今回の結果ですが、

 

算数の全体平均点が少し低いですね。

 

この数年、

 

首都圏模試は難易度を上げようとしているのかと、

 

感じています。

 

理科社会もしばらく平均点が低い状況が続いていました。

 

今回の理科は平均点56点ですから適切なレベルです。

 

平均点は低過ぎても高過ぎても良い模試とは言えません。

 

5割~6割の平均点だと学力差が適切に表れるので、

 

理想的な模試になります。

 

 

さて飛鳥生ですが16人全員受験しました。

 

塾内平均点は4教科全て全国平均点を上回っています。

 

算数14点、社会10点上回っています。

 

ひとまず安心しました。

 

私自身は各教科の授業評価としています。

 

ここで著しく悪いようですと改善策が必要でしょう。

 

国語と理科はもう一伸びさせてあげたいのですが。

 

 

次に平均点を越えた生徒数を教科別に見てみます。

 

算数11人、国語9人、理科8人、社会13人です。

 

全員4科受験なので16名中の人数。

 

社会が良いのは毎回なので分かるのですが、

 

意外と理科も国語も悪くないのです。

 

定例テストほど偏りはありません。

 

理科や国語で心配される保護者様が多いのですが、

 

まずまずの結果です。

 

4月の四谷大塚の模試で、

 

また個別の各教科の状況が判断できると思います。

 

新学年最初の難関、4月の模試に向けて、

 

目の前の勉強を頑張っていきましょう!(池田)

 

2020/01 19 SUN
中学受験ブログ

6年生の状況

From:池田慎哉   

 

入試本番までラスト2週間です。

 

年末から毎日、塾に勉強しに来ている子ども達。

 

朝から寝るまで勉強している生徒がたくさんいます。

 

自分の意志で志望校に向けて頑張る。

 

そういう子に育つように、

 

4年間指導してきました。

 

 

学習効果を考えつつ、

 

ひたむきに勉強することを優先。

 

4年生までは負荷をかけ過ぎないように。

 

宿題量も少なめです。

 

しかし、

 

塾で問題を解く量は普通の塾さんよりも多く。

 

勉強の達成感やできる喜びを充分に、

 

経験させて勉強量もアップしていきました。

 

なにより、与えられた宿題をするのではなく、

 

志望校を目指すために家庭学習も頑張る、

 

と言う気持ちを持つように。

 

自分のための勉強です。

 

6年生になれば、

 

とことん勉強にのめり込む子達になりました。

 

宿題を含めて勉強量は負けない生徒たちです。

 

 

着実に学力を上げて、

 

点数も上がってきました。

 

数か月前まで何度解いても30点台くらいだった国語が、

 

60点台を取れるようになった子もいます。

 

国語が得意だった生徒数人を除いて、

 

ほとんどの生徒が志望校の点数で20点位上がりましたね。

 

算数も全員が10点~20点は上がっています。

 

本格的に過去問を解き始めて、

 

ここまで点数が上がったのは勉強量と集中力。

 

どちらも、やらされる勉強ではないからこそ、

 

頑張れたのでしょう。

 

とは言え、

 

それでも合格点に届いていない生徒が何人もいます。

 

ここから2週間、最後まで諦めずに頑張ります。

 

自分のベストを出しつくす。

 

それが飛鳥の受験です。

 

 

連日、ご家庭や中学との電話連絡、

 

生徒への個別指導や受験情報の整理など、

 

忙しい日々ですが生徒に負けず気力も充分です。

 

5年生以下の保護者様にも配慮やお気遣いを頂き、

 

ありがとうございます。

 

もちろん、6年生以外も全力でがんばりましょう。

 

新学年を良い形で迎えるために。

 

4年生は、

 

コンクールでの頑張りを楽しみにしています。(池田)


 

2020/01 18 SAT
入試情報【私立中学】

捜真女学校中学部

From:山崎敬二郎

 

明治19年に「英和女学校」として創立。

「キリスト教信仰に立って真理を捜し求めつつ、人間形成を行う」

ことを建学の精神としているキリスト教学校です。

1日20分間の礼拝、週1回聖書の授業があります。

ボランティア活動や修養会を通じて、

隣人を愛し、社会に奉仕できる人材の育成を目指しています。

 

▼捜真女学校を知るための「3つのキーワード」

◆【英語教育】…

英語はクラスを2分割。

教科書は捜真独自の検定教科書『Soshin English』を使います。

また英語を軸に異文化理解に関心が持てる環境を作っています。

1週間の米短期研修、3週間の豪州短期研修、3ヶ月間の学期研修、

さらに毎年10名程度がアジア、北米、南米、北欧などに

1年間留学します。

さらに海外の提携校からは留学生を数名受け入れ。

英語を実際に使用する場面が多く用意されています。

 

◆【充実した施設】…

体育館の地下には温水プール、

2階にはランニングコートがあります。

チャペルには壮大なパイプオルガンを設置。

図書館には蔵書が約34,000冊あり、

定期購読雑誌は60種、日刊新聞4誌、年間購入図書1,000冊という規模で

総合学習の時間にはフル回転しています。

◆【自然教室】…

中1から高3まで毎年行われます。

静岡県御殿場市にある宿泊施設で、

共に祈り、共に食事をし、

またキャンプファイヤーやステンドグラスの制作などを行いながら、

共同生活を送ります。

日常の喧騒から離れて仲間たちと過ごす時間は、

生徒一人ひとりにとってかけがえのない時間になることでしょう。

 

昨年度の大学合格実績は、

国公立大5名、早慶上理24名、GMARCH58名など。

キリスト教系の大学の指定校枠を多く持っていますが、

それ以外にも横浜市大、慶応、明治、理科大、学習院など

難関大学への枠も持っています。

 

キリスト教校ということもあり、

学力も大切にしつつ人間形成にも重きをおいています。

部活動、勉強、行事、、、バランスのとれた中学校生活が送れます。

(山﨑)

2020/01 16 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中学部はコンクールがあります

From:岸智也

 

ヘリオス中学部には

コンクールの練習用紙を配布しました。

今年度の最後の定期テストとなる、

後期期末テストのための覚えるもの中心の暗記テストです。

 

英語の場合は、単語と熟語。

覚えればいいだけなので、

時間と労力をかければ良い結果を残せるはずです。

 

大切なのはその「労力」について。

これがいい加減であれば「徒労」に終わりますから。

ケースとして多いのが、

「ずっと答えを見て何度も練習しただけ」というもmの

これでは覚えた気になって終わりです。

勉強した~!という感覚が残ってしまう分、

タチが悪いです。

 

コンクールには子どもの勉強を

正しい向きにアジャストするねらいもあります。

正しい努力を、正しい姿勢で続けることは

たしかに難しい。

けれどこだわり続けていけば、

自分の身になっていくはずです。

(岸)

2020/01 16 THU
スタッフ四方山話

獅子舞@ショッピングモール

From:菅野伸一

 

元旦のショッピングモールでのこと。

獅子舞に遭遇しました。

横にはねじり鉢巻きを締めて

はっぴを着こなした粋な年配女性。

彼女の「イヤサー!」のかけ声と

スピーカーから流れる和楽器のメロディーに合わせて、

上に下に激しく舞い踊る獅子舞。

「これぞ日本のお正月!」

大人はスマホをかまえ、

子ども達は見慣れない獅子舞に目がくぎ付けです。

 

と、突然音楽がストップ。

おもむろにねじり鉢巻きの女性が言います。

「エスカレーターで1階に移動します」 

直立した獅子舞を先頭に20人ほどが

エスカレーターに並んで下っていく光景はシュールそのもの。

僕と娘は獅子舞のすぐ後ろの段に。

獅子舞は意外と小柄でした。笑

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 14 TUE
お知らせ

陽光通信1月号アップしました。

1 2 3 4 5