新着情報

2020/07 25 SAT
スタッフ四方山話

元住吉よつば通信

From:菅野伸一

 

今月は「ココロスイッチ」とあわせて

「元住吉よつば通信」

も同封させていただきました。

地域のイベントや会合でお付き合いのあった

「シリウス犬猫病院の岩佐さん」

「響氣の新村さんと中村さん」

「福街不動産の福地さん」

と一緒に作った地域限定ニュースレターです。

みなさんプロとしての知識や技術が素晴らしいのはもちろん、

人柄もとっても良いんですよね。

だから安心して任せられます。

 

僕自身、愛犬ポンのトリミングは岩佐さんにお願いしていますし、

6月半ばに腰を痛めた時は

中村さんに鍼(はり)をうってもらいました。

不動産関係であれば、きっと福地さんにお願いすることでしょう。

 

こんなにも信頼できる人達が身近にいるのを

地域の方々に知ってほしい。

そんな思いから「元住吉よつば通信」は誕生しました。

お時間のある時にご覧いただけますと幸いです。

そして諸々のご相談事はお気軽にどうぞ!

僕をふくめてみんな人が好きでおしゃべり大好き(笑) 

喜んで話を聞かせていただきます。

(菅野)

2020/07 24 FRI
スタッフ四方山話

ナノブロック

From:岸智也

 

ステイホーム中、

個人的に大ヒットだったのがポケモンのナノブロックパズル。

最小単位がわずか5mm辺のブロックピースを、

設計図をもとに組み立てていきます。

大人でも手ごわい難易度で、

テレビやスマホを忘れさせてくれるほど夢中になるパズルでした。

 

完成したポケモンは懐かしのドット調で、

ゲームボーイ版初代ポケモン世代の僕にとってはたまりません。

特に炎タイプのヒノアラシは

ゲームスタート後にもらえる3匹の中で、

当時小学生だった僕が相棒として選んだ思い出深い一匹です。

 

ピースを落とすと見つけるのが困難なうえに

力を加えるとあっけなく崩れてしまうため、

娘の手の届かないところにディスプレイ中です。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

2020/07 23 THU
スタッフ四方山話

千葉県立中央博物館

From:池田慎哉

 

外出自粛期間が終わっても、

近所の運動公園はアスレチック遊具が使えないまま。

子どもとの遊びはもっぱら自転車の練習ばかりです。

おかげで5歳の長男はようやく転ばずに乗れるようになり、

成長ぶりに感動です。

その横を3歳の次男は涼しい顔で補助輪無しでスイスイと。

性格も成長過程も全く違う2人に驚きます。

 

自転車だけではかわいそうなので、

遠出をしようと千葉県立中央博物館へ。

房総半島の自然や歴史にまつわる展示の数々。

特に海洋生物の大きな骨格標本が

天井から吊るされているゾーンは迫力満点です。

息子達も大きなクジラの骨格標本に大喜び!

歴史の展示物も充実していて勉強にも役立つ内容でした。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/03 18 WED
スタッフ四方山話

3歳差の姉妹

暖冬の影響で早々と梅が咲き誇った2月、

次女が誕生しました。

智咲(ちさき)といいます。

同じく2月に生まれ、

3歳になった長女とそっくりな顔立ちでびっくり。

ただ性格はだいぶ違っていて、

次女はだれであろうが抱っこすると泣きやみます。

あとは本当によく寝る子。

ゆっくり少しずつ成長してほしいと思います。

 

一方、ちょっと遊びたりない様子の長女。

昔よく遊んだ木月小学校近くの諏訪公園まで足を運んでみました。

ラッキーなことに公園を独り占め。

パパも小さい頃によく遊んだ公園だよ

と教えるとうれしそうにすべり台を全力で30周以上。

家に帰った後はぐっすり寝てくれました。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/03 17 TUE
スタッフ四方山話

ひなあそび

From:池田慎哉

 

12月に生まれた娘のために雛人形を購入しました。

一生で一度の買い物だからとずいぶん探したのですが、

紆余曲折をへて埼玉県岩槻の東玉さんというお店へ。

そちらの頭師さんの人形のお顔が気に入ったからです。

今では珍しい草木染の技法の人形を見せてもらいながら選びました。

 

部屋に飾ると早速、

次男がお内裏様の太刀を抜いて遊んでいます。

叱りたいところですが、

お店の方から子どもが雛人形で遊んでも怒らないように

と言われています。

綺麗に飾るのも、手に取って遊ぶのも良いとのこと。

「ひなあそび」という言葉が残るように、

平安時代は子ども達の遊びから

後に儀式的な行事に発展したそうです。

菱餅や雛あられも食べて季節行事を学ぶ機会になりました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 16 THU
スタッフ四方山話

獅子舞@ショッピングモール

From:菅野伸一

 

元旦のショッピングモールでのこと。

獅子舞に遭遇しました。

横にはねじり鉢巻きを締めて

はっぴを着こなした粋な年配女性。

彼女の「イヤサー!」のかけ声と

スピーカーから流れる和楽器のメロディーに合わせて、

上に下に激しく舞い踊る獅子舞。

「これぞ日本のお正月!」

大人はスマホをかまえ、

子ども達は見慣れない獅子舞に目がくぎ付けです。

 

と、突然音楽がストップ。

おもむろにねじり鉢巻きの女性が言います。

「エスカレーターで1階に移動します」 

直立した獅子舞を先頭に20人ほどが

エスカレーターに並んで下っていく光景はシュールそのもの。

僕と娘は獅子舞のすぐ後ろの段に。

獅子舞は意外と小柄でした。笑

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 14 TUE
スタッフ四方山話

シリウスもはっきり

From:奥淳

 

年末年始は天気も良く暖かい日が続きましたね。

1月1日の夜は実家のそばにある公園の山に登り、

甥っ子姪っ子たちと天体観測をしてきました。

事前に日本気象協会で調べておいた星空指数は100と

絶好の観測日和だったようで、

オリオン座や冬の大三角形も

はっきりと観測することができました。

 

スマホを夜空にかざすと星の名前や星座を教えてくれる

「星座表」というアプリがとても優秀で、

子ども達も興味津々でスマホをのぞき込んでいました。

星空を観測&撮影するためのポイントは街灯などの明かりがなく、

とにかく暗いこと。

近場でも良いスポットがあれば行ってみたいと思います。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 12 SUN
スタッフ四方山話

子どもたちとショー鑑賞

From:池田慎哉

 

12月に長女が誕生して、

にぎやかな年末年始を過ごしました。

性別が女の子だと分かってから

最初に思い浮かんだのがアナ雪を一緒に見ること。

保育園で楽しそうに歌っている子たちの印象が強かったからです。

 

息子2人が大好きなのはしまじろう。

こちらはすでにコンサートに行ってきました。

歌あり踊りありのお芝居仕立て。

歌の場面は振り付きで一緒に歌ってOKです。

これがまた楽しいんですよね。

照れ屋な長男に代わって私が張り切って歌いました。

そのうちアンパンマンショーや

ライダーショーにも行くことになりそうです。

長女がもう少し成長して外出できるようになるまでは

DVDで楽しみます。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12 16 MON
スタッフ四方山話

安眠まくら

From:山崎敬二郎

 

最近、料理に関して手を抜いてしまっていて。

昼食は近くのコンビニで

「中華丼かシャケ弁当」+「アメリカンドッグか肉まん」

の2品をいただいています。

会計を済ませ、いつものようにお弁当を温めてもらうために

レジの横で待っていると

目に飛び込んでくるものがありました。

 

それは「安眠まくら」なるもの。

それからはレジ横から青いまくらが毎日のように

「買ってくれ~買ってくれ~」

と訴えかけてくるので、

先日とうとう買ってしまいました。

今までは昔ながらのそば殻のまくらでしたから

寝心地はまるで違います。

すっぽり包まれる感に加えて

ほどよい弾力性があり使い心地はOKです。

寝坊に注意です。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12 14 SAT
スタッフ四方山話

絶叫のその先には・・・

From:岸智也

 

高校の友人と富士急ハイランドに行ってきました。

富士急といえば「四大コースター」と呼ばれる絶叫マシンが有名です。

今回初めて「ええじゃないか」に乗ったことで

四種コンプリートしました。

 

「ええじゃないか」は足が宙ぶらりん、

座席は回転、レーンもひねり回転という

恐ろしい邪道コースター。

後で調べたら僕の座った最後尾がいちばん怖いんだそうです。

そうとも知らず、マシンはバックしながら上昇(つまり最前列)、

その後地上に向かってファーストドロップ!

その後はもうワケがわかりません。

絶叫レベルを超えると僕は笑いだすことがわかりました。(笑)

絶叫が苦手な妻や奥先生には一生見せることのない姿でしょうね。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る