陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2018/07 18 WED
岸のはなまるレポート

今井中学校:美術部編

From:岸智也

 

今回のインタビューは1年生にお願いしました。

入部して2か月あまりの新鮮な声をお届けします。

 

文化部の中ではメジャーといえる美術部。

今井中では13名ですが、

先輩と後輩の分け隔てもなく

「ほんわかまったり」な部活だそうです。

 

じつは取材の中で

「ひとつくらい大変なことあるでしょ?」

と聞いてみても

「いや、無いです!」

と断言されたのです。

これはコーナー始まって以来の事態です(笑)

文面からも、声や表情からも十分楽しさが伝わってきます。

 

土曜日と日曜日に活動がないことで、

趣味や勉強に時間を充てられることも魅力の一つでしょう。

近隣の学校も含めて秋に文化祭がありますが、

それ以外にも年間で3度ほど、

出展会・コンクールといったイベントごとがあるとのこと。

そのさい1か月以上は制作にかけるそうです。

体育祭や自然教室のしおりの表紙や挿絵を描く時間も

楽しみのひとつなんだとか。

実際に2か月とはいえ、活動を続けたことで

絵を描くのが上手になり、

何よりもっと楽しくなったとのことです。

 

まだまだ始まったばかりの部活ですから、

やがて自分の知識や興味が広がって

新しいことにチャレンジしたくなる日が来るかと思います。

「好きこそものの上手なれ」。

新しいこともきっと好きになって

上達していくんだろうな、

とそんな印象を受けました。

(岸)

2018/07 17 TUE
入試情報【高校】

週末(21日)から夏期講習スタート!

From:岸智也

 

21日(土)からいよいよ夏期講習が始まります。

今週、生徒には夏期講習の日程を配布しています。

 

夏期講習中はふだんとは違い、

曜日に合わせて教科が決まっているわけではありません。

特に中学生は

しっかりと教科を確認して準備をするようにしましょう。

 

宿題のサイクルもふだんとは変わってくるはずです。

これは小学部ですが、

日々の宿題を小さなメモにまとめている生徒がいます。

また、「ふせんをはったら取れてしまった」という経験から

ふせんを貼ったページに

念のためページを書いておくという、かしこい子もいます。

 

課題・スケジュール管理は

社会人になってからも基本。

まずは自分なりに忘れないための工夫をしてみて下さい。

(岸)

2018/07 14 SAT
スタッフ四方山話

ダイエット効果に期待!?

From:山﨑敬二郎

 

出勤時に1Lのペットボトルを2本持参しています。

それだけでは足りず、

加糖タイプのアイスコーヒーを買ってはゴクゴク飲んでいたところ、

池田先生から「糖分の取りすぎでは」とおしかりを受けました。

たしかにその通りです。

 

それからはアイスコーヒーを買うのはやめて、

自作のものを家から持ってくるようにしました。

思いっきり濃くドリップしたブラックコーヒーに牛乳1Lを加え、

最後にダイエット甘味料のシュガーカットで甘みを加えて

出来上がりです。

1回で1Lのペットボトル2本分が作れます。

今は週に1、2回のペースで自家製カフェラテを作っています。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

2018/07 13 FRI
中学受験ブログ

算数が好調?!

From:池田慎哉

 

先日、首都圏模試の結果が届きました。

 

5年生は初めての受験専門の模試になります。

 

国語、算数、社会の塾内平均点は、

全国平均点を上回っていました。

 

いつも最初に確認するのは平均点の比較です。

 

飛鳥生が取り組む宿題、小テスト、授業の質、

個別フォローの成果など諸々の塾の評価だと考えています。

 

ただし1回だけの評価は意味がありません。

 

1年間を通して、どのくらいの伸びを示すか。

 

回を重ねる度に全国平均点を引き離すようだと、

 

勉強が良い方向に進んでいると言えるでしょう。

 

算数は例年、上昇していく傾向にあります。

 

最初の塾内平均点が低いのも一因かも。

 

入塾テストをしていないので、

算数で苦労している生徒が少なくないのです。

 

特に転塾生は、

 

算数が苦手だから転塾したという子が多いようです。

 

そういう生徒たちも含めて塾内平均点という結果は、

 

飛鳥の指導スタイルへの評価だと受け止めています。

 

 

さて、話が長くなりましたが今回の結果。

 

予想外の一言です。

 

算数の偏差値が50を越えていた生徒が14人。

 

残る2人も、あと1問正解していれば偏差値50越え。

 

こんなに良い結果は初めてです。

 

3年生から通塾している生徒たちが多いこと。

やはり基本の基本、基礎の部分はしっかりしているのですね。

 

今回の模試はどの教科も平均点が低かったこと。

実力が正確に出にくくなります。

 

難しめの問題の比率が高かったのでしょう。

 

逆に平均点がもう少し高ければ、

実力差がハッキリ出たはずです。

 

クラス全員が算数の偏差値50を越えそうな結果。

好条件が重なったからだとは思いますが、

素直に喜んでおきましょう。

 

トライアルを黙々と頑張っている成果だと、

言ってあげたいですね。

 

 

もちろん四谷大塚や日能研の模試とは別物。

受験者層が違うので、偏差値の出方も違います。

 

今回の偏差値で学校選びをするのは注意が必要です。

 

あくまでも、日々の勉強を評価する物差しとしてご利用下さい。

 

 

次回の首都圏模試は9月9日の日曜日です。

 

夏期講習を頑張るための目標としても良いでしょう。

 

勉強する場所にカレンダーがあれば、

 

赤字で大きく首都模試と書き込んで下さいね!(池田)

2018/07 12 THU
スタッフ四方山話

フィールドアスレチック

From:池田慎哉

 

休日はフィールドアスレチックのある公園に出掛けています。

近所の公園は毎週行くのですが、

たまに遠方の施設にいくことも。

丸太やロープで作られた「フィールドアスレチック」は

日本で誕生した和製英語。

海外でも同じ名称で人気だそうです。

 

よじ登ったりバランスを取りながら歩いたり。

普段は使わない筋肉を動かすので運動効果は満点です。

また運動レベルに応じてコースが設計されているので、

体力に自信がない人や幼児でもトライできます。

 

この夏は神奈川県の足柄森林公園に行く予定です。

昨年、日本に上陸したフランス産まれの森の空中遊び「パカブ」。

グロワ島の漁師さんが作った

巨大な網の中に入っての空中散歩が楽しみです。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

2018/07 11 WED
高校受験ブログ

中3は暗記の夏

From:岸智也

 

いよいよ10日後にせまる夏期講習。

先生方も気合いが入っているので、負けないようにね(笑)

 

ある日の3年生の英語の授業。

毎回行っている単語テストについてこんな話をしました。

 

合格点に達していても、

満点をとれない日が続いているなら

暗記のやり方が間違っているか、足りないかのどちらかだ。

間違った方法のままで続けてしまうと、

どの教科もつまずくことになる。

特に今年は「暗記の夏」。

一度ここで満点を取る勉強をしてみようよ。

 

なにかと暗記をさせることが多い私。

そんな私が子ども達に感じることは

「短い時間で完成させようとしている」

「家ではなく塾(つまり直前だけ)で完結させようとしている」

ということです。

 

短い時間で完成させる子は

詰め込む作業(=インプット)ばかりになるということ。

それでは何の評価も測定もできず、

「覚えた気になる」という結果だけが残りがちです。

 

短い時間で完成させようというのは

目先のテストを乗り越えようとしていること。

合格点をとって居残りを回避したい、

といったところでしょうか。

しかし、勉強の目的をそんなところに定めてしまった生徒は

残念ながら伸びが小さくなるでしょう。

 

それよりも満点をとる達成感。

そして、今日の暗記が今後に生かされるような暗記がいいですね。

 

私の理想は

自分なりの小テスト(=アウトプット)を取り入れ

「何も見ないで全部言えたんだ」という自信を持って塾にくること。

 

暗記に対する考え方ひとつで

勉強の大部分が左右されますよ。

(岸)

2018/07 10 TUE
岸のはなまるレポート

ヘリオス5L 暗記には小テスト

From:岸智也

 

今月は5Lクラスについてお届けします。

国語は水曜日と金曜日それぞれに宿題があります。

私が教室に入ると

机の上にはすでに提出する宿題が用意されています。

水曜日には漢字ノートとほーぷドリル。

金曜日には漢字ノートと語彙の本。

子どもたち自身もしっかりと管理ができています。

これからも続けて行ってほしいと思います。

 

さて、6月は四字熟語を授業で扱いました。

その後は毎回、四字熟語の暗記と確認テストを実施しています。

今後は慣用句、ことわざなど暗記ものが続きますが、

暗記と小テストの黄金コンビを何度もくり返していきます。

 

漢字テストも含め、暗記は勉強の基本だと私は考えています。

暗記するために何度も書いて覚え、

同じことを何周もくり返して覚える。

誰であれ「忘れる」わけですから。

「わたしって覚えてもすぐ忘れちゃうんだよな~」

とグチることは誰にでもできる。

そこで「もういちど覚えよう」と

目をそらさずに勉強に立ち向かっていくことが

肝心だと考えています。

(岸)

2018/07 09 MON
お知らせ

陽光通信7月号アップしました

2018/07 09 MON
岸のはなまるレポート

ヘリオス2SS 差を「つけられ」ないように

From:岸智也

 

今月は2SSクラスについてお届けします。

前期中間テストが終わりました。

平均点が40点前後と

かなり点数が取りにくかった教科もあったようですね。

でも難しかったからといって

「この点数は仕方ないんだ」

と納得してしまうのはNG。

どんな問題であっても、

解説を聞いて解き直して

自力でできるまで練習をすること。

テスト後こそみんなの真価が問われる時期です。

 

さて、6月には英検と漢検がありました。

例年に比べて2年生の受験者が多かったという印象です。

申し込んだ以上は合格に向けて準備をしますから、

その時間の分だけ周りに差をつけた勉強ができますね。

むしろ英検を受けないと周りに差をつけられる…

という考え方のほうが現状をより強く表しているかもしれません。

 

くり返し伝えていることは

中2にとって、英検・漢検ともに

あと4回しか受けるチャンスが無いということ。

3級や準2級を合格する構想でいるならば、

2年生のうちから受けていくといいよという話です。

積極的な挑戦を待っています。

(岸)

2018/07 08 SUN
ロボット教室便り

6月のロボット教室

From:池田慎哉

 

6月のベーシックは『ロボモンキー』を製作。

可愛らしい動きですが難易度は高め。

テキスト通りに組み立てたつもりでも

うまく動かないロボットも。

パーツの位置が少しズレていたり隙間があったり。

結果、負荷に耐えられず

ギア部分が外れてしまうケースが続出しました。 

 

ミドルは『チクタクロック』を製作。

振り子時計の原理を学べるロボットです。

脱進機という仕組みで落下エネルギーを振り子に伝えつつ、

振り子の運動を歯車の回転に変換します。

振り子時計が完成して動き始めると、

子ども達から歓声が上がりました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース①:

「仲良く綱渡り」

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース②:

「腕のふり幅を変更」

 

 

 

 

 

 

 

スタートアップ改造編:

「オリジナル消防車」 

1 2 3 4 5