陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2019/02 21 THU
岸のはなまるレポート

日吉中学校:陸上競技部編

From:岸智也

 

前回に引き続き、今回も引退した3年生に話を聞きました。

陸上部は短距離、長距離、跳躍競技などの中から

自分の専門を選ぶことが多いです。

彼の専門は短距離で、

「ハードなメニュー」と表現しています。

ただ彼の見る長距離の練習は自分以上のものだと感じるし、

長距離の方から見れば短距離の方がハードだと思うそうです(笑)

 

話を聞いて私が思ったのは

「陸上競技部の活動内容はバラエティに富んでいる」ということ。

ハードなものもあれば、

比較的気軽にできるものもあって実にバランスが取れている。

そこで話題にのぼったのが

「無限リレー」。

専門に関係なく10人対10人ほどで対決することで、

キツいのに盛り上がって面白いんだそうです。

自分の走順で相手を抜かせばヒーローになれてうれしい、

といった理由も。

 

「一番楽しいことは?」と聞くと、

予選会などで記録を出してそこでトップになること。

本番の時期に自分の最高潮を合わせるように

自分を高めていくのはまるでプロのアスリートだと感じます。

彼はすでに第一志望校の合格も決まり、

自分が選んだ道へと進んでいきます。

部活動をふくめた3年間の中学校生活、

おつかれさまでした。

(岸)

2019/02 18 MON
高校受験ブログ

受験生、おつかれさま!

From:岸智也

 

面接も含めて、今日までで高校入試の全日程が終わりました。

本当に、本当にお疲れさまでした。

 

今日は3Tの入試後のはじめての授業。

5日ぶりですね。

公立の発表は27日(水)。

長い間そわそわしてしまうことでしょうが、

やることはもうやりつくしたはずです。

 

今週や来週のはじめは

どの中学も卒業遠足だとか。

いっぱい楽しんでください。

(岸)

2019/02 18 MON
スタッフ四方山話

ドライフルーツ

From:奥淳

 

生のフルーツはいちごとバナナ以外あまり食べないのですが、

ドライフルーツは昔から好きでよく食べます。

なかでもいちじく、デーツ、アプリコット、パイン、

バナナがお気に入りです。

バナナチップスは色々なお店で買って試しているのですが、

上野の小島屋さんで買った

「厚切りバナナトースト」が

自分のなかのバナナチップス・ランキング暫定1位になりました。

厚切りなのに硬すぎず、甘すぎず、

量もちょうど良く友人にも薦めたほどの美味しさです。

 

一緒に買ったパインやいちじくのドライフルーツもたくさん入って

良心的な値段だったので、

近くに行く機会があったらまた立ち寄りたいと思います。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2019/02 16 SAT
スタッフ四方山話

お好み焼きの焼き加減

From:山崎敬二郎

 

前回は山崎特製サラダのお話をさせていただきました。

野菜を最後の最後まで薄くスライスするのは無理ですので、

余った野菜はお好み焼きにして食べています。

 

お好み焼き粉の裏に載っている

レシピ通りに作っているつもりですがあっさりしすぎる感じで、

いまだにいまいちの味です。

作り始めた頃は焼き加減に苦労しました。

 

レシピには

キツネ色になるまで焼けたらひっくり返す

と書いてありますが、

裏側が見えるわけでもなく

目安の時間もわからないので、

いつも片面がこげて真っ黒に。

今はIHの火力7で5分間。

ちょうどよい焼き加減が分かりました。

次はあっさり味を何とかしたいです。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

2019/02 15 FRI
高校受験ブログ

「次は君たちの番」

From:岸智也

 

今日は3年生の授業がなく、

中学生は1Tと2Tクラスのみ。

 

英語の授業では

「今年の公立問題を見た人は?」

の問いに

「見ました」

と手を挙げた子がいました。

 

受験生としてのスタート日なんて

別に決まっているわけではないのですが、

「次は君たちの番だ」

という言葉に間違いはないでしょう。

 

後期期末テストを控えている生徒は、

もちろん、そのための対策を。

後期期末テストを終えた生徒は、

まずは5月に受ける模試の長文問題を。

今年は他のどの受験生よりも、

たくさんの長文を読んでもらいます。

(岸)

2019/02 15 FRI
中学受験ブログ

中学受験の価値

 

 

From:池田慎哉          

 

昨日は、卒業する6年生に英語を教えました。

 

中学受験を終えた生徒たちは、

 

ずいぶん大人な顔つきや雰囲気になっていました。

 

たった2週間前の入試が昔のことに感じます。

 

 

勉強に対して自信を持って取り組むことや、

 

努力して得られた達成感を、

 

何度も経験しながら過ごしてきた数年間。

 

 

飛鳥での受験勉強が特別なものだと感じて下さった親御さんや、

 

飛鳥で中学受験をしてみて本当に良かったと言ってくれた生徒たち。

 

『中学受験して良かった』

 

この言葉を噛みしめて今年も指導にあたりたいと思います。

 

中学受験はお子さんにとっても親御さんにとっても、

決して軽くはない負担があります。

 

もちろん、勉強面は塾のやり方次第で前向きなものにできます。

 

でも模試の結果に振り回されたり、親子での衝突があったり、

 

学校選びで悩んだり、、、、、、

 

他にも習い事の調整や受験直前期のトラブルまで、

 

乗り越えるべきハードルはたくさんあります。

 

 

その分、より強く逞しくなることもできるでしょう。

 

親子が向き合う経験も得難いものです。

 

お子さんの成長を感じる瞬間も何度も訪れます。

 

 

そんな中学受験ができるなら、

 

お子さんの進路の選択肢として中学受験を考えるのはアリでしょう。

 

中学受験を担当しながら、

 

私自身は『中学受験』が無条件で正解だとは全く思っていません。

 

中学受験をして後悔をするケースも耳にします。

 

途中で進路変更するケースも少なくないようです。

 

中学受験であれ、高校受験であれ、

 

どのように勉強をするか。

 

どのように目標に向けて頑張るか。

 

受験勉強や志望校とどう向き合うか。

 

それが全てではないでしょうか。

 

 

◇「良い中学受験をしてほしい」

 

中学受験が正解なのではなく、

 

その過程が価値を決めるものではないでしょうか。

 

もちろん結果を求めるのは当然です。

 

頑張ったんだからこそ合格を掴んでほしい。

 

チャレンジ受験をする生徒がたくさんいる塾です。

 

なんとしても合格の可能性を高めたいと指導しています。

 

でも、

 

価値を決めるのは親御さんであり、お子さんだとも思っています。

 

第一志望に合格だけが最高の結果ではなく、

 

中学受験して良かったという言葉を聞けることも、

 

同じように嬉しく思います。

 

 

一人ひとりの子ども達と向き合うことが、

 

より良い指導、より良い勉強になる第一歩です。

 

「飛鳥での中学受験は正解だった」となるように、

 

今年も子ども達と一緒に勉強していきます。(池田)

 

追記

 

2月に入り外部の方からの学習相談や入塾相談を多く受けています。

 

満席になっている学年の学習相談も複数ありました。

 

中学受験ってどんなものか知りたいという声に応えて、

 

ご相談を受けています。

 

どんな塾であれ知っておいて損のない受験情報や、

 

勉強の仕方や学校選びのポイントなどもお伝えしています。

 

小学生の勉強に関してお役に立てれば幸いです。

2019/02 14 THU
スタッフ四方山話

新春ボウリング大会

From:岸智也

 

友人たちと新春ボウリング大会を開催。

ボウリングの頻度は減ってしまいましたが、

年に数回は機会をつくっています。

ボウリングには「アメリカン方式」というルールがあって、

これなら隣り合う2レーンを行き来することで

スムーズなゲーム進行ができます。

(受付で申し込めますが、混雑時は断られることもあります。)

 

その日は悪ノリもあってなんと10ゲームもプレイ。

「ポケット」という、

ストライクとなりやすい位置にボールが当たるのに

なぜか1ピン残る事態が立て続けに起きるときがあります。

そんなときこそ冷静にスペアを取り続け、

我慢することがスコアを落とさない秘訣ですね。

 

運動不足もあって疲れていたはずなのに、

最後の10ゲーム目がハイスコアだったのは

ちょっとだけ自信になりました。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/02 13 WED
中学受験ブログ

2019年 中学受験 入試結果

中学受験合格校&入試状況

早稲田    1名   学芸大学世田谷      1名

香蘭女学校  1名   鎌倉女学院      1名

浅野     1名   法政二         2名

日大日吉   1名   都市大等々力S特選   1名

田園調布学園  1名   カリタス女子       3名

青稜      2名   青稜(特待生)     1名

山脇学園    1名   神奈川学園        3名

関東学院    5名   文教           3名

実践女子学園 1名   昭和女子          1名

捜真女学校  1名   玉川聖学院       1名

北鎌倉女子  1名    聖学院アドバンス   1名

埼玉栄          1名    海陽                  1名

 

入試状況

◇お試し受験について

12月と1月入試でお試し受験は0でした。

2名が受験しましたが、

どちらも合格校次第では進学予定。

通う意志のない学校を含めて全員合格ではなく、

全員が進学希望の学校を受験して合格です。

 

◇チャレンジ受験について

自分の学力より高い学校を受験することを、

一般にチャレンジ受験と言われています。

 

飛鳥ではチャレンジ受験を特段推奨していません。

しかし反対もしていません。

ご家庭の方針ですることもあれば、

生徒本人の意志の場合もあります。

チャレンジ受験に際しては合格の可能性は、

早い段階でご家庭と塾とで相互に確認しています。

学力の向上で合格の可能性が高まるごとに、

情報を共有しています。

ほとんどのケースは過去問で、

合格最低点を1度でも越えての受験でした。

 

受験日程次第では、

無謀な受験ではなく文字通りチャレンジでした。

 

チャレンジ受験を繰り返した結果、

希望の進学先を確保できないケースは、

とても残念です。

そのようなケースは、

飛鳥の現体制では1度もありません。

 

◇志望校について

悔いのない受験をすることをモット―に、

学校選びで悩まれる親御さんがたくさんいます。

 

今年も1月になって受験先を変更して合格、

進学することになった生徒が2名います。

最後の学力の伸びと本人や親御さんの決断で、

進学先が決まりました。

 

3年間願い続けた第一志望校に合格した生徒も複数います。

模試の偏差値から5以上高い学校に合格した生徒や、

10以上高い学校に合格した生徒もいました。

 

チャレンジ受験したうち4名の生徒は、

第二志望の学校に進学しますが、

4人とも第二志望校でも本人の偏差値より上の学校です。

過去問では合格の可能性が充分あったとは言え、

「よく合格したなぁ」というのが素直な感想です。

高倍率の学校が多数ありました。

 

16名全員が最後の受験まで頑張り抜いたことも、

素晴らしいことでした。

転塾してきて勉強量が大きく増えた生徒、

飛鳥に3年間通って段々と勉強量が増えた生徒。

最後の数カ月で突然、勉強量が増えた生徒。

様々な生徒たちの性格や個性に合わせて、

指導を続けてきました。

 

受験勉強を終えて、

まだまだ勉強を続けたいと言ってくれた生徒が何人もいます。

毎年恒例の飛鳥ロス。

このハードな中学受験を終えて、

もっと勉強がしたいという気持ち。

それこそ、

飛鳥の勉強に対する姿勢を表しています。

 

『前向きにがんばる』

 

他にも、この経験から身に着けた有形無形の力で、

進学後も頑張ってほしいですね。

 

さて、英語と数学の中学準備講座に参加希望の生徒は、

明日からまた飛鳥で勉強です!

楽しくいきましょう!!(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/02 13 WED
お知らせ

陽光通信2月号アップしました。

2019/02 10 SUN
岸のはなまるレポート

ヘリオス3T 本番で必要なこと

From:岸智也

 

今月は3Tクラスについてお届けします。

いよいよ2月となりました。

こんなに重い「2月」は初めてかもしれません。

人によって、

または教科によって、

レベルアップを実感できずに思い悩む時間もあったはずです。

その焦りすらもなんとか原動力にしなければいけない。

そんなつらい日々をよく頑張ったと思っています。

それだけでも十分、

立派だとほめてあげられます。

 

今年の受験生はとりわけ

「言われたことをきっちりやる」

という子が多かったように感じます。

その反面、

自分のなすべきことを順序だてることが

ちょっぴり苦手な子が多いような印象でした。

講師一同もそのことを共有し、

軌道修正をさせながら

一丸となって支えられたと思います。

 

さて、いよいよ勝負。

本番では緊張するからこそ

練習した通りにやるというのが重要になってきます。

関数の式を図中に書く、

選択肢に線を引く。

特別なことはしなくていいんです。

深呼吸をして、目の前のことに集中してください。

見直しも忘れずに。

(岸)

1 2 3 4 5