陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2018/05 23 WED
ココロに効く本棚

科学のミカタ

From:池田慎哉

 

 

 

 

 

 

 

元村有希子著 / 毎日新聞出版 1,620円

 

~内容紹介(出版社HPより)~

 自然現象や環境問題、宇宙や医療、

生物、物理、化学など

私たちは日々、最先端研究から日常の科学の話題に触れている。

だが、どう受け止め、

どう理解すれば安心して暮らせるのだろうか。

知ってるようで知らないこと、

知らないと困る科学の話を『理系思考』や『気になる科学』など、

文系人にもわかりやすく、

解説することで定評のある著者が解説。

好評科学エッセイ最新刊!

------------------------

小学生の頃にやってみたかった習い事が理科の実験教室。

白衣を着て実験する姿に憧れがあったのでしょう。

習い事の希望はかなわず、

学年が上がるにつれ科学の面白さより

勉強としての理科に興味が薄れていったのを覚えています。

科学の世界は、驚きや発見に満ちて楽しい世界だったはずなのに。

 

今、教室で小学生が理科を勉強する様子をみていて感じるのは

リアリティがないこと。

かれらにとっては身近なはずの理科でさえも

遠い世界のようになっています。

「クジラの足は何本ですか?」

そう真顔で質問した生徒は

頑張って理科を得意科目にしたのだけれど、

そもそも理科への興味が薄いことが残念です。

面白いことが多い時代だからこそ、

もっと積極的に理科の世界を伝えていかないと

子ども達には届きません。

 

ニホニウムやチバニアン、そしてAIなど、

本書は入試の時事問題に出そうなテーマが

ニュース記事よりも深く掘り下げられています。

ただ一つの注意点が子ども向けではないので、

スラスラ読めるとは言い難いところ。

ですが内容は◎。

高学年の生徒にはぜひトライしてみてほしいですね。

(池田)

2018/05 21 MON
入試情報【高校】

近隣付属校について~法政二、日大日吉、中大横浜~

From:奥淳

 

2020年度の大学入試改革の影響による大学附属校の高い人気は、

中学受験・高校受験ともに今年度以降もしばらく続きそうです。

 

高校入試における元住吉近隣人気附属校としては、

慶應、法政二、中大横浜、日大日吉の4校がまず挙がります。

なかでも法政二、中大横浜、日大日吉の3校に関しては

第一志望で受験する場合には

「推薦入試」や

法政二高の「書類選考入試」と言われる、

中学校の内申によってほぼ合否が決まる選考方法が採られていますが、

いずれの学校もその合格基準はオール5に近いものになっています。

 

この基準に残念ながら届かなかった場合は

「オープン入試」となります。

「オープン入試」は入試の点数によって合否が決まるため、

内申は関係ありません。

以下、近隣3校の昨年度の「オープン入試」の結果をまとめました。

 

 

 

オープン入試は学校独自の出題によるため、

難易度や合格最低点などは学校ごとによって異なりますが、

当然のように公立入試問題より難易度ははるかに高く、

全県模試の偏差値は英数国とも70近くでないと厳しいです。

現在の法政二のオープン入試の受験者は公立高校では横浜翠嵐、

川和、多摩などと言ったトップ校との併願者ばかり。

倍率からも相当な学力を備えていなければ難しいことがわかります。

 

3校の中でH30年度の競争率が唯一下がっている中大横浜は、

H29年度から入試方式が変わったことにより、

併願優遇での受験者数が半分近く減ることになりました。

それによってオープン入試の合格枠が増えています。

とはいえ難易度が下がっているわけではなく、

やはり学力的には法政二と同程度は必要です。

 

いずれの学校にしても、

第一志望の生徒がまず考えることは

「内申をオール5に近づける」こと。

ただし、オープン入試に必要な学力は一朝一夕では身につきません。

内申対策ばかりに気をとられずに、

その先の学力を目指して努力を続けていくことが

志望校合格への道になります。

(奥)

2018/05 20 SUN
入試情報【私立中学】

神奈川大学附属中学校 

From:山﨑敬二郎

 

昭和60年、男子校として創立。

「質実剛健、積極進取、中正堅実」

を建学の精神とする週6日制の完全中高一貫の中等教育学校です。

全生徒がパソコン部の部員であるかのように

校内のIT化が進んでいます。

 

▼神奈川大学附属中学校を知るための「4つのキーワード」

◆【ITC教育】・・・さまざまな教科で積極的にiPadやPCを活用。

全教室にWi-Fiと電子黒板が設置されている。

他にも全生徒にOffice365のアカウント配布や

e-ラーニングシステムの導入など、

列挙しきれないほどICT学習環境は整っています。

 

◆【週末確認テスト】・・・

金曜日の1限に週末確認テスト(WET)を実施。

基本的な学習理解のチェックをすることで

生徒の遅れを見逃しません。

理解度が不十分な生徒には、

土曜の午後に「勉強会」を実施。

長期休業期間中には英語・数学の遅れを取り戻すために

指名補習が行われるなど、

きめ細かく学習状況をチェックしていきます。

これで何人もの飛鳥卒業生がすくわれました。

補習常連だったSさんは東京理科大へ、

今年高校卒業のD君は千葉大学へとそれぞれ進学しました。

 

◆【職員室】・・・

「成長期」と位置づけられている

中1・中2の教室のあるフロアの真ん中に、

担当の先生方の職員室があります。

先生が生徒たちのすぐ近くにいて、

1対1の関係で向き合い、

親身に見守れる環境を大切にしています。

距離のない温かな信頼関係を築くことを第一歩に、

子供たちの知力と健全な心を育んでいきます。

卒業生によると、

どの先生方も熱心に指導してくれるとのことです。

 

◆【中学での校外学習】・・・

地域調査、スキー教室、奈良・京都校外学習、

東北ファームステイ、芸術鑑賞教室、防災教室、

福祉体験学習、普通救命講座、英国語学研修など

多くの校外学習の機会を設けています。

高校ではいくつかの海外研修が用意されています。

 

今年度の大学進学実績は、

国公立大へ東大2名を含む57名、早慶上智理科大へ103名、

GMARCHへ209名、

系列の神奈川大へ37名という結果でした。

(山﨑)

 

▼学校情報

◇℡:045-934-6211    ◇生徒数:671人(中学合計)

◇偏差値:四谷大塚・・・56~58 首都圏模試・・・66~67

◇卒業後の進路:大学78%、就職・進学準備21%

▼入試情報

◇入試日:2月2日、2月3日、2月5日(全3回)

▼説明会等

◇入試説明会:10月の毎週土曜日・11月7日・15日・12月8日

◇学校見学会:6・7月の毎週土曜日・9月15日・11月10日・17日・

12月25日 

◇文化祭:9月29日・30日

 

※記事の内容は掲載時の物です。

 

2018/05 18 FRI
岸のはなまるレポート

ヘリオス小学部・中学部コンクール

From:岸智也

 

ヘリオス中学部は今週がコンクール本番でした。

ヘリオス小学部は来週がコンクール本番となります。

  小4:24日(木) 4科

小5・6:23日(水) (英)、社

      25日(金) 国・算・理

各教科の暗記中心のテストとなります。

授業内でも練習の時間をとっていますが、

原則は家で暗記するものです。

 

たっぷりと時間をかけることと、

自分なりにでも「覚えたぞ」という自信をもって

本番に臨むこと。

 

浮かない顔をして本番に臨む、という事態にならないように・・・

(岸)

2018/05 18 FRI
岸のはなまるレポート

南加瀬中学校:女子ソフトテニス部

From:岸智也

 

近隣中学のテニス部をもうすぐコンプリートしてしまいそうです(笑)

テニス部の人気の高さがうかがえます。

男子と女子で分かれているなかで、

女子は2面のコートが使えるとのこと。

試合形式の練習がなによりも楽しいということは、

全テニスプレイヤーの総意なのかもしれませんね。

 

新たな仲間である1年生も加わり、

活動が始まっているようです。

取材に協力してくれた生徒は、

月に2~3回はある「遠征」が大変だと話してくれました。

JR横須賀線の新川崎駅から大船や横須賀方面への遠征が中心で、

重たい荷物もあってなかなかしんどいとのこと。

 

その他の部活でも、

片道1時間近くの場所まで遠征することもある

という話を聞いています。

遠征先がたくさんあるのは、

それだけ学校数が多く交通網の発達している

川崎エリアならではですね。

仲間内だけだとどうしても成長が頭打ちしてしまいますし、

練習環境の異なる相手との対戦はいい刺激になるはずです。

もしくは「電車が苦手だ」となれば、

将来の学校選びにも影響を与えかねず、

遠征のおかげで克服できた!

ということもあるかもしれませんよ。

 

そしてこれもみんな話してくれますが、

特にダブルス競技においては仲良くなれることがうれしいですね。

練習中は真剣そのものですが、

休憩のときの何気ない会話も楽しみの一つだとのことです。

(岸)

2018/05 18 FRI
中学受験ブログ

複数回受験の注意点

From:池田慎哉

 

 

今週の土曜日は小学校の運動会が多数あるようです。

 

該当する生徒には確認テストを配布します。

 

ご家庭で解く場合も、テスト時間厳守でお願いします。

 

振替休日の来週月曜日は、

 

2時半~4時半まで303教室をテスト用に開放します。

 

希望者は2時半に集合して下さい。

 

 

さて、暑い日が続きますが週末は私立中学のイベントも盛況です。

 

保護者向け説明会だけでなく、

 

生徒向け体験授業や部活体験などもあります。

 

気になる学校があれば、ぜひ足をお運び下さい。

 

 

お知り合いからの情報やネット等の口コミとは、

 

また違った印象を受けるかもしれません。

 

同じ学校に2度行くのも良いでしょう。

 

いくつもの学校を回った後で、

 

2度目の学校に行くと評価が変わることがあります。

 

複数の学校を比べてみてメリットが分かることもありますから。

 

 

学校選びでは偏差値も目安になるでしょう。

 

そこで注意してほしいのが入試回ごとの偏差値。

 

細かく言えば偏差値より難易度ですね。

 

現在の入試では複数回受験を実施する学校がほとんど。

 

難関校でも複数回実施がスタンダード。

 

 

受験回によって、難易度が大きく異なる学校が多数あります。

 

基本的に午後入試は午前に比べて合格難易度は高くなり、

 

第1回より後ろになればなるほど合格難易度は高くなります。

 

これは傾向ですので例外も少なくありません。

 

学校側は入試問題のレベルは同一だと説明して、

 

複数回受験を勧めます。

 

しかし、現実は入試倍率などの要因もあるので、

 

問題レベルが同じだから合格難易度も同じになる訳ではありません。

 

 

さらに難しいのは合格者の入学手続き状況により、

 

後ろの受験回では合格者数を調整する可能性があること。

 

出願する際に募集定員と受験者予定者数から、

 

合格の可能性を予測しきれないのです。

 

いざ、試験が終わって合否発表を見てみたら、

 

予定の合格者数より驚くほど多く合格者を出していて、

 

実質倍率が例年より大きく下がっていた。

 

そんなこともありました。

 

 

受験回によって合格難易度は異なることが多いという点。

 

おまけに手続き状況による不確定要素もあること。

 

学校選びをする際、

 

その中学の一番低い偏差値で考えずに、少し幅を持たせて検討してみて下さい。

 

 

この学校なら抑えになると甘く考えると、

 

思わぬ結果になるかもしれません。

 

幸いにも後ろの回で第一志望に合格した生徒の話ですが、

 

本人も親御さんも抑えのつもりで受けた学校で不合格なんてこともありました。

 

 

もちろん、入試の機会が増えることは有難いことです。

 

頑張っている生徒に少しでも可能性を広げてあげたいですから。

 

思わぬ落とし穴にはまらぬよう、

 

これからも正しい知識と客観的評価で判断できるように、

 

保護者様のお手伝いができればと思います。(池田)

2018/05 16 WED
スタッフ四方山話

ネモフィラの丘

From:池田慎哉

 

絶景スポットの写真集が大好きです。

「一度は行きたい世界の絶景スポット」

なんてタイトルだけで心が踊ります。

 

先日、初めてそんな絶景スポットに行ってきました。

茨城県の国営ひたち海浜公園にある

「ネモフィラの丘」です。

ネモフィラというのは和名を瑠璃唐草という、

青い花を咲かせる植物。

それが一面に咲いています。

 

丘の斜面を写真に撮ると、

ネモフィラの青と空の青、

さらに海の青とが絶妙なグラデーションに。

これは確かに一見の価値ありです。

ただGW中だったこともあり、

観光バスが行列をつくる込み具合だったのが少し残念でした。

海浜公園はテーマパークになっていました。

また遊びに行こうと思います。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/05 16 WED
高校受験ブログ

5月 6月の予定/前期中間テスト”直前”対策講座

From:奥淳

 

先週末は住吉中、井田中、今井中など

大半の中学校で体育祭があったため

週明けに塾に来た生徒たちはみんな日焼けしていましたね。

暑い中お疲れ様でした。

今週末は苅宿小、住吉小、東住吉小など

小学生の運動会があるようです。

今のところ、雨が少し降るかもしれない?予報ですが

晴れるといいですね。

 

5月〜6月は体育祭や修学旅行等、学校行事も多く

また前期中間テストがあるため

意外と忙しくなる時期です。

塾でも、試験対策授業、英検・漢検、全県模試、学力テストなど…

小学部と中学部のカレンダーのリンクを貼ってありますので

ご家庭でも先々の予定を確認しておいてください。

 

ひとまず今週は中学部コンクール

来週は小学部コンクール、中3全県模試

その後は順次、試験対策授業を開始していきます。

 

また、外部の方向けに「前期中間テスト”直前”対策講座」を実施します。

 

◇対象:中1、中2、※中3クラスは満席のため募集していません。

◇期間:5/28(月)〜各中学の試験終了まで

◇費用:3000円

◇申込:お電話にてご連絡ください。

 

▼曜日/時間

中1基礎クラス…月、火、木/19:25〜21:35 ※月のみ〜21:20

中1応用クラス…火、木、金/19:25〜21:35 ※金のみ〜21:20

中2基礎クラス…月、水、木/19:25〜21:35

中2応用クラス…月、水、金/19:25〜21:35

 

5月・6月/ヘリオス小学部・中学部のカレンダーかコチラから

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=t0ohctkojltg1hqk8526ji6u18%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo

2018/05 14 MON
スタッフ四方山話

週刊キャプテン翼

From:奥淳

 

年始に静岡の実家に帰ると、

リビングに見慣れない新聞?が置いてありました。

タイトルは「週刊キャプテン翼」。

どうやら購読しているスポーツ新聞の付録のようです。

中面は新聞サイズに拡大された

キャプテン翼の漫画が掲載されています。

 

懐かしい思いで読んでみると、

昔の漫画ならではのめちゃくちゃなストーリーは

つっこみどころが満載です。

翼くんは赤ん坊のころ、トラックにひかれても

サッカーボールがクッションになって無傷だった、

なんてエピソードがあったんですね(笑) 

 

この週刊漫画は

「あしたのジョー」「タイガーマスク」「キャプテン」

の次がまさかの「課長島耕作」と続いてきたそうです。

スポーツだけではないんですね~ (奥)

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/05 12 SAT
スタッフ四方山話

日本で2番目に・・・

From:岸智也

 

カレーの辛さが5段階あったら何を選びますか。

僕は辛いものが好きなので4です。

初見で5を選ぶ度胸は僕には無い…。

そんな僕の目にとまったのが『日本で2番目に辛い柿の種』。

(なんだこの名前は。1番じゃないのか…?)

と思ってしまった時点で

もう名付け親の術中にハマっていたのでしょう。

 

娘の動向を気にしながら、

封を開けるもにおいはふつうの柿の種。

食べても1口目は辛くない。

でも1.7口目くらいでキました!

ジワジワ~ではなくってピリピリッとした鋭い痛みに、

あれよあれよと麦茶が減っていきます。

 

ただ、慣れてしまえばおいしいと思える。

自分で言うのもなんですが、

辛いもの好きの思考回路って不思議です。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5