陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2021/01 22 FRI
ココロに効く本棚

ファクトチェック

From:池田慎哉

 

 

 

 

 

 

 

 

 立岩陽一郎/著(講談社 1,430円)

 

~内容紹介(出版社HPより一部抜粋)~

この本でお伝えするのは、ニュースや新聞、

あるいはネットから流れてきた情報が、

はたして正しいのか、

間違っているのかを見極めようとする技術であり、態度です。

情報の真偽を確かめる「ファクトチェック」を身につけることは、

コロナと共生する社会を生きるうえで必須となります。

------------------------

忘れもしない小学校の廊下での記憶。

友人のナガシマ君がこそっと教えてくれました。

「もうすぐ地球は滅亡して、人間は全員死んでしまうんだよ」。

9歳の私はこの世の終わりを覚悟し、

不安におののいたのを強烈に覚えています。

後になって分かったことですが、

これはチェルノブイリ原発事故のニュースを受けてのことでした。

友人は信じて疑わなかったのでしょう。

もちろん私自身も。

 

現代でも同じことが起きています。

インターネットでの情報拡散のスピードが増した近年、

さまざまな社会問題が報じられると同時に

真偽不明の情報も目にする時代になりました。

意図的に誤った情報を流すことさえある時代だからこそ

メディアリテラシーの必要性が叫ばれています。

そこで重要になるのがファクトチェック。

まずは事実かどうかを冷静に判断する姿勢が必要です。

身近なところで言えば入試情報や

各中学校の出来事についての憶測や噂話が、

まるで事実であるかのように私のところにまで流れてきます。

 

本書はコロナ禍に絞った内容ですが、

日常生活にも必要な知恵が詰まっています。

正しく理解して、正しい対応を実践する一助となる一冊です。

(池田)

2021/01 20 WED
入試情報【高校】

高校入試:面接での受け答えについて

いよいよ高校入試が近づいてきました。

現行の入試制度では、

公立志望の場合は全生徒、

私立志望でもほとんどの生徒に面接が課されます。

公立の場合は、面接も内申や学力検査のように得点化され、

入試の合否に関わってきます。

 

ヘリオス中学部では1月から面接練習をしていきます。

入退室や着席時の姿勢、所作など気を付けるポイントを指導します。

しかし面接を受けるのは人生で初めてという子も多く、

なかでも不安をもちやすいのはどんなことが聞かれて、

何を話せばいいかだと思います。

そこで、今回は「面接での受け答え」についてまとめていきます。

 

▼入試面接で聞かれやすい質問項目

◇将来系              

・本校を志望した理由        

・本校で頑張りたいこと       

・卒業後の進路について       

・将来、どんな職業に就きたいか   

 

◇ 中学生活系

・中学在学中、学習面で頑張ったこと

・中学在学中、学習面以外で頑張ったこと

・中学在学中、特にがんばったこと

・中学在学中、特に心に残ったこと

 

◇弱点克服系           

・あなたの長所と短所        

・短所を直すために重ねた努力    

・あなたの得意科目と不得意科目   

・不得意科目に対して重ねた努力   

 

◇ 時事、教養系

・最近気になっているニュース

・最近読んだ本

・最近感動したこと

・あなたの尊敬している人物

 

面接はおおむね10分程度のものが多く、

質問項目は5問~7問だと言われています。

そのほとんどで重視され、

ゆえに最も伝えるべきことはズバリ「意欲!」。

つまり、自分の頑張りたいことです。

「高校では〇〇を頑張りたいです!

  なぜなら私は将来△△になりたいからです」

「中学校では□□を頑張ってきました。

  高校ではさらに〇〇を頑張りたいです!」

 

さらにこれらを明確に伝える「具体性」も大切です。

「なぜその高校を選んだのか」、

「具体的にどんな努力をしていくのか」をはっきり示すには、

高校の取り組みを調査したり、

職業についての研究をしたりするとよいでしょう。

 

中1、中2のみなさんも

中3になれば説明会に行く機会が増えます。

自分の頑張りたいことをはっきりさせておくと、

説明会の見方や聞き方がグッと良くなるはずです。

もちろんそれがいい面接にもつながっていきますよ。

(岸)

2021/01 18 MON
入試情報【私立中学】

東京農業大学第一中学校

From:山崎敬二郎

 

「質実剛健」「自主独立」を校訓に、

「知耕実学」を教育理念として昭和24年に創立。

平成17年に中学部を開校。

授業は朝読書から始まります。

数学は習熟度別授業、英語はクラスを2分割しての少人数授業。

理科は半分以上を実験室で行い、

実験のたびにレポート提出を課しています。

主要教科は単元ごとに確認テストを行い、

不合格者は放課後に補習や再テストを実施することで

苦手な分野は早い段階で担当教師がフォローアップしてくれます。

授業は週6日制です。

 

▼東京農業大学第一中学校を知るための2つのキーワード

◆【実学教育】・・・

人間としての総合的な成長を促すことを目的に

総合学習の時間に行われます。

探求心を育むための「課題研究発表」は

生徒が興味・関心に基づき決めたテーマについて、

1年以上かけて研究・考察し、論文にまとめます。

問題解決力を育む「エナジード」では

将来の社会的・職業的自立に向けたキャリア教育を実施。

知を耕し深める「一中一高ゼミ」では

学年、教科の枠を超えた少人数のゼミで

ディベートやプレゼンを行い、表現力の育成を図ります。

今年からJAXAと連携したゼミも新規開講しました。

 

◆【体験学習】・・・

田植え、除草、稲刈りまでを体験する「稲作実習」。

自分で収穫したご飯の味は格別なおいしさだそうです。

大学の研究施設で行う「お米の科学」。

食品加工技術センターでの「味噌づくり」。

「醤油を科学する」では大学での講義や

工場見学、菌の培養の観察などを科学的に検証します。

「北海道自然体験研修」では、網走・知床を訪れ、

ジャガイモやトウモロコシの収穫、

新巻鮭づくりから水産加工を学びます。

 

今年度の高等部卒業生の大学合格実績は、

国公立大62名、早慶上理大84名、GMARCH249名です。

系列の東京農業大の推薦入学者数は14名になっています。

系列大ヘの推薦制度を活用すると他大学受験ができませんので、

利用する生徒は少ないようです。

中学部は5クラス、

高校部は高入生を含め10クラスになりますが、

中入生と高入生は別カリキュラムで

同一クラスになることはありません。

完全中高一貫となります。

(山﨑)

 

▼学校情報

 ◇℡:03-3425-4481

 ◇生徒数:549人(中学合計)

 ◇偏差値:四谷大塚・・・59~62 首都圏模試・・・67~70

 ◇卒業後の進路:大学78%、浪人22%

▼入試情報

 ◇入試日:2月1日午後(2科)、2月2日午後(2科)、2月4日午前(4科)

  ※2科入試は算国または算理です。

▼説明会等

 ◇説明会:1月10日(日)動画配信

 

※記事の内容は掲載時のものです。

2021/01 16 SAT
スタッフ四方山話

My Favorite Things ベスト3

From:菅野伸一

 

お気に入りの品物や作品等をご紹介している

陽光通信の隠れた?人気コーナー「My Favorite Things」。

せっかく年が変わったタイミングなので、

2020年のご紹介リストから

「特に良かった!ベスト3」を発表していきます。

 

まず3位は…「ラーメンコショー」!

コショウの刺激とガーリックのパンチ、

オニオンの旨味がどんなラーメンとも相性ばっちりで。

もはやこのコショーを味わうために

ラーメンを食べている感覚になるぐらい好きです。

 

そして2位は…「リブふわWマスク」。

ワイヤーが鼻と口もとの2本入っているので、

つけていてまったく苦しくないんですよね。

姉妹商品で「リブふわマスク」という

ワイヤー1本タイプがありますので、

お買い求めのさいはご注意ください。

僕は間違えて3箱買っちゃいました。笑

 

ラスト1位は…「まごチャンネル」です。

実家のテレビに端末をコードでつなぐだけで、

こちらがアップした子どもの写真を大きな画面で

いつでも見てもらえるという、

会いたくても会えない今の状況にぴったりの品。

妻の両親も「まごチャンでいつも会っている気になれる」

と喜んでくれています。

以上2020年のベスト3でした。

今年も「コレは!」を厳選してご紹介していきますね。

(菅野)

2021/01 14 THU
スタッフ四方山話

IMAXレーザー

From:岸智也

 

「劇場版鬼滅の刃」、とうとう観てきましたよ!

公開から2か月も経つというのに

いまだに満席の回があるのだからスゴイですね。

個人的に感動したのはなんといっても煉獄さん…もですが、

IMAXレーザー版を選んだことで迫力が何倍にもはねあがったことです。

 

高画質の映像に加え、

12個ものスピーカーを使用して臨場感を演出しているのだそうです。

映画館というよりもまるでアトラクションです。

座席もギュゥゥン!と動くんじゃないかと思いました。笑 

IMAXレーザーを導入している劇場はまだまだ少ないようですが

+500円でこれだけ違うのであれば、

これからは全部IMAXレーザーにしようかなと思ってしまいます。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/01 12 TUE
スタッフ四方山話

ステイホームの工作

From:池田慎哉

家に居る時間が長くなると、子どもの過ごし方に工夫が必要です。

特に困るのが未就学児。

何を与えてもすぐに飽きてしまうので。

そこで父親の出番だと工作に励むことにしました。

 

まずはダンボールで天秤を制作。

気に入ってくれて1週間以上も飽きずに遊んでいました。

次にガチャガチャを制作。

微調整を繰り返してカプセルが1個ずつ出るようになり完成。

そして年末はお魚の浮沈子(ふちんし)を作りました。

水圧と浮力の関係でペットボトルの中を魚がスイスイと上下します。

アルキメデスとパスカルの原理を利用した有名な科学実験で、

子ども向けの工作としてもオススメ。

陽光の授業でも見せてあげたいですね。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/01 12 TUE
お知らせ

陽光通信1月号アップしました。

2021/01 10 SUN
高校受験ブログ

ヘリオス3ST 受験まで残り1か月

From:吉村実夢

 

今月は中3STについてお届けします。

受験が近づくにつれて、

みんなの表情や教室の空気が変わってきました。

マイデスク(月)やリピート英数/ハイレベル英数(木)に加えて

11月からは土日入試対策講座も始まり、

毎日塾に来て勉強することが定着してきましたね。

冬期講習では公立は5教科、

私立は3教科とそれぞれ分かれ、

自分が目指すところに向けて入試予想問題演習や

入試過去問に取り組みました。

1月もそれぞれに合わせた勉強を進めていきます。

 

私が担当する社会は連日、

過去問を宿題として解説していました。

だんだん問題の流れや出題形式にも慣れてきています。

前回よりも点数が上がると小さくガッツポーズをしていたり、

1点でも下がると「次は上がるように頑張る!」と燃えていたり。

できることが目に見えて分かると嬉しいし、もっとやろうと思う。

苦手なことに直面したとき、

少しでもできるようになりたいと思う。

このクラスはそんな気持ちを持っている生徒が多くいます。

 

新年がスタートして受験まで残り約1か月となりました。

悔いが残らないようにあともう少し、一緒に頑張りましょう!

(吉村)

2021/01 09 SAT
高校受験ブログ

ヘリオス6L 今年から中学生!

From:岸智也

 

今月は小6Lについてお届けします。

6年生の単元学習が終了し、

算数と国語については中学への準備期間としての取り組みに

切り替わっています。

 

算数については新しいテキストを使って

「割合」「速さ」といったつまずきやすい単元や、

「売買損益」、「単位変換」など

中学生になってからでは後戻りして学習しにくい部分の

やり直し解説を進めていきます。

 

国語も中1用の読解テキストを配り、

問題を解くうえで必要な武器をそろえていきます。

中学レベルならではの難易度の高い文章や、

小6テキストでは見られなかった条件の設問を知り、

経験を積み重ねることで中学へ一歩先んじた指導をしていきます。

 

どの教科を指導する立場であっても感じることですが、

「高いレベルの問題を解けるようになりたい」という

子どもの意欲はたいしたものです。

とりわけ今年の6Lクラスは

「中学になると『同位角や錯角』と言うようになるよ」

などについても興味を示し、

積極的にメモをとる姿勢をとれる子が多い印象です。

中学入学時に最高のスタートを切れるように頑張りましょう。

(岸)

2021/01 08 FRI
ロボット教室便り

12月のロボット教室

From:池田慎哉

 

12月のベーシックは「バーディくん」を製作。

ゴルフロボで、ボールを数メートル飛ばします。

教材としてゴルフコースの用紙が付属していましたので

ご家庭でも楽しめます。

 

ミドルは「プログラミングカー」。

これぞヒューマンアカデミーらしさ満点のロボ。

作る楽しさだけでなく考える楽しさ、

発見する楽しさに溢れ、

物理的なプログラミングを学べます。

 

アドバンスは「モゾット」。

オランダの現代アート「ストランドビースト」を彷彿させるロボです。

特徴は複雑な脚の機構。

動いている姿は人工物ではなく、まるで生き物のよう。

その分、製作は苦労します。

諦めずに組み立て続ける子ども達の様子に成長を感じました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「ホールインワンの子も」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「赤パーツが方向の決め手」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース「2台並ぶとかわいいです」

1 2 3 4 5