新着情報

2022/01 16 SUN
スタッフ四方山話

大倉山記念館

From:菅野伸一

 

晴れた日に散歩でよく訪れる大倉山公園。

特に園内にある「大倉山記念館」にはつい長居してしまいます。

東西の文化を融合してつくられた建物は独特の雰囲気で、

4階分の吹き抜け天井に配されたステンドグラスを通して

差し込む黄金色の光と、

それに照らされた鷲と獅子の彫刻の数々はいつまでも見ていられます。

 

もともとは研究所として建てられた建造物ですが、

現在は市民がイベントに利用できる公共施設になっています。

先日は合唱の発表会があったようで、

ホールからもれ出る歌声が回廊に響いて荘厳な空気が満ちていました。

貴重な文化財でありながら、

たくさんの人に現役で活用されているというのは

なかなか珍しいですよね。

内部を散策するだけでも贅沢な時間を過ごしている気分になります。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/01 14 FRI
スタッフ四方山話

実験教室のリハーサルで

From:岸智也

 

冬期講習中の小学生に向けての「水バルーン製作」実験にむけて

リハーサルを行った結果、

課題が2つ見つかりました。

一つはアルギン酸ナトリウムを水に溶かすのが大変なこと。

混ぜ棒でかきまぜると30分もかかってしまいます。

もう一つは水バルーンはちょっと力を加えるとつぶれてしまうこと。

せっかくの実験結果です。

何かしらの形に残せたら……

 

他の先生方と考えること数日。

ペットボトルにアルギン酸ナトリウムを入れて

バシャバシャ振ると溶かしやすいうえに保存もできる。

またインスタントカメラで撮影して写真をお渡しすることで

完成品との思い出を残す案が。

冬の水は冷たく手は痛かったですが、

実験授業づくりに向き合う時間はとても楽しかったです。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2022/01 12 WED
スタッフ四方山話

子どもと都道府県

From:池田慎哉

 

小1の長男が地理に興味を持ち始めました。

良い機会なので都道府県のパズルでいっしょに遊んでいます。

形や大きさを覚えるには効果的。

「北海道はでっかいどう」

「山があるのに山ナシ!」

の親父ギャグも挟みます。

記憶に残るようにエピソードも散りばめながら説明。

「高知県の四万十川で泳いだんだよ。

四万十川って言うのは……」など。

気候や郷土料理の特徴なども交えながら、

地域の特色を大きな白地図に書き込みます。

本人も楽しそうで何よりです。

子どもはその教科が好きになればぐんぐん伸びていくんですよね。

好奇心を引き出して、めいっぱい楽しめる子になってほしいです。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/12 15 WED
スタッフ四方山話

山崎先生ヒストリー⑦ 自分のハンコ

From:山崎敬二郎

 

山﨑の生い立ちストーリー第7弾。

大阪へ引っ越してから通った富田幼稚園では

「人工衛星」という遊びがはやっていて、

よく友達の足をひっかけて転がしたり

転がされたりした思い出があります。

その時の爽快感から高校3年間は柔道部で毎日転がされていました。

 

それから数か月で迎えた卒園式の日。

卒園式でクラスのみんなは

自分の名前ハンコも一緒にもらっていましたが、

途中入園だった自分だけハンコがもらえません。

そのことが悔しくて悔しくてずっと涙が止まりませんでした。

6年後に小学校の卒業式に名前ハンコをゲットできて、

とても嬉しかったことも覚えています。

たかがハンコですが、

子どもにとってはなぜか大切なものなんですよね。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/12 13 MON
スタッフ四方山話

大山の紅葉

From:吉村実夢

 

紅葉を観に大山へ行ってきました。

神奈川県内にもこんなに自然豊かなところがあるんだ

と思い知らされます。

頂上にある阿夫利神社の下社まではケーブルカーか歩きです。

ケーブルカーに乗ると6分ですが歩くと1時間かかります。

もちろん迷わずケーブルカーに乗りました(笑)。

 

山道もキレイでしたが、やはり高いところからの景色は圧巻です。

紅葉をひと通り堪能した後、

下山しようとケーブルカー乗り場を見ると長蛇の列。

結局1つ下の駅まで歩くことに。

手すりがない崖のような道を注意しながら30分。

翌日からしばらく筋肉痛が治りませんでした。

今月はイルミネーションを観に行こうと企んでいます。

また報告しますね!

(吉村)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/12 11 SAT
スタッフ四方山話

息子たちとTeNQ

From:池田慎哉

 

先月号の通信で塾長が紹介していた「TeNQ」に行ってきました。

以前から気になる場所でしたが、

息子の年齢だとまだ早いかなと。

小学生になり宇宙や星の話もするようになったので

良いタイミングでした。

科学館などに比べて

エンタメ要素たっぷりで楽しめる場所という印象です。

 

数種類あるシミュレーションゲームは

どれもチャレンジしがいがあります。

もちろん専門的な展示や解説があり学びの場としても◎。

息子は興奮の連続です。

今回、こちらを訪れた目的がもう1つ。

来年2月末まで宇宙兄弟展♯3が開催中です。

JAXAが13年ぶりに宇宙飛行士を募集することを記念した特別展。

宇宙兄弟好きは普段の何倍も楽しめますよ。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/11 15 MON
スタッフ四方山話

ネイチャーアクアリウム

From:菅野伸一

 

「TenQ」からの帰りに立ち寄ったのが

「NATURE AQUARIUM EXHIBITION」という展覧会。

水槽の中に自然の美しさと生態系を再現した

ネイチャーアクアリウムの作品が多数展示されています。

圧巻は会場の中央に配置された「ネイチャータワー360°」。

全高3.5m、周囲13m、総重量10tという緑の巨塔は

新潟で半年かけて育成したものを8分割し

東京ドームシティまで運んできたもの。

しかも8つのユニットごとに東南アジアや西アフリカ、

中南米などで自生する植物をそれぞれ使っているので

見飽きることがないんですよね。

近づいたり離れたりしながら巨塔の周りをグルグルと。

気づいたら30分以上経っていました。笑

11/14(日)で閉幕なので、

その前にもう一度行ってみようと思います。(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/11 13 SAT
スタッフ四方山話

鍋と映画

From:吉村実夢

 

一気に寒くなりましたね。

この時期から春先までは毎年恒例の「あれ」をするのが楽しみに。

「あれ」とは何か?…

そう、「鍋」です。

鍋って簡単に作れてあったまりますし、

いろんな野菜を摂れるし最高です。

私はシンプルな味が好きなので、

市販の素なら出汁系、

それか昆布出汁をとってポン酢で食べています。

 

〆はうどん・ラーメン・雑炊のどれかです。

うどんの後に残ったスープで雑炊というのも

ちょこちょこありますが(笑)

食べ過ぎてしまうのも鍋ならではですね。

鍋をつつきながら気になった映画を観るのも至福の時。

週末に3~4本は観ています。

寒暖差に負けず、今月も頑張りましょう!

(吉村)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画のお供はソニーのサウンドバー。

2021/11 11 THU
スタッフ四方山話

ドタバタな引っ越し

From:岸智也

 

10月に引っ越しをしました。

同じ川崎市内ですし、何度も引っ越しは経験しているからと

高をくくっていたら大間違い!

子どもがいる引っ越しがこれほど大変だったとは。

4歳の娘は壊れたおもちゃにもヨレヨレのシール1枚にも

バイバイができない様子。

1歳の娘は箱詰めした荷物を取り出しては投げをくり返し…

とても騒がしい日々になりました。

 

この部屋に住み始めたのは5年半前のこと。

まだ子どもはいなかったのに、いまはもう4人家族。

月日の流れの速さを感じます。

物心もつかない下の子にとっては

「覚えていない部屋」になるでしょうから、

写真をたくさん撮っておきました。

数年後にまた見返したいと思います。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2021/10 15 FRI
スタッフ四方山話

防犯対策

From:菅野伸一

 

現在、衛生対策とあわせて進めているのが防犯対策です。

防犯カメラの設置や駐輪場のシャッター稼働などに続いて、

外階段に自動施錠扉を取り付けました。

今後は2階から上に階段で上がるためには、

暗証番号入力による解錠が必要になります。

 

あわせて10月半ばにはエレベーターの稼働を

2階~5階に限定する工事も行います。

万が一不審者が侵入したとしても

2階からエレベーターに乗ることになりますので、

2階にいるスタッフが対処可能になります。

子ども達の安全を最優先に考えて

教室への動線を絞ることに致しました。

 

1階からエレベーターが使えなくなる等の

ご不便をおかけいたしますが

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

詳細は工事が完了次第、ご案内を差し上げます。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る