新着情報

2020/03 18 WED
スタッフ四方山話

3歳差の姉妹

暖冬の影響で早々と梅が咲き誇った2月、

次女が誕生しました。

智咲(ちさき)といいます。

同じく2月に生まれ、

3歳になった長女とそっくりな顔立ちでびっくり。

ただ性格はだいぶ違っていて、

次女はだれであろうが抱っこすると泣きやみます。

あとは本当によく寝る子。

ゆっくり少しずつ成長してほしいと思います。

 

一方、ちょっと遊びたりない様子の長女。

昔よく遊んだ木月小学校近くの諏訪公園まで足を運んでみました。

ラッキーなことに公園を独り占め。

パパも小さい頃によく遊んだ公園だよ

と教えるとうれしそうにすべり台を全力で30周以上。

家に帰った後はぐっすり寝てくれました。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/03 17 TUE
スタッフ四方山話

ひなあそび

From:池田慎哉

 

12月に生まれた娘のために雛人形を購入しました。

一生で一度の買い物だからとずいぶん探したのですが、

紆余曲折をへて埼玉県岩槻の東玉さんというお店へ。

そちらの頭師さんの人形のお顔が気に入ったからです。

今では珍しい草木染の技法の人形を見せてもらいながら選びました。

 

部屋に飾ると早速、

次男がお内裏様の太刀を抜いて遊んでいます。

叱りたいところですが、

お店の方から子どもが雛人形で遊んでも怒らないように

と言われています。

綺麗に飾るのも、手に取って遊ぶのも良いとのこと。

「ひなあそび」という言葉が残るように、

平安時代は子ども達の遊びから

後に儀式的な行事に発展したそうです。

菱餅や雛あられも食べて季節行事を学ぶ機会になりました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 16 THU
スタッフ四方山話

獅子舞@ショッピングモール

From:菅野伸一

 

元旦のショッピングモールでのこと。

獅子舞に遭遇しました。

横にはねじり鉢巻きを締めて

はっぴを着こなした粋な年配女性。

彼女の「イヤサー!」のかけ声と

スピーカーから流れる和楽器のメロディーに合わせて、

上に下に激しく舞い踊る獅子舞。

「これぞ日本のお正月!」

大人はスマホをかまえ、

子ども達は見慣れない獅子舞に目がくぎ付けです。

 

と、突然音楽がストップ。

おもむろにねじり鉢巻きの女性が言います。

「エスカレーターで1階に移動します」 

直立した獅子舞を先頭に20人ほどが

エスカレーターに並んで下っていく光景はシュールそのもの。

僕と娘は獅子舞のすぐ後ろの段に。

獅子舞は意外と小柄でした。笑

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 14 TUE
スタッフ四方山話

シリウスもはっきり

From:奥淳

 

年末年始は天気も良く暖かい日が続きましたね。

1月1日の夜は実家のそばにある公園の山に登り、

甥っ子姪っ子たちと天体観測をしてきました。

事前に日本気象協会で調べておいた星空指数は100と

絶好の観測日和だったようで、

オリオン座や冬の大三角形も

はっきりと観測することができました。

 

スマホを夜空にかざすと星の名前や星座を教えてくれる

「星座表」というアプリがとても優秀で、

子ども達も興味津々でスマホをのぞき込んでいました。

星空を観測&撮影するためのポイントは街灯などの明かりがなく、

とにかく暗いこと。

近場でも良いスポットがあれば行ってみたいと思います。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2020/01 12 SUN
スタッフ四方山話

子どもたちとショー鑑賞

From:池田慎哉

 

12月に長女が誕生して、

にぎやかな年末年始を過ごしました。

性別が女の子だと分かってから

最初に思い浮かんだのがアナ雪を一緒に見ること。

保育園で楽しそうに歌っている子たちの印象が強かったからです。

 

息子2人が大好きなのはしまじろう。

こちらはすでにコンサートに行ってきました。

歌あり踊りありのお芝居仕立て。

歌の場面は振り付きで一緒に歌ってOKです。

これがまた楽しいんですよね。

照れ屋な長男に代わって私が張り切って歌いました。

そのうちアンパンマンショーや

ライダーショーにも行くことになりそうです。

長女がもう少し成長して外出できるようになるまでは

DVDで楽しみます。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12 16 MON
スタッフ四方山話

安眠まくら

From:山崎敬二郎

 

最近、料理に関して手を抜いてしまっていて。

昼食は近くのコンビニで

「中華丼かシャケ弁当」+「アメリカンドッグか肉まん」

の2品をいただいています。

会計を済ませ、いつものようにお弁当を温めてもらうために

レジの横で待っていると

目に飛び込んでくるものがありました。

 

それは「安眠まくら」なるもの。

それからはレジ横から青いまくらが毎日のように

「買ってくれ~買ってくれ~」

と訴えかけてくるので、

先日とうとう買ってしまいました。

今までは昔ながらのそば殻のまくらでしたから

寝心地はまるで違います。

すっぽり包まれる感に加えて

ほどよい弾力性があり使い心地はOKです。

寝坊に注意です。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/12 14 SAT
スタッフ四方山話

絶叫のその先には・・・

From:岸智也

 

高校の友人と富士急ハイランドに行ってきました。

富士急といえば「四大コースター」と呼ばれる絶叫マシンが有名です。

今回初めて「ええじゃないか」に乗ったことで

四種コンプリートしました。

 

「ええじゃないか」は足が宙ぶらりん、

座席は回転、レーンもひねり回転という

恐ろしい邪道コースター。

後で調べたら僕の座った最後尾がいちばん怖いんだそうです。

そうとも知らず、マシンはバックしながら上昇(つまり最前列)、

その後地上に向かってファーストドロップ!

その後はもうワケがわかりません。

絶叫レベルを超えると僕は笑いだすことがわかりました。(笑)

絶叫が苦手な妻や奥先生には一生見せることのない姿でしょうね。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

2019/12 12 THU
スタッフ四方山話

サラダ三昧の日々

From:池田慎哉

 

しばらく「腰が痛いなぁ」と感じていたら膝や足首まで激痛が。

数日経っても痛みが変わらないので、

ひょっとしたら痛風じゃないかと。

風があたるだけで痛いという痛風。

自力でできることは何かと考え、

まずは食事制限をしてみることに。

糖分や高カロリーを避けてサラダなら良さそうです。

 

パプリカ、ベビーリーフ、ひよこ豆など野菜たっぷり。

唯一の楽しみがドレッシング3種類。

そんなサラダ祭りを過ごした後に病院へ。

「痛風じゃなくて椎間板が神経を圧迫していますね」

お医者さんの言葉にビックリです。

どうやら学生時代の部活で痛めた腰が原因らしい。

 

痛みがひどければ手術もありますという話も耳に入らず、

何でも食べられる嬉しさに一人パフェを食べて帰りました。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

2019/11 16 SAT
スタッフ四方山話

フリーマガジンのゆくえ

From:菅野伸一

 

「何コレ!?」 

急いで洗面所に向かうと、

洗濯機の前で呆然としている妻の姿。

彼女が手にした黒のTシャツの一面には、

白っぽ何かがビッシリとついています。

ティッシュをいっしょに洗ったのか。

いや、それにしては量があまりにも多すぎる、、、

 

「まさか!」

2歳半の娘がさっきまでリビングで読んでいた

東急のフリーマガジン『サルース』がどこにもない。

どうやら親のスキをついて

洗濯機のなかに放り込んだようです。

40ページ分がまるまる溶けた洗濯機の中はまさに地獄絵図。

「こびりついた紙を取る→洗う」を3回くり返しても、

服にはまだ紙のかけらがくっついてきます。

しばらくは洗濯後のコロコロが必須です。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11 14 THU
スタッフ四方山話

飛び出す絵本

From:岸智也

 

菅野先生からの誕生日プレゼント。

今年は娘の好きそうなディズニープリンセスの飛び出す絵本です。

そのサイズといったら、

まるで百科事典のよう。

大好きなラプンツェルとアリエルに

娘のハートは一瞬でとりこになったようです。

「これは大切にしないといけないんだな…」

と分かっているようで、

ページをめくるときは若干そ~っとするのが

なんともかわいらしい(笑)。

 

メインの仕掛けは写真のように

ページ中央にドン!と広がるのですが、

実はページの脇にも小さなスケールでいくつもの仕掛けが。

ティアナやメリダといった

普段はあまり見ないプリンセスが出てきます。

良くできた仕掛けもたくさんあって、

飽きることがありません。(岸)

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る