高校受験ブログ

2020/10 10 SAT
高校受験ブログ

ヘリオス3ST「今から!」

From:岸智也

 

今回は中3STクラスについてお届けします。

前期期末テストを終え、

すでに後期中間テストに向けて動き出しています。

内申点との関係で中3のみ11月上旬にテストがあります。

早い学校はすでに1か月前です。

今からできる最善は何かを考えて

行動するようになった生徒も多くいます。

定期テストが終わってからも

当然のように月曜日のマイデスクの席に着く姿は

頼もしさを感じますね。

 

学校のテストだけでなく、

全県模試にも継続して取り組んでいます。

模試については解き直しノートの作成を通して

テストの効用をできるだけ多く引き出すように働きかけています。

ノート作りの上手な生徒を「お手本」として紹介することで、

解き直しノートの質が高まるようにしています。

 

入試まで残すところ約4か月。

4か月後の自分に恥をかかせない姿勢でいることが肝心です。

入試勉強にスタートの号砲はなく、

待っていても仕方ありません。

全力を出すのはいつだって「今」です。

さあ、次のテストに向けて今から全力で取り組みましょう!

(岸)

2020/10 09 FRI
高校受験ブログ

ヘリオス5L 月末のテストに向けて

From:吉村実夢

 

今回は5Lクラスについてお届けします。

9月はコンクールがありました。

今年度2回目ということもあり、

授業中に行う練習もスムーズにできていました。

たくさん練習した成果が出た子、

いまいち結果につながらなかった子、

練習が最後まで終わり切らなかった子、、、

自分はどこに当てはまるでしょうか。

どうしたらもっと良くなるか、

次のコンクールまでに一緒に考えていきましょうね。

 

国語の授業では

文章読解のほかに語彙の問題も取り入れています。

最近扱った熟語しりとりでは、

みな一生懸命考えて答えを出していました。

知っている言葉は意味を再確認し、

知らない言葉は新しく覚える良い機会になりますよ。

社会では日本の食について勉強中です。

知っている米の品種について質問すると、

1人2~3種を元気いっぱいに答えてくれるなど、

とても雰囲気良く勉強できています。

 

10月末には学力テストを実施します。

自分の得意、不得意を知ることができます。

苦手だと思うところは今から少しずつ勉強し、

テストで実力を発揮できるように頑張りましょう!

(吉村)

2020/09 10 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中2ST「お帰り問題」

From:吉村実夢

 

今回は中2STについてお届けします。

8月はコンクールと全県模試を実施しました。

コンクールはお盆休み期間に家庭で行った練習の成果が

しっかりと現れています。

身につけた単語や用語、

計算技術を土台にして定期テストにも全力で取り組みましょうね。

 

全県模試は結果が返却されたら

偏差値や志望校判定だけにとらわれず

「何の科目のどの単元が苦手だったのか」

をしっかり確認することが大切です。

見つかった弱点はマイデスク等で埋めていきます。

 

現在、授業後に「おかえり問題」を実施しています。

初めの頃は最初の計算問題で何問も間違えていた子も、

回数を重ねるうちにスピードが速くなりミスも少なくなりました。

とにかく終わらせることが優先で

じっくり考えようとしなかった子は

「最初からしっかり考えた方が結果的に早く解き終わる」

というように意識が変わってきたと感じます。

 

ヨーイドンでみなが一斉に同じ問題に取り組むお帰り問題は

集中力とミスへの意識が高まりやすく、

大きな学習効果が得られます。

これからも頑張っていきましょう!

(吉村)

2020/09 09 WED
高校受験ブログ

ヘリオス4L「もっとできる」と思える子へ

From:岸智也

今月は4Lクラスについてお届けします。

週1回の授業や宿題にしっかり取り組んでいます。

算数では授業で扱う新単元とは別に、

4年生で学習した単元の復習と

算数ドリルを使用した前学年の復習を並行して進めています。

「今、学校で習っていることはできるのに…」と

保護者面談でよく頂いていた声にお応えするために

今年度から始めた体制です。

 

波乱の幕開けとなった今年度も気づけば折り返しとなります。

通塾にも慣れてきたところで、

今後は段階的に課題を増やしていく予定です。

算数ドリルは「もっとできる!」という前向きな気持ちで

取り組んでいる子が多くいます。

「算数ドリルは5冊、直しも全部終わった!」という子には

計算プリントを束にした「束計算」をお渡ししています。

自分からすすんで課題に取り組める子は

束計算であろうと嫌がりませんから、

ガンガン進んでいきます。

 

「もっとできる!」の気持ちをもつことは、

学びの理想形の一つだと私は考えています。

陽光生全員がこの気持ちを持つことを目指して、

日々の指導にあたってまいります。

(岸)

2020/08 18 TUE
高校受験ブログ

ヘリオス中1ST 一つひとつのテストに・・・

From:岸智也

 

今月は1STクラスについてお届けします。

今年は7月に初めての定期テストが実施されました。

なかには7月の実施を見送って

8月や9月に実施する学校もあります。

テストがある生徒にはいつも通りテスト対策授業を行いましたが、

テストが先送りになった生徒には

1週間のテスト対策期間を設けて「陽光定期テスト」を実施しました。

 

どの子もテスト前には「やらなきゃ!」の気持ちが大きくなります。

小テスト、漢字・単語テスト、クリアテストのように

たくさんのテストを意図的に散りばめています。

「一つひとつのテストに対して全力で取り組む」のが

陽光学院のモットーでもあります。

小さな結果にこだわり続けることが、

後の大きな結果へとつながります。

 

さて、お盆休み後すぐにコンクールが、

続けて全県模試があります。

コンクールは定期テストに向けて、

全県模試は入試にむけての布石となる重要なテストです。

まずは配布したコンクール練習をがんばってくださいね。

目の前のテストにこだわり続けていきましょう。

(岸)

2020/08 17 MON
高校受験ブログ

ヘリオス6L 先月のコンクール

From:吉村実夢

 

今月は6Lについてお届けします。

7月は6年生になって初めてのコンクールがありました。

社会は歴史が範囲となり漢字の用語がグッと増えたため、

5年生に比べて難易度が上がっています。

「漢字が難しすぎて覚えられない」

と言う子も練習を重ねて本番では高得点を取れていました。

「コンクール前はたくさん練習して腕が痛くなった」

という声も(笑)。

それだけ頑張ったということですね。

 

今回の結果がくやしかった子、前回よりも上がった子……

いずれにしても次のコンクールではさらに上を目指して、

日頃からコツコツがんばりましょう!

 

通常授業では引き続き日本の歴史を進めていきます。

人物や戦争、文化など覚えることがたくさんあるので

説明が盛りだくさんですが、

みなテキパキとマーカーを引いたりメモを取ったりができています。

これからも続けましょう。

 

8月19日(水)から授業を再開します。

残り少ない夏休みを満喫してくださいね。

(吉村)

2020/07 23 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中3 日頃のテストを満点に

From:岸智也

 

今月は中3STクラスについてお届けします。

オンライン授業、分散授業をへて

ようやく通常の授業が再開されました。

提出してもらった自宅学習用の教材を見ると、

多くの生徒が非常に熱心に取り組んでいたことがわかります。

 

休校期間中、オンライン授業後に

学校の課題について教えてほしいと申し出たSさん。

社会の歴史の暗記や、国語の文章読解にチャレンジしていたKくん。

英数の問題集を解いて出てきた疑問を一つひとつ質問してきたSくん。

勉強に対する意欲を下げることなく、

自分のやるべきことを見出したところは

さすがの受験生だと感じました。

 

さて、通常授業日のルーティーンといえば単語テスト、漢字テスト。

単語や漢字テストの大切さは1年生の頃からずっと話しています。

定期テストの前だけ頑張ろうとしても空回りするだけ。

テストに対する姿勢は、

小さなテストに対して努力を積み上げることで洗練されていきます。

まずは次回の単語テストと漢字テストを

満点にすることを目指しましょう。

(岸)

2020/07 22 WED
高校受験ブログ

ヘリオス5L 暗記のコツ

From:吉村実夢

 

今月は5Lクラスについてお届けします。

教室に行くと

毎回「今日もちゃんとやってきた!」と口々に言いながら

宿題を提出してくれます。

たまに持ってくるのを忘れてしまう子もいますが、

次はきちんと持ってくることができています。

これからも自分で宿題管理をしていきましょうね。

 

社会は日本地理の勉強を進めています。

日本の端の島など覚えることが多い単元ですが、

みんな楽しそうに授業を受けています。

理社は水曜日と金曜日で1単元を消化できるように

授業を組み立てています。

水曜日に解説して覚えた内容を

金曜日に再チェックして問題演習。

さらに授業中のポイントチェック・テストで覚えた内容が

宿題で問われますので、

知識の習得も効率よく進められています。

 

国語の漢字テストでは前回の漢字と

今回練習してきた漢字がまとめて出題されます。

暗記のコツは覚える回数を増やすことです。

普段の漢字テストやポイントチェックから気を抜かず、

丁寧に練習しましょう。

(吉村)

2020/06 09 TUE
高校受験ブログ

対面授業再開から1週間!

From:岸智也

 

6月1日から対面授業を一部再開し、

2週目をむかえています。

いまはまだ分散授業で、

クラスの最大人数を8人に抑えていますが、

いずれ通常授業にもどった際は、

元通りのクラスになります。

楽しみですね。

 

正直言って、先週は妙な緊張感がありました。

2か月近くも対面の授業をしていなかったせいか、

5月はオンライン授業だったせいか、

声の出し方を忘れて、いつもより声が大きくなり

マスクが外せないこともあって

酸欠状態になったり(笑)

エレベータの使用を止めているので

階段の上り下りが大変になって、

夜寝る前に足がガクガクになったり(笑)

私自身も通常授業にむけて

調子を取り戻さないといけませんね。

 

まずは、小学生から中学生まで。

持ってきてもらったプリントやワークシートを

少しずつチェックしています。

課題が終わっていなかったからといって

焦ることはありませんが、

せっかくの課題でしたから、

抜群の効果を得るために

きっちりと手直しを進めていきましょうね。

(岸)

2020/05 22 FRI
高校受験ブログ

オンライン・クラス授業(5月)

From:岸智也

 

4月にスタートしたオンライン・クラス授業。

今日で3週目が終わりました。

春期講習後からオンライン授業開始までの2週間は

時の流れがとても遅く長く感じていました。

しかし、今月の2週間はあっという間に過ぎていった気がしています。

オンラインとはいえ、

子どもと接しているからでしょうか。

 

緊急事態宣言解除が見えてきましたね。

宣言解除=即授業開始ということでもありませんが、

子どもたちと会える時間が着実に近づいていると思うと

ホッとします。

 

私の授業スタイルは正直、

オンライン授業に向いたスタイルではありません。

そう思うのは、

生徒とのコミュニケーションの上での授業を研鑽していたからです。

コミュニケーションの点では

オンラインでは、やはり対面には敵わない。

雰囲気、動き、臨場感。

声をとっても無機質なスピーカーを通してしまうと

熱量が損なわれてしまう・・・

そんな難しさがあります。

 

しかし、プラスに生かせそうなものも多く見つかりました。

算数・数学では宿題を写真に収めて送信をお願いしましたが、

これは大当たりでした。

その後のフォローもまたオンラインであるために

密度の高い指導はまだできません。

しかし、対面の授業が成立したあとも

課題の性質次第では通常の宿題と並行してうまく利用できそうです。

 

また、子どもとのコミュニケーションもあります。

特に週に1度しか授業のないウイングクラスや4Lクラスでは

授業がない日でも様子をうかがったり、

ブランクを短くするための質問ルームを設けたり。

これらは今まで気が付かなかった大きな収穫でした。

 

ピンチをチャンスに。

・・・ほんとうにピンチはチャンスに生かせるんだな

と気づきました。

陽光の10年で最も有意義な時期の一つだったことは間違いありません。

ここで得たことを踏まえ、今後の指導に役立てて参ります。

 

あと1週間の辛抱であると信じて・・・

(岸)

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る