高校受験ブログ

2020/07 23 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中3 日頃のテストを満点に

From:岸智也

 

今月は中3STクラスについてお届けします。

オンライン授業、分散授業をへて

ようやく通常の授業が再開されました。

提出してもらった自宅学習用の教材を見ると、

多くの生徒が非常に熱心に取り組んでいたことがわかります。

 

休校期間中、オンライン授業後に

学校の課題について教えてほしいと申し出たSさん。

社会の歴史の暗記や、国語の文章読解にチャレンジしていたKくん。

英数の問題集を解いて出てきた疑問を一つひとつ質問してきたSくん。

勉強に対する意欲を下げることなく、

自分のやるべきことを見出したところは

さすがの受験生だと感じました。

 

さて、通常授業日のルーティーンといえば単語テスト、漢字テスト。

単語や漢字テストの大切さは1年生の頃からずっと話しています。

定期テストの前だけ頑張ろうとしても空回りするだけ。

テストに対する姿勢は、

小さなテストに対して努力を積み上げることで洗練されていきます。

まずは次回の単語テストと漢字テストを

満点にすることを目指しましょう。

(岸)

2020/07 22 WED
高校受験ブログ

ヘリオス5L 暗記のコツ

From:吉村実夢

 

今月は5Lクラスについてお届けします。

教室に行くと

毎回「今日もちゃんとやってきた!」と口々に言いながら

宿題を提出してくれます。

たまに持ってくるのを忘れてしまう子もいますが、

次はきちんと持ってくることができています。

これからも自分で宿題管理をしていきましょうね。

 

社会は日本地理の勉強を進めています。

日本の端の島など覚えることが多い単元ですが、

みんな楽しそうに授業を受けています。

理社は水曜日と金曜日で1単元を消化できるように

授業を組み立てています。

水曜日に解説して覚えた内容を

金曜日に再チェックして問題演習。

さらに授業中のポイントチェック・テストで覚えた内容が

宿題で問われますので、

知識の習得も効率よく進められています。

 

国語の漢字テストでは前回の漢字と

今回練習してきた漢字がまとめて出題されます。

暗記のコツは覚える回数を増やすことです。

普段の漢字テストやポイントチェックから気を抜かず、

丁寧に練習しましょう。

(吉村)

2020/06 09 TUE
高校受験ブログ

対面授業再開から1週間!

From:岸智也

 

6月1日から対面授業を一部再開し、

2週目をむかえています。

いまはまだ分散授業で、

クラスの最大人数を8人に抑えていますが、

いずれ通常授業にもどった際は、

元通りのクラスになります。

楽しみですね。

 

正直言って、先週は妙な緊張感がありました。

2か月近くも対面の授業をしていなかったせいか、

5月はオンライン授業だったせいか、

声の出し方を忘れて、いつもより声が大きくなり

マスクが外せないこともあって

酸欠状態になったり(笑)

エレベータの使用を止めているので

階段の上り下りが大変になって、

夜寝る前に足がガクガクになったり(笑)

私自身も通常授業にむけて

調子を取り戻さないといけませんね。

 

まずは、小学生から中学生まで。

持ってきてもらったプリントやワークシートを

少しずつチェックしています。

課題が終わっていなかったからといって

焦ることはありませんが、

せっかくの課題でしたから、

抜群の効果を得るために

きっちりと手直しを進めていきましょうね。

(岸)

2020/05 22 FRI
高校受験ブログ

オンライン・クラス授業(5月)

From:岸智也

 

4月にスタートしたオンライン・クラス授業。

今日で3週目が終わりました。

春期講習後からオンライン授業開始までの2週間は

時の流れがとても遅く長く感じていました。

しかし、今月の2週間はあっという間に過ぎていった気がしています。

オンラインとはいえ、

子どもと接しているからでしょうか。

 

緊急事態宣言解除が見えてきましたね。

宣言解除=即授業開始ということでもありませんが、

子どもたちと会える時間が着実に近づいていると思うと

ホッとします。

 

私の授業スタイルは正直、

オンライン授業に向いたスタイルではありません。

そう思うのは、

生徒とのコミュニケーションの上での授業を研鑽していたからです。

コミュニケーションの点では

オンラインでは、やはり対面には敵わない。

雰囲気、動き、臨場感。

声をとっても無機質なスピーカーを通してしまうと

熱量が損なわれてしまう・・・

そんな難しさがあります。

 

しかし、プラスに生かせそうなものも多く見つかりました。

算数・数学では宿題を写真に収めて送信をお願いしましたが、

これは大当たりでした。

その後のフォローもまたオンラインであるために

密度の高い指導はまだできません。

しかし、対面の授業が成立したあとも

課題の性質次第では通常の宿題と並行してうまく利用できそうです。

 

また、子どもとのコミュニケーションもあります。

特に週に1度しか授業のないウイングクラスや4Lクラスでは

授業がない日でも様子をうかがったり、

ブランクを短くするための質問ルームを設けたり。

これらは今まで気が付かなかった大きな収穫でした。

 

ピンチをチャンスに。

・・・ほんとうにピンチはチャンスに生かせるんだな

と気づきました。

陽光の10年で最も有意義な時期の一つだったことは間違いありません。

ここで得たことを踏まえ、今後の指導に役立てて参ります。

 

あと1週間の辛抱であると信じて・・・

(岸)

2020/04 27 MON
高校受験ブログ

ヘリオス、オンライン・クラス授業

From:岸智也

 

お久しぶりです。

高校受験ブログの更新を1か月も止めてしまいました。

 

「コロナ禍」と呼ばれているこの未曽有の状況。

私としては勤務時間の中で1人の生徒にも会えないことがあるとは

想像すらしていませんでした。

正直、非常事態宣言の発令の頃は

勉強がどうこうの不安よりも

子どもたちやご家族がご無事かどうかの方が

私にとっては心配でした。

ですから、

4月22日(水)に

オンライン・クラス授業がスタートしたとき、

まずはみなさんのお元気な姿を見ることができて

ホッとしました。

まだまだ対面でお会いするまでとは言えず、

油断のできない状況が続きますが、

子どもたちの学びを止めないことを

自分の使命として、

力を尽くしてまいります。

 

さて、ヘリオス小4~中3まで

すべてのクラスでオンライン・クラス授業が

実施されました。

質問のサインとして活用するために

「コマンドから【拍手サイン】や【グーサイン】を出してごらん」

と言ってみたら

みんなあっさりやってのけたのを見て、

「ああ、これからは君らの時代だな」と

悔しいけど認めざるを得ない、と思っていました(笑)

いくつか不都合があるとのお声を頂戴しましたが、

オンライン・クラス授業はおおむねいいスタートをきれたという

そんな感触があります。

教師の間でも、授業が終わるたびに問題点や改善策を議論し、

保護者の皆様からのお声も取り入れながら

よりよい形を目指しています。

 

また、クラスのみんなと会える日を待ちながら

私たちのやるべきことをやっていこうと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

(岸)

2020/02 28 FRI
高校受験ブログ

ヘリオス中学部 令和2年合格校

ヘリオス中学部

高校入試がすべて終了しました。

 

今年の公立の結果発表では、

残念な結果になってしまった生徒もいました。

悔しかったと思います。僕らも悔しいです。

 

それでも話しているうちに、

高校進学後にやりたいことを整理して早く次に切り替えたいと

前向きな発言をしていました。

 

新しい高校生活、いろいろなチャレンジをしてみてください。

応援しています。

 

▼ヘリオス中学部 令和2年合格校

◇公立高校

・多摩 ・新城 ・高津(2名)

・百合ヶ丘 ・川崎北 ・生田東 ・幸:普通

◇私立高校

・日大日吉:特進 ・日大日吉 ・朋優学院 ・日大鶴ヶ丘

・桐蔭学園 ・東京(2名) ・駒澤大学 ・郁文館グローバル

・立正(3名) ・横浜創学館 ・横浜創英 ・横浜清風

・横浜:アドバンス ・英理女子学院(2名) 

・橘学苑 ・自由ヶ丘学園

2020/02 26 WED
高校受験ブログ

ヘリオス小6は中学準備講座です

From:岸智也

 

ヘリオス小6では中学準備講座が進行中です。

 

国語では中学レベルの読解テキストと、

中学漢字の問題集を漢字テスト用に使用しています。

数学・理科・社会は

中学進学後、最初に学習する単元にねらいをつけて

その先取り授業を行っています。

 

英語は通年のクラスでは読解問題を演習。

さらに単語の総仕上げを。

2月からはじめる初級英語では

アルファベットから

フォニックスから

基本文法から

子どもの現在の実力に合わせて

それぞれ指導していきます。

(岸)

 

2020/01 30 THU
高校受験ブログ

今週はヘリオス小学部コンクールです。

From:岸智也

 

今週はヘリオス小学部がコンクール本番です。

一生懸命練習をして覚えた成果を

存分に発揮してください。

 

ところで、

神奈川公立高校入試の倍率速報が出ています。

2月6日に志願変更があるため、

最終的な志願者倍率というわけではないにせよ、

現在の倍率速報でも

今年の入試の傾向がはっきりと見て取れます。

 

近隣&陽光生の志願校を見ると、

倍率が高くついているのはやはり新城。

29日時点で倍率1.86です。

 

新城→1.86

市立高津→1.62

多摩→1.54

このあたりが激戦区となっています。

 

このほかにも

市立橘→1.34

川崎北→1.25

ここもけっして油断のできない入試となりそうです。

 

倍率速報は

全県模試のWebサイトでも確認いただけます。

http://sokuho.shingaku-kobo.com/area/

(岸)

2020/01 23 THU
高校受験ブログ

今日は中1コンクール!

From:岸智也

 

今日は中1の英数国のコンクールでした。

今年度4回目となるコンクールなので、

これまで3回分の経験をふまえて、

授業内ではコンクールの練習を実施しませんでした。

 

塾内の掲示「勉強法」のなかにも

”いつか自分で勉強しなければいけないときがくる”

という言葉があります。

 

暗記はそもそも、自分でやるものですが、

自分でやれることを増やしていくことも大切。

もちろん、その方法・注意点・時期・ペースなどは

前もって先生からレクチャーがあった上で、です。

 

さて、話は中1にもどすと

解答用紙をざっと見た印象としては、

私の思っている以上にていねいに勉強してきたようです。

いままで空欄ばかりで40点前後だった生徒も、

60点をうかがうところまで。

しかし空欄は明らかに減っていて、

lとrなどのスペリングミスという

惜しい間違いが多数という結果でした。

単語の読みはしっかりたたきこんできた証拠ですね。

 

単語テストができなかったら

定期テスト対策ははじまりません。

今回のコンクールは

次へのいいスタートになった、

そんな感じがしています。

(岸)

2020/01 16 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中学部はコンクールがあります

From:岸智也

 

ヘリオス中学部には

コンクールの練習用紙を配布しました。

今年度の最後の定期テストとなる、

後期期末テストのための覚えるもの中心の暗記テストです。

 

英語の場合は、単語と熟語。

覚えればいいだけなので、

時間と労力をかければ良い結果を残せるはずです。

 

大切なのはその「労力」について。

これがいい加減であれば「徒労」に終わりますから。

ケースとして多いのが、

「ずっと答えを見て何度も練習しただけ」というもmの

これでは覚えた気になって終わりです。

勉強した~!という感覚が残ってしまう分、

タチが悪いです。

 

コンクールには子どもの勉強を

正しい向きにアジャストするねらいもあります。

正しい努力を、正しい姿勢で続けることは

たしかに難しい。

けれどこだわり続けていけば、

自分の身になっていくはずです。

(岸)

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る