高校受験ブログ

2019/05 22 WED
高校受験ブログ

第2回 陽光ミーティング

From:岸智也

 

中1、中2には

「定期テスト対策のポイント」というテーマで

ミーティングを行いました。

 

中1にとっては初めての定期テスト。

中2は1年間の経験をふまえて、、、

話した内容は同じ系統のものですが、

中1、中2それぞれが

異なる反応をしながら聞いていたのが興味深かったです。

 

中1はわからないことだらけ。

テストがどんな形で、

どんな意味を持ち、

そしてどんなに大変か。

それをまだ経験していません。

ここ数年ではっきりと難易度があがった定期テスト。

その変化を子供に近い場所で経験した私だからこそ、

伝えられることがあるように思います。

 

中2については

初めてのテストではないので

「大変でしょ?」で、

ある程度うなずいてくれる(笑)

 

頑張るのは当たり前だからこそ、

「何を」「どのように」頑張るかを中心に

話していきました。

 

定期テスト対策期間に入ります。

このミーティングで

子どもたちの勉強がよりよくなることを願っています。

(岸)

 

2019/05 14 TUE
高校受験ブログ

テストづくめの2か月間

From:岸智也

 

テストが目白押しです。

小学生:

月末がコンクール。

来月は英語検定、漢字検定、全国統一小学生テスト。

 

中学生:

今週がコンクール。

来週は中3のみ全県模試。

来月は英語検定、漢字検定、前期中間テスト。

 

任意のものから、必須のものまであります。

検定や小学生テストなど、

任意のものについては

そこでしか得られないものが

たくさんあります。

合格したいという気持ちが原動力となった勉強には、

ほかの勉強とは一味違う意味が生まれます。

 

これらのチャンスを

上手に活用してくださいね。

(岸)

2019/05 08 WED
高校受験ブログ

中学生は来週がコンクールです

From:岸智也

 

連休も明けて

昨日、今日と久しぶりの授業でした。

 

さて、いきなりですが

来週が中学生のコンクールです。

この言葉にみんな驚きの表情を浮かべていたようですが、

連休前からしっかりと告知していましたよ(笑)

 

今年度最初のコンクールということもあって、

コンクール練習の流れと、その方法を

連休に入る前に伝授しています。

方法と一緒に、いつまでに完成させるのかの目安も。

「1週間前までに」です。

 

ということはもう暗記を完成していなければいけない時期ですが、

果たして?

本番は言いわけ一切なしの完全勝利を期待しています。

 

なお、小学部も今月末にコンクールを予定しています。

中学生に負けるな!

(岸)

2019/04 26 FRI
高校受験ブログ

公立高校入試分析セミナーに参加してきました

From:岸智也

 

今朝、新横浜で開かれた

公立高校入試分析セミナーに参加してきました。

全国47の都道府県と、特色検査問題。

さらに大学入試の新学力テスト問題に至るまで

隅々まで研究をされている

凄腕の講師の方のセミナーでした。

 

このセミナーは毎年開催されていて、

私はこれで3年目なのですが、

実はその先生のファンなんです(笑)

 

ファンになった理由は2つ。

まず、分析がするどい!

日本の教育が何を望んでいくのか。

高校入試や大学入試には、その思想が反映されているものがあります。

たとえば、知識に頼らない思考力型の問題は

どの都道府県でも出題が増えています。

そこから何がいえるか、

どんな対策が役に立たなくなって、

どんな対策が有効になっていくのか・・・

 

これまでの常識は、これからの非常識にもなる。

 

このセミナーは

自分にいくつものヒントを与えてくれます。

 

もう一つ、ファンの理由は

とにかく言葉選びがおもしろい!

 

「毎回似たような出題パターンで大人しかったH県が、

最近『過激』なんですよ!」

 

「読解が苦手な子にとっては、『試合放棄』しかねませんね。」

 

「この問題は『凶暴な』問題ですよ~!」

 

いや、凶暴ってなんですか(笑)

 

しかし、長年同じことを研究し続けてきた想いが

あふれてでてきた言葉なんでしょう!

 

このセミナーを

教務にも役立てていこうと思います。

(岸)

2019/04 25 THU
高校受験ブログ

大型連休中の宿題

From:岸智也

 

小学部、中学部は大型連休。

しばらく授業がないので、

生徒には宿題リストを渡しています。

 

ヘリオス小学部については、

ふだん通りの宿題が原則です。

算数は普段より多めの宿題を課しています。

 

ヘリオス中学部については、

すべての生徒にリストを配布しています。

宿題は5月13日(月)から始まる週にある

コンクールの練習が中心です。

 

中2・中3は

英数のテキストからの宿題も出されています。

 

学校の授業

塾の授業

家庭学習

これらが三位一体となって、

勉強は進んでいきます。

大型連休中は、

この家庭学習に力を入れてください。

 

4月は

新学年ならではの気合の入った表情が見られてよかったのですが、

抜け落ちるときはあっという間。

 

一人で勉強しなければいけないときは必ず来ます。

先生の目が届かないからって、

気を抜いたらいけませんよ!

(岸)

2019/04 19 FRI
高校受験ブログ

中1 陽光ミーティング

From:岸智也

 

中1生を対象に、

「第1回、陽光ミーティング」と題して

全体ミーティングをしました。

 

年に数回、

その時期にふさわしい

知ってほしいこと

心がけてほしいこと

を伝えていきます。

 

今回のテーマは

「成績のつき方」

 

成績をあげたいという思いから

明確な行動へ移すためには

まずは、知ること。

 

観点別評価や

それについてやるべきこと。

そして、

その達成のために心がけることや

実例を紹介しました。

 

・・・と文章で伝えると堅苦しくなりますが、

会場の雰囲気は活気がありましたよ。

イベント感があって、

なんとなく楽しかったのかも。

それでも、帰り際には

「がんばらなきゃ」

という表情がいくつも見られました。

(岸)

2019/04 11 THU
高校受験ブログ

中学部、初回は学力テスト解説

From:岸智也

 

通常授業開始は4/4(木)~でしたが、

その週は、中学生の3科の学力テスト。

テキストや黒板をつかっての授業は

今週から始まりました。

 

学力テストの後ですから、

英語ではその解説。

・・・なのですが、テスト終了の帰り際に配布していた解説を

読んだ!という人と

かばんに入れっぱなし・・・という人と

分かれていました。

 

テストは、テスト後の行動とワンセットで完成するもの。

テスト後には

解説を読んだり。

解きなおしをしたり。

覚えなおしたり。

それらの行動は早ければ早いほど有効。

 

この話は受験学年にかかわらず、

中2・中3全員に話しました。

 

「いつか必ず一人で勉強しなきゃいけないときがくる」

 

各階に掲示された「7つの勉強法」にある一節です。

本当にその通りですね。

 

勉強の姿勢を見直すなら、今。

今の動きによって

本格期・直前期の勉強の質は

決まるのだと思います。

(岸)

2019/03 29 FRI
高校受験ブログ

春期講習前期ターム終了

From:岸智也

 

前半の4日間が終了しました。

特にヘリオス小6は、次回の授業は4/5(金)です。

この日は国語算数の学力テストです。

今日、配布したPALに取り組んでください。

 

ヘリオス小4・小5は後期タームからです。

心機一転。

会えるのを楽しみにしています。

 

中学生は文字通り、半分が終了。

後半は3/31(日)からです。

中2・中3は数学の問題を終わらせて帰ります。

さらに3Tは英語の読解問題が続きます。

 

私は3Tクラスを担当していますが、

2教科合わせて、授業後に30分以上頑張っています。

早く終わった生徒も、

友達を待つためとはいえ、

社会の暗記カードを取り出して覚えていました。

 

4月から最高のスタートを切れるように。

どの教科に対しても

力を尽くすことです。

(岸)

2019/03 20 WED
高校受験ブログ

中学準備講座はコンクール週間

From:岸智也

 

ヘリオス小6:中学準備講座では

今週がコンクールです。

 

授業でも話している通り、

コンクールを小学生のうちに行う理由は

中学生の定期テストと、

それに対する勉強を想定しているからです。

 

テスト日程があって、

十分な時間を準備期間に充てて対策をする。

この姿勢をもつ子は

テストで良い結果が望めることでしょう。

 

水曜日は英・社、

金曜日は国・算・理です。

しっかりと覚えきってテストの日を迎えてください。

(岸)

2019/03 12 TUE
高校受験ブログ

高校準備講座の授業外。

From:岸智也

 

11日(月)は

近隣の中学では卒業式でした。

天候的に、嵐吹く卒業式だったでしょうが、

希望に満ちた日であったことと思います。

 

2月の勝負を終え、

進学先の決まった3月。

この時期にはその高校から

入学までの課題の配布や

クラス分けテストを実施する高校がいくつかあります。

 

とくに習熟度別授業を展開している高校では

このクラス分けテストの結果によって

自分のスタートラインを

ありありと意識させられることになります。

ましてや、自分と同じくらいの学力層の生徒が

集まっているわけですから、

落ちるときなんて一瞬ですよ(自身体験談)←笑

 

そんなクラス分けテスト、その後の課題に取り組むべく、

勉強をしている中3生が自習室にいました。

 

また、別の日にも

「自分は数学が大変だから」

と受験生としての1月・2月の姿のままに

残って教室で勉強している生徒もいました。

 

そういうところ!

今年の受験生は本当にそういう学年なんですよね。

自主的にしっかりと勉強ができること。

見ているこっちがうれしくなる姿でした。

(岸)

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る