陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2020/09 16 WED
お知らせ

陽光通信9月号アップしました。

2020/09 11 FRI
中学受験ブログ

インチキな算数

From:池田慎哉 

 

昨日の4年生の授業でのこと。

 

算数で角度の問題を解いた生徒に聞きました。

 

池田「どうやって、答えがでたの?」

 

 

Aさん「ここが二等辺三角形で~」

 

→二等辺三角形ではありません。

 

B君「こことここが同じ角度だから~」

 

→同じ角度ではありません。

 

Cさん「ここが90度で~」

 

→90度ではありません。

 

 

ほんの数分間で、こんなやり取りを繰り返しました。

 

二等辺三角形や90度と判断できる条件は、

 

どこにも書いていないのに。

 

 

受験算数の指導はエネルギーを使います(笑)

 

飛鳥の生徒のみんなに言いたい!

 

算数で「そう思ったから~」「そう見えたから~」、

 

これは厳禁です。

 

 

算数は論理、論理、論理の教科。

 

「ここがAだから、そこがBになって~」

 

「この公式を使うと、ここがCになって~」

 

解き方が分かる場合は、その理屈を説明できます。

 

 

「ここが90度に見えるから直角三角形になって~」と、

 

いいかげんな説明をしている間は、

 

なかなか算数は伸びません。

 

 

答えが出ればいいというような勉強、

 

宿題は終わらせればいいというような勉強をする子ほど、

 

いいかげんな説明を平気でするように感じます。

 

終わればいい、〇がつけばいいと言うような、

 

底の浅い勉強から脱却してほしいですね。              

 

 

家庭学習では改善するのが難しいですから、

 

それこそ塾での授業で少しずつ指導していきます。

 

1問と向き合う。

 

そういう勉強をしてほしいですね。

 

飛鳥は、どの学年も算数や個別演習など授業時間数を、

 

多く取っている塾です。

 

焦らず着実に、じっくり勉強していきましょう。(池田)


 

2020/09 11 FRI
スタッフ四方山話

線香花火

From:岸智也

 

お盆休みに親戚が集まったとき、

僕の発案で線香花火大会をしました。

主役の花火は事前にネットで取り寄せておいた

筒井時正玩具花火製造所さんの国産線香花火です。

 

近くのお店で手に入る中国産の花火と明らかに違うのは、

「牡丹→松葉→柳→散り菊」といった

線香花火がもつ多彩な表情の一つ一つの美しさ。

花火をする前週にたまたまある番組で

外国人の方が筒井さんの花火づくりを体験した際の放送があったので、

思いがけず予習もできました。笑 

 

それから半月たち、娘が描いた「なつのおもいで」には

線香花火の絵が。

「線香花火楽しかったね、またやろうね」とのこと。

来年も線香花火大会は実施決定です。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/09 10 THU
高校受験ブログ

ヘリオス中2ST「お帰り問題」

From:吉村実夢

 

今回は中2STについてお届けします。

8月はコンクールと全県模試を実施しました。

コンクールはお盆休み期間に家庭で行った練習の成果が

しっかりと現れています。

身につけた単語や用語、

計算技術を土台にして定期テストにも全力で取り組みましょうね。

 

全県模試は結果が返却されたら

偏差値や志望校判定だけにとらわれず

「何の科目のどの単元が苦手だったのか」

をしっかり確認することが大切です。

見つかった弱点はマイデスク等で埋めていきます。

 

現在、授業後に「おかえり問題」を実施しています。

初めの頃は最初の計算問題で何問も間違えていた子も、

回数を重ねるうちにスピードが速くなりミスも少なくなりました。

とにかく終わらせることが優先で

じっくり考えようとしなかった子は

「最初からしっかり考えた方が結果的に早く解き終わる」

というように意識が変わってきたと感じます。

 

ヨーイドンでみなが一斉に同じ問題に取り組むお帰り問題は

集中力とミスへの意識が高まりやすく、

大きな学習効果が得られます。

これからも頑張っていきましょう!

(吉村)

2020/09 09 WED
高校受験ブログ

ヘリオス4L「もっとできる」と思える子へ

From:岸智也

今月は4Lクラスについてお届けします。

週1回の授業や宿題にしっかり取り組んでいます。

算数では授業で扱う新単元とは別に、

4年生で学習した単元の復習と

算数ドリルを使用した前学年の復習を並行して進めています。

「今、学校で習っていることはできるのに…」と

保護者面談でよく頂いていた声にお応えするために

今年度から始めた体制です。

 

波乱の幕開けとなった今年度も気づけば折り返しとなります。

通塾にも慣れてきたところで、

今後は段階的に課題を増やしていく予定です。

算数ドリルは「もっとできる!」という前向きな気持ちで

取り組んでいる子が多くいます。

「算数ドリルは5冊、直しも全部終わった!」という子には

計算プリントを束にした「束計算」をお渡ししています。

自分からすすんで課題に取り組める子は

束計算であろうと嫌がりませんから、

ガンガン進んでいきます。

 

「もっとできる!」の気持ちをもつことは、

学びの理想形の一つだと私は考えています。

陽光生全員がこの気持ちを持つことを目指して、

日々の指導にあたってまいります。

(岸)

2020/09 08 TUE
ロボット教室便り

8月のロボット教室

From:池田慎哉

 

8月のベーシックは「リトルドッグ」を製作。

トコトコ歩く姿がかわいいです。

応用では脚の取り付け位置を変えて4種類の歩き方に挑戦。

早く家に連れ帰って、みんなに見せたいと喜んでいた子も。

名前をつけてあげて下さいね。

 

ミドルは「ウォールフォロワー」を製作。

壁にそって自動で曲がるロボットです。

ギアの切り替えは輪ゴムの力を利用します。

たくさんの工夫が込められたロボでした。

 

アドバンスは「ロンボ」を製作。

2つのモーターの出力をタブレットで変えられる特徴を最大限に活用。自由自在に移動できるようにプログラミングできます。

お部屋の掃除にはピッタリですね。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベーシックコース「ダックスに改造」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルコース「形に合わせて周回」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アドバンスコース「ゴミを上手に集めます」

2020/09 07 MON
ロボット教室便り

9月・10月のスケジュール&製作ロボット紹介

From:池田慎哉

 

◆ロボット教室:授業スケジュール(2月~3月)

・R1(10:40~)・9/12(土)、26(土)、10/3(土)、24(土)

・R2(14:40~)・9/12(土)、26(土)、10/10(土)、24(土)

・R3(16:20~)・9/10(木)、24(木)、10/8(木)、22(木)

・R4(10:40~)・9/5(土)、19(土)、10/3(土)、17(土)

・R5(16:20~)・9/3(木)、17(木)、10/1(木)、15(木)

・R6(16:20~)・9/1(火)、15(火)、10/6(火)、20(火)

・R7(16:20~)・9/8(火)、29(火)、10/13(火)、27(火)

※祝日の関係で授業日が変更になっております。

※振替授業…同月内でご都合のいい日程をご選択ください。

◆9月製作ロボット紹介

 

▼ベーシック…ぶつかりロボット「う王さ王」

 

 

 

 

 

 

今回のロボットは、壁などに衝突すると反対方向へ進みます。

衝突を検知する仕組みを取り入れた、

自動走行する自動車です。

ロッドの組み合わせにより、

スライド式の自動スイッチを製作します。

 

▼ミドル…働くロボット「ロボアーム」

 

 

 

 

 

 

「つかむ→持ち上げる→回転する(運ぶ)→離す」

という4つの動きをするアーム型ロボットです。

改造によって思い通りの位置で

物をつかんだり離したりすることができるようにします。

 

▼アドバンス…掃除ロボット「ロンボ」(後半)

 

 

 

 

 

 

4回の授業の中で、

役立つロボットの「製品開発」の過程を体験します。

物にぶつかると方向転換したり、

段差を避けたりする機能を追加して、

ゴミを効率的に掃除するロボットを完成させます。

(池田)

2020/08 27 THU
中学受験ブログ

模試で力をつける

From:池田慎哉 

 

5年生と6年生は外部模試を実施します。

 

秋以降は模試の回数が増えていきます。

 

授業と宿題だけでなく

 

テストの経験も学力向上には不可欠。

 

 

試験時間内に真剣勝負で問題を解くことが、

 

ケアレスミス、集中力、問題の見極めなど、

 

いろいろな課題をあぶり出してくれます。

 

そこから学べることが多いのです。

 

 

特に高学年は繰り返し模試を受けて、

 

適切な評価をしていきましょう。

 

ケアレスミスが減ってきているか、

 

記述問題に手をつけているか、

 

どのように成長しているかを評価します。

 

点数や偏差値などの結果以上に、

 

細かい点を確認することが模試の賢い受け方です。

 

 

とは言え、子ども達は点数に一喜一憂するもの。

 

それはそれでOKです。

 

悔しがったり喜んだりと感じたままの反応を受け止めましょう。

 

模試を受けた後に、

 

これからもっと勉強を頑張ろうと思うことが大事ですから。

 

結果が良くても悪くても、

 

次はもっと頑張ろうと思うことです。

 

もちろん、その思いを日々の勉強に繋げることが大切。

 

宿題を頑張る、トライアルを増やす、

 

漢字テストやコンクールで満点を目指すなど目的もできると◎。

 

頑張ろうという気持ちを具体的な目標に落とし込んでいく。

 

ぜひ自分で決めた目標にしましょう。

 

飛鳥生は前向きに一歩一歩進んでいきます。(池田)

 

追記

 

首都圏模試、四谷大塚の模試とコロナ禍の状況で、

 

スムーズにはいかない点も多々あるようです。

 

試験会場の問題や手続き上の問題などもあります。

 

ご迷惑をおかけしてしまう点もございましたが、

 

まずは子ども達の学びのためにご協力頂ければ幸いです。

 

宜しくお願い致します。

 

会場受験のない首都圏模試に関しては、

 

試験監督など調整をして準備を整えました。

 

9月6日につきましては塾内実施(選択制)できることになりましたので、

 

より集中した環境でテストに挑めます。

 

頑張りましょう!

2020/08 21 FRI
スタッフ四方山話

元住吉よつば通信:響氣さん

From:菅野伸一

 

元住吉の4店舗が共同制作している「元住吉よつば通信」。

今回のメインは整体院「響氣」の新村代表を囲んでの対談記事です。

新村さんは整体院の仕事をしつつ

商店街の理事や中学校や高校での講演活動もされている多才な方。

対談では鍼やお灸が効く仕組みや、

東洋医学と西洋医学の違いなどを分かりやすく、

そして面白く語っていただきました。

お時間のある時にぜひご一読ください。

 

新村さんの話を聞いた直後、

持病の腰痛が悪化したので

さっそく響氣さんで鍼を打ってもらいました。

痛みはほとんどなし。

たまにアルミ箔を噛んだ時のような違和感があるくらいでした。

地元に体のことが相談できる専門家がいるって安心ですね。

予防もふくめて定期的に通ってみることにします。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/08 21 FRI
お知らせ

陽光通信8月号アップしました。

1 2 3 4 5