陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2017/05 24 WED
岸のはなまるレポート

「時間をおいて暗記する」

From:岸智也
 

先日の2Tの授業前。

このクラスは始業20分前なのに半数以上の生徒が集まります。

10分前にはほとんど生徒がそろうほど。

 

で、そんな彼らが何をしているかと見ていると

一生懸命その日の単語テストや漢字テストを練習しています。

「いやー頑張ってるなー」と褒めてやりたくなったのですが、

内容を見てちょっとがっかり・・・。

じつはほとんどの子は、単語の答えを見て練習をしていたのです。

答えをにらめっこしているだけという子も。


「テスト前にやらないと覚えられないんですよ」

というのが彼らの主張。

これに対して決まって返す言葉は、

「テストだけはいいけど、帰る頃には忘れてしまうよ」

 

さて、暗記レベルは大きく分けて3段階

「〇覚えた」 「△覚えかけている」 「×覚えられていない」

イヤミな言い方にしてしまえば、

「△覚えかけている」=「△覚えた気になっちゃってる」

 

実際、この「△覚えた気になっちゃってる」状態で

単語テストや漢字テストを突破している生徒は多いのです。

テスト前に答えを見て練習している生徒はほとんどこれ。

言うまでもなく、この状態は相当に危険。

なぜなら、暗記が「定着」まで昇華されていないからです。

その時間限りで、あっという間に忘れてしまうでしょう。

 

定着へのポイントは2つ。

「回数」と「時間」です。

まさに鉄を打つようなイメージです。

熱しては叩き、熱してはまた叩く。

 

覚えては時間をおき、また覚えては時間を置き・・・

一回の時間で、何度も叩いたところで鉄は打てません。

必要以上にびっしりと単語を書いたからといって、

暗記の質が上がるとは限らないのですね。

 

うまいやり方をしている生徒がいたので紹介すると、

「塾に来てからすぐ、答えを見ないでテスト形式でやってみる」

家での練習から教室に着くまでの時間が空くので、

間をあけるにはぴったりですね。

それに加えて、テスト形式で「アウトプット」を意識できています。

ぜひ時間をおいてテストをするようにしてみて下さい。

(岸)

2017/05 20 SAT
中学受験ブログ

特別補習と算数道場

From:池田慎哉

 

5年生対象の特別補習を実施しました。

 

通常は毎週水曜日の3時40分から、

『算数道場』という時間を設けています。

 

この時間は、無学年で自由参加制です。

講師がついて質問対応しています。

 

宿題をする子、テストの解き直しをする子など。

勉強内容は、それぞれです。

 

もちろん、算数道場に限らず、

質問があれば授業前後いつでもどうぞ。

 

授業などがなければ、

生徒対応を優先しています。

 

そこが、飛鳥で算数を伸ばすカギの1つだからです。

 

質問なんてほとんどしたことがない転塾生は、

環境の違いに驚くようです。

 

授業を聞いて、問題を解いて、解説を聞く。

これだけで算数が伸びる子は、ほんの一握り。

 

ある程度のレベルに達するまでは、

たくさん質問して考え方を何度もトレースしていく。

先生と同じように考え、同じように解く。

 

中高生の理解力とは違いますし、難易度も違います。

中学受験の勉強は、

何度も繰り返して身に着けることが最善です。

 

少しでも難しい問題を解くのではなく、

少しでも自分の頭で理解すること。

 

そのためには、たくさん質問すること。

そしてレベルに合ったヒントや説明が必要です。

 

自分の頭で考えさせる手助け。

そのような質問対応が、学力を伸ばしていきます。

 

だからこそ、

授業前後いつでも質問してほしいのです。

 

自分から質問できない子には、

こちらからも声をかけます。

 

算数道場も利用して、たくさん質問して下さいね。

 

 

さて、特別補習の様子ですが、

こちらは5年生前期の重要単元に絞りました。

 

売買損益、割合、差集め算の3単元です。

講義&演習形式。

1問ごとに、一人ひとり解き方を確認。

図や言葉の意味も最初から説明しました。

 

基本に戻って、再確認する時間ですね。

 

難しい問題までは進みませんでしたが、

式の意味など少しでも理解しながら勉強できました。

 

1問正解するたびに、スッキリした顔になっていく子ども達。

自信を失いがちな算数だからこそ、

自分の頭で考えることが重要。

 

この時間に解いた問題数は多くはありませんが、

諦めずに自力で答えを出したことに価値があります。

 

そういう勉強をしていけば、

少しずつ算数が好きになっていくんですよね。

 

良い機会になったので、

またタイミングをみて実施したいと思います。

 

今回参加してくれた5名は、

ぜひ算数道場も活用して下さいね。(池田)

 

追記

今年度あるいは来年度より、

カリキュラムを変更する私立中学が増えています。

 

特に女子校に多く、

学校改革という言葉の方が適切な場合も。

 

八雲学園などは、まさに一大改革。

 

大学入試制度の変更にともなって、

中高での学習内容、教育手法が大きく変化するのは確実です。

 

いち早く動き出した私立校。

学校選びにも関わることですから、情報収集にも力を入れています。

 

飛鳥生が受験している学校では、

3校の女子校が来年度より高校入試を始めるとの情報も。

確定次第、お伝えしたいと思います。

 

また、小野学園が特待生入試のみに、

鎌倉女子大学中等部が特進コースのみの募集に変更とのこと。

 

思い切った改革ですね。

集まる生徒や雰囲気、学習進度など、

学内の様子が変わっていくのではないでしょうか。

 

保護者面談や中学受験ミニ説明会などでも、

学校情報をお伝えしていきます。

2017/05 19 FRI
ココロに効く本棚

大合格 参考書じゃなくオレに聞け!

From:池田慎哉

 

 

 

 

 

 

 

中田 敦彦著 / KADOKAWA 出版 1,296円

 

~内容紹介(出版社HPより)~

きれいごとの精神論で終わらないリアルな戦略が詰まっています。

受験で、学校生活で、恋愛で、勝利と栄光をもぎ取りたい!

という学生の皆さん、そしてそんな学生を持つ親御さんのために、

かつてない教本ができあがりました! 

この本を読めば、不安だらけのスクールサバイバルを

確実に生き残ることができます。是非どうぞ。

――中田敦彦

------------------------

勉強本のブームが続いています。

ビリギャルに東大ママ。

ジャンルは違いますが、下克上受験も勉強本として読めるのでしょうか。

参考になればと、購入することも多いのですが、

辛口の評価をつけることがほとんど。

1冊の中で参考にしたいことが2割もあれば、

買って良かったと満足しています。

 

でも生徒に勧めた勉強本は一冊もありません。

読み手の学習状況がそれぞれ違うことを考えると、

一人ひとりにピッタリな勉強本は見つからないからです。

 

今回ご紹介する『大合格』は、

勉強本というより受験生への激励メッセージ。

中高生が共感できるQ&Aばかりです。

「自分の気分屋なところが心配」

「暗記が苦手、究極の暗記法を教えて」……

アドバイスの全てに納得できる訳ではないのですが、

読み易くて面白かったです。

 

なにより読後のスッキリ感。

グチグチ言い訳してないで勉強するぞ!

という気になります。

著者はお笑い芸人の中田敦彦さん。

テレビの雰囲気そのまんま、説得力がありますね。

最初の4ページのメッセージはぜひ読んでほしいです。

(池田)

2017/05 18 THU
高校受験ブログ

来週は中3全県模試があります。

From:奥淳

 

今週は中学生コンクールを行なっています。

コンクールが終わると、

いよいよ定期テストがはじまるなという空気になります。

 

中間テストが早い中学校は、3週間後にはテストがはじまるので

来週から順次、前期中間テストの対策授業をはじめていきます。

対策授業では教科によって、試験対策用の教材に切り替えていくので

使わないテキストやプリントを家に置いてくるよう指示があった場合は

家に置いてきてください。

いつも中身がパンパンな状態で持ち運びしている生徒は要注意です。

 

3年生だけはテスト対策前に全県模試を実施します。

いよいよ、受験年はじめての全県模試です。

今回から1月まで全7回。

学校のテストや部活動、英検・漢検、学校説明会など

タイトなスケジュールの中、受験していくことになりますが

志望校に向けた合格力判定

その後の学力につなげるための分析

そして、模試を受けることにより実力アップする部分もあります。

ますは来週。楽しみにしています。

 

▼日程

5/24(水)理科・社会

5/26(金)英語・数学・国語

 

 

2017/05 18 THU
入試情報【高校】

今夏開催される合同説明会について

From:奥淳

 

そろそろ高校の説明会が開催されはじめる時期となりました。

志望校が絞りこまれている受験生は、

体験授業や本校会場による説明会に参加するのが良いでしょう。

まだ志望校が絞り込まれていない受験生や、

高校を早くから調べておきたいという1、2年生は、

まず合同説明会に参加してみるのが良いでしょう。

そこで神奈川県が主催する、

公立高校参加の合同説明会を紹介します。

 

▼全公立展2017

◇日時 6/3(土) 10:00〜16:00※最終入場

◇場所 パシフィコ横浜

→県内の公立高校全ての展示が集まる

公立高校中心の合同説明会です。

昨年の来場者は約38000人と、

毎年多くの人が訪れるため入場規制がかかるようです。

参加される場合は、時間に余裕をもって行きましょう。

服装も自由なので、動きやすい格好で参加すると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

▼公私合同説明会・相談会 

◇日時 未定

◇場所 未定

※参加高校は会場によって異なります。

→川崎地区、横浜中地区、横浜北地区といった

近隣の公立高校と私立高校に絞り込んだ説明会です。

今年の日時と会場は未定ですが、

例年8月前半に各地で行われます。

川崎地区は毎年、橘高校を会場にしているため、

橘高校の校内を見学するいい機会でもあります。

 

いずれの説明会も参加は無料です。

もちろんお家の方が参加して資料を持ち帰ることもできます。

全公立展が開催される6/3(土)は、

英検の前日であり、

中学校によっては前期中間テスト直前の週末となります。

受験生はこの先も模試や定期テストや検定、

部活の大会などが重なることが考えられるので、

学習スケジュールをたてて早めに取り組むよう心がけましょう。

(奥)

2017/05 16 TUE
入試情報【私立中学】

東京女学館中学校

From:山﨑敬二郎

 

明治21年、伊藤博文の呼びかけにより

「高い品性を備え、人と社会に貢献する女性の育成」

を教育目標に掲げ創立。

人としての品性を重んじながら、

国際社会で活躍できる女性の育成を目指しています。

そのために主体的に誇りを持って生きる大切さと知性を磨き、

真の教養を身につけられるよう6年間かけて指導しています。

高校募集は行っていませんが、

小学校からの内進生が70名ほど合流します。

 

特別教室や3つの体育館、

室内温水プールなどの運動施設のほか、

約55,000冊の蔵書の図書館、

食堂、フルコンサートピアノを備えた記念講堂など

学校施設は充実しています。

昼食は教室でお弁当でも、食堂でもよいそうです。

 

一般5クラス、国際学級1クラスですが、

英語ではクラスを2分割、

数学は2クラスを3分割しての少人数指導を実施。

特別講座を朝と放課後、夏休み中に実施します。

学校行事は生徒主体で運営させ、

状況に応じてリーダーになったり、

サポート役に徹したりする

「インクルーシブ・リーダーシップ」を育みます。

 

運動部は8、文化部は26あります。

音楽系の部活だけでも

オーケストラ、ギター、軽音楽、合唱、筝曲と5つ、

茶道は表千家と裏千家の2つ。

さらに生地を染める染織部なるものもあり、

文化部はかなりの充実ぶりです。

 

昨年度の卒業生230名の大学合格実績は、

国公立大19名、早慶上智82名、東京理科大18、

GMARCH136名、医学部に11名です。

指定校は、慶応1、早稲田3、上智3、GMARCH28など、

多数の枠をもっています。

コツコツと学校の勉強に取り組める子は、

推薦枠を使っての大学進学を考えてもよい学校です。

現在飛鳥卒業生1名が在学中です。

(山﨑)

 

▼学校情報

◇℡:03-3400-0867

◇生徒数:749人(中学合計)

◇偏差値:四谷大塚・・・47~54 首都圏模試・・・57~61

◇卒業後の進路:大学79%、短大1%、専門学校2%、留学1%、浪人17%、

▼入試情報

◇入試日:2月1日午前・午後、2月2日午後、2月3日午前(全4回)

※国際学級入試:2月2日午後

▼説明会等

◇説明会:6月1日(木)、7月19日(水)、9月5日(火)、11月18日(土)

◇オープンスクール:6月17日(土)、10月28日(土)

◇文化祭:11月11日(土)、11月12日(日)

◇体育祭:9月

 

※記事の内容は掲載時のものです。

 

2017/05 15 MON
スタッフ四方山話

兵庫県香住の名物

From:岸智也

 

4月。

初夏を思わせる陽気を迎えたこの時期に

季節外れの「かにすき鍋」。

このごちそうは、

去年の誕生日に菅野先生から頂いた

カタログギフトから取り寄せたものです。

妻の出産にともなう里帰りのバタバタで注文が遅れに遅れて、

鍋のシーズンを逃してしまいました。

 

さて、届いたのは4肩分のカニですが、

誰も包丁でさばいたことはありません。

そこでYouTubeで検索し、動画通りにさばくこと40分。

ようやくそれらしい形になってくれました。

セットという名の通り、鍋のお出汁が付いていて味付けは簡単。

かにみそを少しとかしたシメのカニ雑炊は濃厚な味わいで、

カニエビ好きの僕にとっては大満足の逸品でした。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/05 13 SAT
スタッフ四方山話

いちごブーム

From:奥淳

 

「切ったり、皮をむいたりするのがちょっと、、、」という理由で、

もともとフルーツはあまり食べていませんでした

(カットされているものや、ドライフルーツはよく食べていましたが)。

 

それが、ここ数ヶ月で急にいちごのマイブームがきました。

もちろんそのまま食べられるという食べやすさもあるのですが、

この冬においしいいちごをたくさん頂いたことがきっかけです。

調べてみると、いちごは本当にたくさんの品種があるんですね。

スーパーにも何種類ものいちごが並んでいます。

毎回、違う品種を食べては楽しんでいます。

池田先生からはいちご狩り情報を教えてもらったので、

時期が間に合えば行ってみたいと思っています。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2017/05 12 FRI
岸のはなまるレポート

ヘリオス1SS 中学の「本気」

From:岸智也

 

今月は1SSについてお届けします。

中学校生活が始まって1ヶ月。

小学校とは違うペースの速さにたいへん驚いている様子です。

5月には体育祭が控えていますが、

行事に対する本気度の高さなども最初はびっくりするかもしれません。

「イヤ」と言わずにまずは一年間、

波にもまれてみることですね。

楽しい発見が必ずそこにあるはずです。

 

さて、英単語の恐ろしさに早くも気付いた1SS。

しっかりと練習しなければどうにもなりませんよね。

「こうするとラクだよ」

と教わることもある英単語の暗記術ですが、

他人に適した方法が自分にも合っているとは限りません。

そもそも暗記術とはしばらくの間、

地道な努力でならした地盤の上に積み重ねる時に使うもの。

大切なこの一年はそれに頼るべきではありません。

 

彼らに配布したのは100問の単語テスト。

5月にあるコンクールの練習用紙です。

コンクールは勉強の基本を確認するもの、

そして勉強に対する本気度をはかるものでもあります。

行事に勉強に、5月は君の本気をぶつけてくださいね。

(岸)

2017/05 11 THU
岸のはなまるレポート

これぞ神業!?国語の記述問題

From:岸智也

 

小学6年生の教室で、私が出会ったうれしい光景のお話です。

 

ヘリオス小学部、国語の使用テキストは

記述問題が中心の「ほーぷ」です。

問題の聞かれ方にそって、

ふさわしい記述を作る力を重視しているためです。

 

解く側にしてみたら、必要な文量は気になるところ。

「どれくらい書けばいいの?」

「ここまで書かないとダメ?けずっていいのかな?」

確かに線引きが難しいところ。

細かいルール統一はできませんし、

これは複雑だと思われそう・・・

 

と、思っていたのですが、

 

「記述の解答欄の行数に合わせて、

2行なら2行、3行なら3行に文章量を調節する」

という神業を披露した子がいました。

 

最初にそれを見たとき、びっくりしましたよ!

キーワードはきちんと捉えつつ、

解答欄が小さければ要約か、要約に近いことまでやってのける。

前学年から記述をし続けて、慣れたということもあるのでしょうが、

いや、これは恐れ入りました。

入塾当初は、文章量どころか

内容すら何を書いたらわからず、

空白を連発していたというのに。

 

ひとつのことを研ぎ続けることの大切さに改めて気づかされました。

(岸)

1 2 3 4 5