陽光学院ブログ

トピックス 一覧
トピックス一覧をとじる
2018/02 21 WED
入試情報【高校】

H30年度公立入試:志願変更前の倍率発表

From:奥淳

 

2/1(木)、県内公立高校の志願変更前の募集倍率が発表されました。

実際の受験倍率は2/5(月)〜2/7(水)の志願変更を経て

多少の変動はありますが、

2/1時点での近隣校の募集状況は次のようになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川公立高校の平均受験倍率は約1.2倍。

とはいえ交通事情や人口の偏りによって

小田原や厚木などの県西部地区は全体的に倍率が低く、

横浜や川崎といった県東部地区では倍率が高くなります。

特にここ数年は川崎地区の受験倍率が高く出やすい傾向にあります。

 

今年、特に高倍率となったのは

「多摩高校」と「高津高校」です。

多摩高校は新校舎の影響でしょうか、

県内では横浜翠嵐に次ぐ高倍率です。

意外だったのは高津高校。

ここ数年は1.2倍前後だっただけに予想外の高倍率となりました。

志願変更で多少は下がるでしょうが

近隣校も決して倍率が低いわけではないため、

それほど大きな変動はないとみています。

受験本番まで残り1週間。

最後まで悔いのない勉強をしていきましょう。

(奥)

2018/02 20 TUE
入試情報【私立中学】

品川女子学院中学校

From:山崎敬二郎

 

大正14年、荏原女子技芸伝習所として創立。

学校長の漆先生を中心にさまざまな学校改革を進めてきました。

社会で活躍する28才の自分を思い描き、

それを実現するために必要なことを

中高6年間通して経験させていく指導を行っています。

 

▼品川女子学院を知るための「5つのキーワード」

◆【28project】・・・

専門性の高い職業を視野に入れた学習指導、

社会で活躍できる高いコミュニケーション能力の育成、

国際舞台での基礎スキルとなる英語能力の向上などに力を入れ、

将来のビジョンを持って行動できる女性の育成を目標としています。

◆【日本文化の理解】・・・

中1では品川探索、礼法(小笠原流)、

中2では茶道(遠州流)、華道(草月流)、

浴衣の着付けと所作を学びます。

◆【修学旅行】・・・

中3全員でニュージーランドに行きます。

8日間のショートステイと

3週間のロングステイが選べます(9割の子が3週間を選択)。

ホームステイ先の子と一緒に現地校での授業に参加します。

◆【企業とコラボ】・・・中3では企業の協力のもと、

年間を通じておこなわれる

「企業コラボレーション総合学習」があります。

企業の社員が来校し講義をしたり、

企業と教員で考えた課題に取り組んだりします。

◆【起業体験プログラム】・・・

高1・高2がクラス単位で文化祭に向けて起業。

ベンチャー企業家、司法書士・会計士など

実際に社会で活躍する方々の協力を得て模擬店を経営します。

卒業生のIさんは「十万円以上の利益が出た!」と豪語していました。

 

昨年度の大学合格実績は、国公立大に17名、早慶上理大に65名、

GMARCHに169名など。

現在3名の飛鳥卒業生が通っています。

毎日2時間、週末はその何倍も宿題が課せられ、行事も多くあります。

好奇心旺盛な子にはもってこいの学校です。(山﨑)

 

▼学校情報

◇℡:03-3474-4048

◇生徒数:657人(中学合計)

◇偏差値:四谷大塚・・・49~55 首都圏模試・・・60~63

◇卒業後の進路:大学90%、就職1%、進学準備9%

▼入試情報

◇入試日:2月1日午前・午後、2月2日、2月4日(全4回)

▼説明会等

◇説明会:2月24日(土)・4月10日(火)

◇オープンキャンパス:6月・11月(昨年度)

◇文化祭:9月

※記事の内容は掲載時のものです。

2018/02 18 SUN
岸のはなまるレポート

玉川中学校:卓球部

From:岸智也

 

 

 

 

 

 

 

前々回に続いて今月も卓球部。

実は陽光もかなりの卓球ブームだったようです。

とはいえ別の中学の卓球部では、

また違った様子があるようです。

 

玉川中学の卓球部は平日に加えて、

土日のいずれかに練習が

それぞれ3時間以上あります。

 

協力してくれた生徒の話では、

1年生の間で公式戦が年に5回ほどあったそうです。

次は3月に公式戦があるそうで、

それを意識しながら練習に取り組んでいるとのこと。

このように常に目の前に目標があるということは、

モチベーションも高まって

より良いパフォーマンスにつなげることができそうです。

勉強で言えば

ちょうどいいところに模試がある感じでしょうか。

 

他校の卓球部と共通していたのは、

やはり卓球台が限られていることで、

そのときに何をするかが決められているということ。

卓球部に入ったからには

卓球台の前がいちばんワクワクするでしょうが、

毎日そこにはいられません。

卓球台から離れたときに気持ちを落とさないでおけるか、

というのが卓球選手としての生命線であると思います。

試合と台を使った練習、そして台を使わない練習。

すべてはつながっているのですから。

 

最後に、卓球部のもう一つの共通点は、

やはり「仲良くなれる」とのことです。

やっぱりこれが一番ですね。

また4月に仲間の輪が大きくなることでしょう。

(岸)

2018/02 16 FRI
スタッフ四方山話

謎解き鉄道探偵

From:池田慎哉

 

電車の中でつい読んでしまう中吊り広告。

派手派手しいコピーと

下世話成分多めの内容を横目で見ています。

 

最近、興味を惹いた広告が謎解きイベントです。

最初、何の広告か分かりませんでした。

街の中や施設で体験型の謎解きゲームがあるんですね。

子どもの頃のレクリエーションや

スタンプラリーのような楽しさでしょうか。

家族で参加できるような子ども向けも。

鉄道系や歴史系からアニメのワンピースまでジャンルもさまざま。

 

今回の鉄道探偵は所要時間が3時間ほど。

賞品の一つが上野動物園の年間パスポート!

それも魅力的。

電車が大好きな息子と参加したいですね。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

2018/02 16 FRI
岸のはなまるレポート

今月は後期期末テスト&英検2次試験

From:岸智也

 

今週から来週にかけて、中学生は後期期末テスト日程です。

なかには、もう日程を終えた生徒もいます。

 

また、英検3級以上一次試験合格者の二次試験が実施されます。

とくに準会場である陽光で1次試験を受けた生徒については、

B日程の2/25(日)が二次試験実施日です。

(学校などの公開会場で1次試験を受けた場合は、

日程が異なる場合があります。)

 

来週に二次試験対策ガイダンスを行いますので、

二次試験受験者は積極的に参加してください。

(岸)

 

2018/02 15 THU
中学受験ブログ

もっと勉強したい!

From:池田慎哉

 

受験を終えた6年生たち、

 

中学進学に向けて準備を始めています。

 

受験が終わって2日後には「何か勉強するものがほしい」ですって。

 

ある保護者の方が、

 

「もう、飛鳥ロスになったみたいです。」と笑っていました。

 

 

全員が、本当によく伸びたと思います。

 

改めて6年生の最初の偏差値や1年間の平均偏差値を考えると、

 

すごい結果でした。

 

 

4月の四谷大塚の模試、偏差値30台~40台が何人もいます。

 

偏差値50台が3人。

 

偏差値60台は一人もいませんでした。

 

一人ひとりの合格校と各自の偏差値を並べると、

 

驚かれると思います。

 

新年度説明会では、個人情報など差し支えない範囲で、

 

お話させて頂きます。

 

例えば学習院女子の2名は4月の偏差値が50と52でした。

 

攻玉社に進学する生徒は4月の偏差値49でした。

 

これで、よく偏差値61の攻玉社2日入試に合格したものです。

 

 

このような結果が出た数年間の勉強について、

 

説明会で話します。

 

 

ただ、最大の要因はもうお伝えしています。

 

受験が終わって、

 

「もっと勉強したい!」と笑顔で口にする受験生がどれだけいるでしょうか。

 

 

 

「今、頑張れば、もう勉強しなくていいんだから」なんて、

 

お父さんお母さんに言われる受験生も世の中にはいるでしょう。

 

塾通いの数年間で、勉強自体がイヤになってしまった受験生。

 

入試直前にイライラや不安が募って精神的に大変な思いをした受験生。

 

 

親御さんのお知り合いの方や学校のお友達のことで、

 

たくさんお聞きする話です。

 

中学受験の世界では、ありふれたことかもしれません。

                                                                      

 

学校の先生から心配されたなんてケースも飛鳥生にはあります。

 

「受験生で、あんなに楽しそうに過ごしている子は見たことないのですが、大丈夫ですか?」

 

入試直前の1月に、保護者の方が言われた言葉です。

 

いやぁ~、学校の先生にお伝えしたいですね。

 

M君がどれだけ力をつけたかや、

 

歯が立たなかった志望校の問題でしっかり点数を取れるようになったことを。

 

グングン力を伸ばして第一志望校に合格したM君。

 

 

もちろん、飛鳥生だって歯を食いしばって頑張っていますよ。

 

悔しくて泣くことだってあります。

 

勉強量だって、他の受験生には負けません。

 

 

でも、それ以上に勉強する楽しさを感じているのでしょう。

 

「もっと勉強したい!」という気持ち。

 

これに勝る伸ばす秘訣はないでしょう。

 

 

飛鳥の勉強は、まずは入試を見据えて計画を立てています。

 

一人ひとりがもっとも伸びるための勉強が最優先。

 

そのカギになるのは「前向きな気持ち」です。

 

勉強を頑張りたくなる気持ち、もっと勉強が好きになる気持ち。

 

そうなるような指導をしています。

 

 

目先の勉強量や点数に拘らず、

 

一人ひとりにとってより良い方法を見つけていきましょう。

 

 

めいっぱい勉強したからこそ、身に着いた自学自習の習慣。

 

自分の目標に向かって、自分の意志で勉強した生徒たち。

 

 

そんな我が子を見るお父さんお母さんの喜びは、

 

何物にも代えがたいのではないでしょうか。

 

この受験を通して経験したこと、学んだこと。

 

これからの歩みに、役立ててほしいです。(池田)

2018/02 14 WED
スタッフ四方山話

スノーシューズ

From:奥淳

 

先日の大雪から2週間ほど経ちますが、

道にはまだ雪が残っているところがありますね。

前の週から「関東地方で大雪」

というニュースになるほどの大規模な降雪でした。

 

地元である静岡県の中部地方はまったく雪が降らないため、

降雪への意識が低い僕。

しかし今回は雪の前日に雪の日用の靴がないことに気づき、

急いでスノーシューズを買いに行きました。

これが雪道で大活躍!

暖かく防水もしっかりしているので、

足が濡れて嫌な思いをすることがありません。

 

雪が降って積もるなんてワンシーズンに

1回あるかないかですが

「備えあれば憂いなし」です。

これで大雪も怖くありません。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

 

2018/02 12 MON
スタッフ四方山話

ボードゲームカフェ

From:岸智也

 

西早稲田にあるボードゲームカフェに

仲間と5人で行ってきました。

ボードゲームといってもカードを使う戦略型、

道具を使うパズル型、

会話が中心の心理型などさまざま。

いちばん驚いたのは

高さ10cmくらいの精巧な模型を使う

壮大な世界観をもつもの。

店長さん曰く

「これは3時間かかっても終わるかわからない」そうで、断念。

 

チョイスしたのは、ゲーム先進国ドイツで大賞を取った

『世界の七不思議』という戦略型ボードゲーム。

何度か勝負をしましたが、

僕は何度やっても3位。

多くのボードゲームのコツは

「自分の利益を優先しながらも、

相手の邪魔をする腹黒さが大事」

とのこと。

なるほど!

だから僕は1位になれないんですね。(笑)

カフェなので飲食も用意されています。

5時間があっという間に過ぎました。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

2018/02 10 SAT
岸のはなまるレポート

ヘリオス3T 「行きたい!」を「行ける!」に

From:岸智也

 

今月は3Tについてお届けします。

いよいよ高校入試ですね。

中学校生活の3年間を過ごす間に、

生徒たちは自分が「行きたい!」と望む志望校と出会います。

その「行きたい!」を「行ける!」に変えるため、

今まで頑張ってきました。

 

私が高校受験生を担当して今年で9年目。

150人を超える子を見ていると、

強い気持ちが受験生の目の色を大きく変える瞬間は

誰にでも訪れるとわかります。

そして今年もまた全員の目の色が変わり、

志望校合格に向けてエネルギッシュに取り組んでいます。

入試が迫るにつれて手を伸ばせることが限られていく中、

一人ひとりが本当にやらなければならないことを

先生と一緒に吟味し、

ひた向きに突っ走りました。

こんなに濃度の高い2か月はそうそうあるものではありません。

今後の人生を含めても大きな意味をもつことでしょう。

 

受験生のみなさんは、

とにかく今は自分のためを考えて全力を出し続けること。

そしてすべてが終わったら家族をはじめ、

周りの支えてくれた方たちに

感謝の気持ちを必ず伝えてくださいね。

(岸)

2018/02 10 SAT
高校受験ブログ

市立川崎中学合格!

中3は今日から私立一般入試がスタートしました。

私立推薦入試で合格した生徒以外の大半の受験生は

公立を第一志望にしているため、私立入試は併願優遇受験となります。

勉強の成果を出し切ってきてください。

 

今日はちょうど1週間前に行われた市立川崎高校附属中学校の合格発表です。

ヘリオス小学部から1名受検しましたが見事合格!といううれしい報告がありました。

去年の秋頃に急遽受検をさせてみたいとのことでテキスト選び、模試のスケジューリングなど、

受検直前期という時期から合格に向け、何が一番効果的かということをしっかり打ち合わせしていったことが合格のカギとなったはずです。

もちろん今まで積み重ねてきた基礎基本の徹底と勉強時間に対するスタミナ、

受検すると決めたあとのお母さんのサポート

終わってみれば合格するためにこれらが不可欠だったとも思います。

 

ヘリオス小学部では学校の予習にあたる勉強を中心に進めながらも

中高一貫校受検用のテキストなども使い

思考力・応用力といった一歩進んだ学習を通して勉強に対するやる気や興味を引き出しつつ

勉強の習慣、勉強時間に対するスタミナをつけていくことをコンセプトにしています。

新年度の案内書などは、今月中に完成予定です。

ご興味がある方はお問い合わせください。

 

合格おめでとう!

・市立川崎高等学校附属中学校

・麹町学園女子

・トキワ松学園

(奥)

 

1 2 3 4 5