新着情報

2017/08 16 WED
スタッフ四方山話

夏の風鈴市

From:岸智也

 

夏の風物詩といえば風鈴。

連日の暑さが少しでもやわらげば、

と家族3人で風鈴市に遊びに行きました。

 

毎年7月に川崎大師で開かれる風鈴市には、

47都道府県から様々な風鈴が集まります。

1000個くらいの風鈴が一斉にチリンチリンしている中で、

奥さんの目に留まったのは

ザ・風鈴といった感じのフォルムをした

ヨーヨー柄の青い風鈴。

静岡県西伊豆からやって来た「かも風鈴」だそうです。

 

正直、風鈴市では音なんて全然聞こえなかったので、

家に帰ってはじめて

「ああ、こういう音色だったのね」と実感。

自宅から多摩川の花火大会が見えることですし、

風鈴の音が流れる中でスイカを食べながら

花火を見ることができそうです。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/08 14 MON
スタッフ四方山話

アデニウムアラビカム

From:奥淳

 

新しい植物が仲間入りしました。

数年前から人気が出始めた塊根(かいこん)植物。

サボテン・多肉植物の仲間です。

最近になり、お店でも出回る量が多くなったことで、

価格もだいぶお手頃に。

 

今回買った

「アデニウムアラビカム」は

形の良さと手頃な値段、小さめサイズで

これからの成長を楽しめそうなところが気に入っています。

アフリカ原産で、太い幹の形から

ボトルツリーと呼ばれることもあるアデニウム。

ボテっとしたカラダに小さな葉っぱがチョロチョロついてる姿が、

なかなか愛らしいです。

 

どんな鉢に植え替えようか、

気に入った植物を買ったときは、

植え替える鉢選びにも時間がかかってしまいます。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/08 12 SAT
スタッフ四方山話

クライミング体験

From:池田慎哉

 

近所のショッピングモールに

1階から3階まで貫く大きな岩があります。

 

アウトドアショップで申し込めば、

クライミング体験ができるとのこと。

腰にハーネスを装着して、

インストラクターがロープを保持してくれます。

安全対策は充分ですが、

見上げるほどの高さには怖くなります。

初心者がチャレンジするにはハードル高めですが、

思いきってやってみることに。

 

専用シューズを借りて登ってみると、想像とは全く違いました。

ルートを見定める余裕はなく、

とにかく掴んでよじ登るの繰り返し。

下からは息子の

「がんばれ~」の声。

さらに焦ります。

なんとか頂上まで到達できましたが、

腕は経験ないほどパンパンに。

足の使い方がポイントなのかも。

また挑戦したいです。

(池田)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/07 13 THU
スタッフ四方山話

YOKO×Terrarium.

From:奥淳

 

■苔テラリウムの魅力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は僕と菅野先生が作った「苔テラリウム」です。

上が僕ので、下が菅野先生がつくったもの。

受付に置いてあるので、

お母さんや小さなお子さん、

お迎えにきたお父さんやヤクルトの配達員さんから好評で、

エレベーター待ちで眺めている中学生や、

授業後に毎回霧吹きで水をあげている小学生もいます。

 

ガラスの容器に、

好きな苔、好きな植物を植え、石や小さな人形を置いてみる。

「苔テラリウム」は作りはじめると時間があっという間に過ぎていきます。

さらに一つ作り終えても、まだまだ制作意欲がわいてくる。

置くスペースがなくなってきたけれど、もっともっと作りたい。

そんな魅力が「苔テラリウム」にはあります。

 

大学生時代、フラワーショップで4年間アルバイトをしていたこともあって、

植物にずっとハマっています。

先々月、前から気になっていたテラリウムを作ってみよう!と思い立ち、

素材と道具を一式そろえました。

素材は数種類の土、石、苔、植物、フィギュアなど。

さらに道具はピンセットやスプーン、はさみ、霧吹きなど。

これらを一通り買い揃えるのは一苦労ですし、

それらを広げるスペースや用意する手間を考えると、

テラリウムを一人で始めるのはなかなかハードルが高いと思います。

 

■モス会やります!

そこで、雑誌やSNSでよく見かける「苔テラリウム」を

作ってみたい、飾ってみたい、SNSにアップしてみたいお母さんお父さん。

一緒に作ってみませんか?

フラワーショップでアレンジメントや花束、苔玉などを作っていた

奥がレクチャーします。

 

「YOKO×Terrarium.」の名前でLINE@のアカウントを作りました。

スマホをお使いの方は下のリンクからご登録ください。

友だち追加

「モス会(苔テラリウムを作る会)」

の開催日や参加方法などの詳細は

LINE@にてお送りしますので、

興味のある方は登録してくださいね。

(奥)

2017/06 15 THU
スタッフ四方山話

娘もハマっ子

From:岸智也

 

ここ数年で復活したものにテレビがあります。

家事・育児の気分転換にも活躍しています。

 

そんな中で再燃したのがプロ野球観戦。

野球の経験はほぼ無いのですが、

ファンとしては横浜DeNAベイスターズ一筋28年。

当時小4だった僕が、

ハマの大魔神こと佐々木主浩選手と

優勝パレードでハイタッチできたのが何よりの思い出です。

 

いまは休日に野球中継があれば娘と一緒に観ています。

横浜が勝ち出すとご機嫌になって、

ホームランを被弾すると泣きだすあたり、

娘は生粋のハマっ子なのかもしれません。

 

いつかユニフォームを着せて

ハマスタへ観戦に行きたいと思っていますが、

僕が行くとなぜか負けてしまうのが悩みどころ…。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

2017/06 13 TUE
スタッフ四方山話

生徒と一緒の夕飯

From:山﨑敬二郎

 

水曜日と金曜日は生徒と一緒に夕飯をとっています。

昨年までは、日曜日に作り置きしておく

肉野菜炒めライスやパスタが定番でしたが、

最近は怠け癖が顔を出し、

冷凍食品づくしになっています。

 

スーパーにいくと、

冷凍のチャーハン、エビピラフ、

ドライカレー、チキンライスをどっさり買い込みます。

どれも一袋2人前ですので、

私にとって量的には満足いくものになっています。

 

一緒に食べていると

「先生どうぞ」

と生徒からおすそ分けされることがあります。

我が子のためにつくった栄養満点のお弁当を横取りするようで

申し訳なく思いつつ、

「どうもありがとう」といただいてしまいます。

(山﨑)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/06 11 SUN
スタッフ四方山話

陽光テラリウム部、始動!?

From:菅野伸一

 

今、受付には植物が入った小さな瓶が二つ並んでいます。

僕と奥先生でつくったテラリウムです。

ガラス瓶のなかに植物や苔、

小さな人形等を配置して作り上げる小さな世界、

テラリウム。

前々から作ってみたいと思っていたので、

植物大好きの奥先生がテラリウムを作ると聞いて

一緒にやらせてもらうことに。

 

実際につくりはじめると、

思った通りにはまるでいきません。

最初は乗鞍の高原をイメージして

苔や植物を入れていったのですが、

でき上がったのはなぜかジャングルの奥地です。

 

それもふくめてつくる面白さと、

でき上がった作品を見る楽しさがあります。

土も苔もまだまだ残っているので、

他の先生も誘って第二弾をつくります。

そのうち陽光テラリウム部ができるかもしれません。

(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/05 15 MON
スタッフ四方山話

兵庫県香住の名物

From:岸智也

 

4月。

初夏を思わせる陽気を迎えたこの時期に

季節外れの「かにすき鍋」。

このごちそうは、

去年の誕生日に菅野先生から頂いた

カタログギフトから取り寄せたものです。

妻の出産にともなう里帰りのバタバタで注文が遅れに遅れて、

鍋のシーズンを逃してしまいました。

 

さて、届いたのは4肩分のカニですが、

誰も包丁でさばいたことはありません。

そこでYouTubeで検索し、動画通りにさばくこと40分。

ようやくそれらしい形になってくれました。

セットという名の通り、鍋のお出汁が付いていて味付けは簡単。

かにみそを少しとかしたシメのカニ雑炊は濃厚な味わいで、

カニエビ好きの僕にとっては大満足の逸品でした。

(岸)

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/05 13 SAT
スタッフ四方山話

いちごブーム

From:奥淳

 

「切ったり、皮をむいたりするのがちょっと、、、」という理由で、

もともとフルーツはあまり食べていませんでした

(カットされているものや、ドライフルーツはよく食べていましたが)。

 

それが、ここ数ヶ月で急にいちごのマイブームがきました。

もちろんそのまま食べられるという食べやすさもあるのですが、

この冬においしいいちごをたくさん頂いたことがきっかけです。

調べてみると、いちごは本当にたくさんの品種があるんですね。

スーパーにも何種類ものいちごが並んでいます。

毎回、違う品種を食べては楽しんでいます。

池田先生からはいちご狩り情報を教えてもらったので、

時期が間に合えば行ってみたいと思っています。

(奥)

 

 

 

 

 

 

 

2017/04 21 FRI
スタッフ四方山話

ブラックジャックのような獣医さん

From:菅野伸一

 

3月末のこと。

家に帰ると愛犬のポンがブルブルと震えたまま、

まったく立ち上がれない様子でこっちを見ています。

急いで深夜でも診てくれる救急動物病院に連れて行きましたが、

原因は分からないまま経過観察ということに。

 

そこで思い出したのが、

同じように犬を飼っている友人から聞いた

「ブラックジャックのようなスゴ腕の獣医さん」

の存在です。

 

翌日、品川にある彼の病院に行ったところ、

「加齢によってできた股関節のすき間による痛みが原因」と判明。

治療の結果、数日後にはしっかり歩けるようになりました。

診察料は本家のブラックジャックと違って良心的(笑)。

ダクタリ動物病院さん、ありがとうございました!(菅野)

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る