中学受験ブログ

2018/02 15 THU
中学受験ブログ

もっと勉強したい!

From:池田慎哉

 

受験を終えた6年生たち、

 

中学進学に向けて準備を始めています。

 

受験が終わって2日後には「何か勉強するものがほしい」ですって。

 

ある保護者の方が、

 

「もう、飛鳥ロスになったみたいです。」と笑っていました。

 

 

全員が、本当によく伸びたと思います。

 

改めて6年生の最初の偏差値や1年間の平均偏差値を考えると、

 

すごい結果でした。

 

 

4月の四谷大塚の模試、偏差値30台~40台が何人もいます。

 

偏差値50台が3人。

 

偏差値60台は一人もいませんでした。

 

一人ひとりの合格校と各自の偏差値を並べると、

 

驚かれると思います。

 

新年度説明会では、個人情報など差し支えない範囲で、

 

お話させて頂きます。

 

例えば学習院女子の2名は4月の偏差値が50と52でした。

 

攻玉社に進学する生徒は4月の偏差値49でした。

 

これで、よく偏差値61の攻玉社2日入試に合格したものです。

 

 

このような結果が出た数年間の勉強について、

 

説明会で話します。

 

 

ただ、最大の要因はもうお伝えしています。

 

受験が終わって、

 

「もっと勉強したい!」と笑顔で口にする受験生がどれだけいるでしょうか。

 

 

 

「今、頑張れば、もう勉強しなくていいんだから」なんて、

 

お父さんお母さんに言われる受験生も世の中にはいるでしょう。

 

塾通いの数年間で、勉強自体がイヤになってしまった受験生。

 

入試直前にイライラや不安が募って精神的に大変な思いをした受験生。

 

 

親御さんのお知り合いの方や学校のお友達のことで、

 

たくさんお聞きする話です。

 

中学受験の世界では、ありふれたことかもしれません。

                                                                      

 

学校の先生から心配されたなんてケースも飛鳥生にはあります。

 

「受験生で、あんなに楽しそうに過ごしている子は見たことないのですが、大丈夫ですか?」

 

入試直前の1月に、保護者の方が言われた言葉です。

 

いやぁ~、学校の先生にお伝えしたいですね。

 

M君がどれだけ力をつけたかや、

 

歯が立たなかった志望校の問題でしっかり点数を取れるようになったことを。

 

グングン力を伸ばして第一志望校に合格したM君。

 

 

もちろん、飛鳥生だって歯を食いしばって頑張っていますよ。

 

悔しくて泣くことだってあります。

 

勉強量だって、他の受験生には負けません。

 

 

でも、それ以上に勉強する楽しさを感じているのでしょう。

 

「もっと勉強したい!」という気持ち。

 

これに勝る伸ばす秘訣はないでしょう。

 

 

飛鳥の勉強は、まずは入試を見据えて計画を立てています。

 

一人ひとりがもっとも伸びるための勉強が最優先。

 

そのカギになるのは「前向きな気持ち」です。

 

勉強を頑張りたくなる気持ち、もっと勉強が好きになる気持ち。

 

そうなるような指導をしています。

 

 

目先の勉強量や点数に拘らず、

 

一人ひとりにとってより良い方法を見つけていきましょう。

 

 

めいっぱい勉強したからこそ、身に着いた自学自習の習慣。

 

自分の目標に向かって、自分の意志で勉強した生徒たち。

 

 

そんな我が子を見るお父さんお母さんの喜びは、

 

何物にも代えがたいのではないでしょうか。

 

この受験を通して経験したこと、学んだこと。

 

これからの歩みに、役立ててほしいです。(池田)

2018/02 09 FRI
中学受験ブログ

中学受験 合格実績

学習院女子2名  攻玉社1名

横浜雙葉1名  青山学院横浜英和1名

鎌倉女学院1名  香蘭2名

中央大学横浜1名 法政二1名

カリタス女子3名 東京女学館1名

日大日吉1名   青稜1名

関東学院2名   同志社女子1名

立正B特待1名  宮崎日大1名

武南1名    

15年連続全員合格&全員進学

 

飛鳥生の皆さん、合格おめでとう!

2018/02 08 THU
中学受験ブログ

合格速報 学習院女子

本日、学習院女子に1名合格しました。

 

学習院女子2名合格です。

 

陽光通信に記載した合格速報は7日時点ですので、

1名になっています。

 

これで、飛鳥生の全受験校の結果が確定しました。

 

昨日は、入試後に初めて全員で集合しました。

おしゃべりに花を咲かせながら、

使った過去問の書き込みを消してくれました。

 

どれだけの集中力で勉強をしていたか分かる、

国語の線の引き方です。

 

算数の図形の書き込みも同様。

 

受験勉強を振り返りながら、

作業していたのでしょう。

 

お互いを励まし合って挑んだ入試。

 

人生初の大きなチャレンジだった生徒ばかりです。

 

悔いのない受験ができたのでしょう、

充実感が漂っていました。

 

それぞれの受験模様ではありましたが、

 

全員に共通することもありました。

 

最後まで諦めないで頑張る姿。

 

成長した子どもたちの様子に、驚かれていた親御さんたち。

 

飛鳥で受験して本当に良かったという言葉を、

 

たくさん頂きました。

 

こちらこそ、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

中学受験は、ご家族と本人の思いが一致してこそ、

良い受験になるものです。

 

さらには私たちの指導に対して信頼して頂いたからこそ、

学習効果の高い指導ができたとも思います。

 

素晴らしい経験をしてもらえたと思います。

 

ご家族の皆様にも、改めて感謝申し上げます。

 

本当におめでとうございました。(池田)

2018/02 05 MON
中学受験ブログ

合格速報 学習院女子 立正特待

2月4日、合格の報告がありました。

1名、学習院女子合格です。

 

難しいB日程で、よく合格しました。

 

出せる力を全て出したのでしょう。

 

合格おめでとう!

 

 

2018/02 03 SAT
中学受験ブログ

合格速報 法政二中 中大横浜

Eさん、第一志望の法政二中に合格です。

 

本当に、よく頑張ったね。

 

合格おめでとう!!

 

6年生の一年間で、色々なことがありました。

 

いつでも前向きに頑張るEさんが、

 

落ち込んだり、悩んだり。

 

中学受験をやり終えることだけでも、

 

簡単なことではないのだと思います。

 

勉強面は心配せずとも、頑張れる子。

 

気持ちの向け方、入試への意欲など、

 

全てひっくるめて中学受験なのだと思います。

 

辛い気持ちを乗り越えて、

 

受験と向き合ったEさん。

 

彼女の勉強の仕方が、クラス全員に好影響でした。

 

小テスト1つとっても、全力を尽くす。

 

気になることは、質問して分かりたい。

 

受験という枠は取っ払って、

 

目の前の勉強、目の前の疑問にぶつかっていく姿勢。

 

そんなEさんの受験は、彼女ならではだったように思います。

 

彼女の気持ちや、受験に対する考えに合わせた指導や対応ができたと思います。

 

飛鳥という場所が大好きだったEさん。

 

努力に勝る天才はなし!

 

Eさんが宿題チェック表に必ず書く字が、

 

もう見れなくなるのは寂しいですが、

 

それ以上に、楽しく勉強し続けてくれたことに、

 

ありがとう!

 

前向きに頑張ることの大切さを、

改めて教えられたように思います。

そういう生徒でした。

 

2月3日時点 合格状況

法政二中     横浜雙葉    攻玉社

青山学院横浜英和 鎌倉女学院   香蘭2名

中央大学横浜   日大日吉    関東学院2名

青稜       カリタス3名  東京女学館

同志社女子    武南      宮崎日大

 

 

 

 

 

2018/02 03 SAT
中学受験ブログ

合格速報 攻玉社 カリタス

From:池田慎哉

 

1日午前で攻玉社を受験したH君。

結果は不合格でした。

塾で発表を見たいということで、一緒に確認。

 

ミスもあったようですが、手ごたえがあったのでしょう。

合格を期待して、職員室でホームページ見ました。

私自身は、受験は甘いものではないと分かっているので、

念の為、不合格の場合の心構えを言い聞かせてから確認しました。

 

過去問では、10回中6回ほど合格。

合格最低点を数点上回る程度です。

1月に入っても不合格の年度がありました。

 

1月の面談では、

3回受ければ1回位は合格するレベルだと伝えました。

 

過去問の点数は割り引いて考える方が良いからです。

 

本番でいつも通りの力を発揮するのは簡単なことではありません。

算数でミスがあれば、簡単に5点10点と失うのです。

 

計算ミスがある子は、やはり本番でミスをする可能性、

ミスで落とす点数を見込んで予想を立てる必要があります。

 

H君も計算ミスやケアレスミスが最後まである状態でした。

ミスの分を見込んで、予想を立てるしかありません。

 

それが、3回受ければ1回くらいは合格という判断になりました。

 

攻玉社と、偏差値上は同程度の学校を2回受ける準備をしていたので、

 

確立で言えば、1度くらいは合格しておかしくありませんでした。

 

×でも全く不思議ではない受験なのに、本人は合格を信じて疑わない様子。

 

嫌な予感は当たります。

 

受験番号を何度探しても見つかりません。

 

「ダメだったね」

 

なんとか泣くのを堪えていましたが、

 

教室に入ってからはポロポロと涙がこぼれていました。

 

事態を察した他の生徒たちは何も言わず勉強しています。

 

明日の試験に備えて、

 

午後入試が終わってからも、続々と塾に集まってくれていました。

 

不合格だった攻玉社の解き直しを始めたH君。

 

悔しさが込み上げてきたのでしょう。

 

涙が止まらないまま、

 

山﨑先生に算数の質問を続けています。

 

知らない親御さんが見たら、異様な光景に見えるかもしれませんね。

 

 

ただ、このガッツがあれば、

 

なんとか気持ちを持ち直してくれると思いました。

 

泣きながら、目の前の問題に喰らいつく。

 

これが最後は必要なんです。

 

「間違ってもいいや、仕方ない」

 

そういう子より、なんとか自分の力で解きたい、

 

理解したい、出来るようになりたいという生徒の方が、

 

グンと伸びるんですね。

 

優しい性格のH君には、

 

もっとガッツも必要なんだよと伝えてきました。

 

私の口車に乗せられて、運動会の応援団長に立候補した時には、

 

クラスのみんながビックリしたのを覚えています。

 

殻を破って、逞しくなってほしい。

 

勝手ながら、そんなことも思っていました。

 

もちろん、勉強面にもプラスですから。

 

 

親御さんからは、面談のたびに、

 

H君が私や山﨑を信頼していることを伝え聞いていました。

 

 

3年間で精神面も大きく成長した彼が、

 

不合格を受けとめて、泣きながら問題を解く姿に、

 

胸が締め付けられるような思いです。

 

「君が頑張ってきたのは、一番分かっているから。大丈夫だから。

自分の力を出せばいい。後悔はない。明日は堂々と受けてくるんだ。

自分の力を出すだけでいい。いいかい?」

 

ウンウン頷いている彼の肩を組んで励ましました。

 

 

ご家庭で泣くより、塾で受け止めてたくさん泣いてスッキリした方が、

 

上手くいくケースもあります。

 

明日は、また気持ちを切り替えて試験に挑めるでしょう。

 

 

翌日、彼は攻玉社にもう一度チャレンジ。

 

午後入試も受けて、夜になって塾に顔を出してくれました。

 

時間を間違えてしまい、合格発表を確認しないまま教室にいると、

 

お母さんとH君が来塾。

 

 

攻玉社、合格です。

 

 

当初の志望校より高く、偏差値では驚きの結果に。

 

なにしろ、6年生の四谷大塚平均偏差値は52.8

 

最後の模試も偏差値52.4

 

攻玉社の第二回は偏差値61です。

 

10位高い学校に合格。

 

 

「よく受かったよ」山﨑先生の一言です。

 

いや、本当によく受かりました。

 

しかも1日が不合格での合格。

 

少なくとも、メンタルが弱ければ合格はなかったでしょう。

 

4年生の頃のH君を思うと、

 

本当に成長したことを実感します。

 

少しずつ逞しくなってくれました。

 

H君、本当におめでとう!!

 

追記

 

第一志望に合格したH君ですが、

 

もう1校出願していたチャレンジ校の受験のため、

 

今日も塾で長時間頑張っています。

 

粘り強さ、これも中学受験のポイントです。

 

力を出し尽くしてきてほしいです。

2018/02 02 FRI
中学受験ブログ

合格速報 横浜雙葉 香蘭2名

2月1日入試の結果が全て出ました。

 

本日、横浜雙葉、香蘭2名合格です。

 

今朝、結果を待っていた3人全員合格でした。

 

詳細は、後程お伝えします。(池田)

2018/02 02 FRI
中学受験ブログ

合格速報 関東学院 青稜

From:池田慎哉

 

 

関東学院の午後入試でも1名合格しました。

 

青稜の午後入試も合格。

 

おめでとう!

 

2月1日、飛鳥生全員が合格です。

 

 

午前と午後、両方合格した生徒は数人。

 

1日午前入試の発表が2日の学校が3名います。

 

逆に午前入試で×の結果も。

 

入試倍率を見れば、

 

どこの学校も厳しい受験であることが分かります。

 

 

しかも中学受験は複数回受験できるので、チャレンジ受験をしがちです。

 

飛鳥では学力による制限をしていないので、

 

最終的な判断はご家庭の希望が優先。

 

模試の偏差値が足りないどころか、

 

過去問でも合格の可能性を感じられないままの受験もあります。

 

ここまで頑張ってきた受験生活を思うと、

 

納得のいく学校を受けさせてあげたいという親心もあるでしょう。

 

 

厳しい現実に耐えながらの受験勉強だった生徒もたくさんいます。

 

なんとか合格を掴ませてあげたいという思いもあるでしょう。

 

 

様々な思いを抱え、

 

2月1日の午後入試は抑えの学校を受けるのが一般的。

 

午前の学校がチャレンジ受験ではなくとも、

 

合格可能性が80%の学校でも、

 

人生で初めての大きな挑戦ですから緊張して当然。

 

押しつぶされそうな不安を軽減する上でも、

 

午後入試で確実に〇をもらう。

 

そんな学校選びも必要です。

 

とは言え、やはり厳しい中学受験です。

 

絶対はありません。

 

過去問では充分に合格最低点を越えて、偏差値も5位下の学校を選んでも、

 

不合格だった生徒もいます。

 

ご家庭の判断で、

 

午後入試もチャレンジ受験に近いような状況も何度かありました。

 

午前とは違う緊張感で午後入試の発表を待ちます。

 

午前が×だった生徒が、午後入試の学校で合格していました。

 

本当に、良かった。

 

これで2日以降の入試も予定通りの学校にチャレンジです。

 

飛鳥生全員合格で、

 

2日以降、気持ち良く試験に挑んでくれるでしょう。

 

あとは、自分の力を出すだけです。

 

悔いのない受験をしましょう!

 

最後の受験まで、頑張りましょう。(池田)

2018/02 02 FRI
中学受験ブログ

合格速報 青山学院横浜英和 カリタス2名

From:池田慎哉

 

 

大学附属の人気が予想以上に高いです。

 

例年より明らかに倍率が高い学校がいくつもありました。

 

青山学院横浜英和を受験する生徒がいたので、

 

今年度の2月1日午前入試、この学校が一番心配でした。

 

 

飛鳥生、1名受験しましたが結果は合格!!

 

合格可能性は充分ありましたが、

 

それでも私の評価では70%位。

 

入試倍率次第では、もっと低くなります。

 

事前にご家庭と何度も面談をして、

 

この状況を想定した上で挑みました。

 

複数回受験できる学校ですが、2日以降はとても高倍率になることは確実。

 

 

1日にしっかり合格できるかが、カギです。

 

抑えの学校の選択も問題ありません。

 

ここで〇がつかないと他校に比べて、はるかに厳しくなる。

 

そんな思いを抱えながら送り出しました。

 

合格の報を聞いて、ホッとしました。

 

まだ志望校の受験は続きますが、

 

まずは、おめでとう!

 

 

午後入試の結果が、順次公表されています。

 

カリタス2名合格です。(池田)

2018/02 02 FRI
中学受験ブログ

合格速報 関東学院、日大日吉、東京女学館

From:池田慎哉

 

M君、第一志望合格です!!!

 

2年も前から、関東学院を目指して頑張ってきました。

 

当初から、チャレンジ受験になってもいいから、

目指したいという強い希望がありました。

 

コツコツと頑張り、社会のように着実に成果がでていた科目もありますが、

他の科目は、もどかしい状態が続きました。

 

偏差値でも、過去問でも志望校にするレベルに届くかどうか。

 

途中で諦めていても不思議ではありませんでした。

 

不合格でも、後悔しないと決めての受験です。

 

しっかりと併願校を選び、

 

そちらは過去問でも合格点を取れるところまで学力も伸びました。

 

素直な子なので、

 

言われたことは手を抜かずに勉強してきた3年間。

 

コツコツと勉強してきた努力が、見事に結果となって表れましたね。

 

模試で、過去問で悔しい思いを何度もしました。

 

志望校の過去問で0点を取って、泣いたこともありました。

 

本当に、よく頑張りました。

 

M君、合格おめでとう!!

1 2 3 4 5

ブログトップに戻る